ピクシブ百科事典

ハーレイ・クイン

はーれいくいん

ハーレイ・クイン(Harley Quinn)とはDCコミックスのアメリカンコミック『バットマン』および派生作品に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

脚本家のポール・ディニ(Paul Dini)とアニメーターのブルース・ティム(Bruce Timm)によって生み出された。
初登場は1992年のテレビアニメシリーズ『バットマン・ザ・アニメイテッド・シリーズ』(Batman: The Animated Series)で、コミックでの初登場は1999年『Batman:Harley Quinn Special』。
90年代に初登場したバットマンのキャラクターの中で断トツの人気を誇る。

pixiv内では略称の「ハーレイ」のタグも多い。

プロフィール

本名:ハーリーン・クインゼル(Harleen Quinzel)
頭髪:ブロンド
目:碧眼
身長:170センチ(5'7")
体重:52キロ(115lbs.)

ゴッサム・シティの奇人ジョーカーと共に数多くの犯罪活動を行う専業犯罪者。かつてはアーカムアサイラムに勤務していた精神科医の一人に過ぎなかったが、ジョーカーの歪んだ精神構造を解こうと研究するうちに魅了され、恋に落ちてしまう。ジョーカー脱走の手助けをしたことにより医師免許を剥奪、更に精神異常と診断された彼女は、ジョーカーを模倣して道化師の姿をしたヴィランと化し、ジョーカーと組んで犯罪を繰り広げるようになった。

joker&Harley


ジョーカーへの愛が行動原理となっており、彼を“Puddin”(プリンちゃん)という愛称で呼んで慕う。それに対しジョーカーが"Don't call me Puddin."と返すのもお約束。タッグを組んでバットマンやロビンを幾度となく追い詰めている。
しかし、ジョーカー自身は彼女のことを基本的に疎んでおり、非情な扱いをすることもしばしばで恋愛面に関して言えばハーレイからの一方通行もいいところである。たまに彼女のことを気遣うこともあるが(入院した彼女の元に「早く元気になれよ」とメッセージカードを贈るなど)、ジョーカーの性質上、それが何処まで本気かは怪しい。まさに付かず離れずと言った所である。

強い愛情はそのまま弱点ともなっており、彼のためを思って余計な行動に出て痛い目を見ることが多い。また、バットマンがジョーカーの苦痛の原因であると考える彼女は、何よりもバットマンの死を望んでおり、たまにジョーカーの思惑を超えて暴走する。バットマンを殺さないでおこうとするジョーカーのポリシーを理解できないために彼と衝突してしまうこともある。

他のヴィランだと、ポイズン・アイビーとよくつるんでいる。人間嫌いのアイビーにとっては数少ない友人だが、一緒に犯罪を行うとだいたいハーレイの無茶やドジで偉い目に遭うため、よく衝突している。

容姿

アニメ

菱形の模様のついた赤と黒の道化師の衣装、白塗りの顔にドミノマスクを付けている。
素顔のときはラフな服装でブロンドの髪をツインテールにしていることが多い。

ハーレイ・クイン



コミック

キャットウーマンやポイズン・アイビーとの日々を描いた『ゴッサム・シティ・サイレンズ』のほとんどは私服姿のラフな恰好で登場している。ピカチュウに似たキャラもののTシャツを着ていたことも。
スーサイドスクワッドに加入した頃は髪色が赤と黒になり、コスチュームも赤と黒を基調にしたビスチェホットパンツになった。その後は両端をピンクとブルーに染めた金髪に戻り、実写映画はこの時期の設定を基にしている。
また、この頃に白塗りメイクではなく、ジョーカーと同じく化学薬品のタンクに落ちて全身の肌が白くなったという設定に変わった。

Harley quinn
Harley Quinn



実写版

金髪のツインテールにコスチュームは赤と青のジャケット、ホットパンツ、網タイツ、スニーカーハイヒールなど。ジョーカーによる拷問シーンで短時間ながら道化師の衣装姿も登場している。
破れたシャツ・ベルト・ホットパンツの組み合わせはバンド「ブロンディ(Blondie)」の女性ボーカルのデボラ・ハリー(Debbie Harry)から影響を受けているとか。

Harley Quinn
ハーレクインHarle Quin



映画スーサイド・スクワッド

DCを代表するヴィランが一堂に会するコミック「スーサイド・スクワッド」、及びその映画化作品にももちろん登場する。

実写映画ではこれが初登場。マーゴット・ロビーが演じた。
顔が白っぽい点は原作と同じだが、そこに派手なフェイスペイントを施し、さらにはホットパンツ網タイツショートブーツというパンクファッションのような出で立ちになった。そのため、一見するとコギャルなどの不良少女に見えなくもない。
日本では、予告編でこの姿のハーレイ・クインが登場すると、「何この子かわいすぎ!!」と大きな評判となり、結果、pixivでも「ハーレイ・クイン」で検索するとこの『スーサイド・スクワッド』版が多数を占めるまでになっている。
このことを受けてか、日本国内では「史上最強の悪カワヒロインと10人の悪党たち」「ハーレイ・クイン率いる最凶"悪党"たち」と、ハーレイがメインであるかのような宣伝が行われている。渋谷六本木などのハロウィン当日の夜でもハーレイ・クインのコスプレが人気だったそうだ。

原作と同じような経緯でジョーカーとコンビを組み、「ゴッサムのキングとクイーン」と恐れられるほど暴れ回ったが、ジョーカー共々バットマンに捕らえられアーカム・アサイラムに収容される。
だがその後、タスクフォースX計画の候補として政府高官アマンダ・ウォーラーに目をつけられ、アーカムから極秘の収容所に密かに移送された。
ジョーカーはこの事態に怒り狂い、タスクフォースX計画を潰すため暴走を開始する。

これといったスーパーパワーや特殊な技能は持たないが凄まじい度胸の持ち主で、メタヒューマンだろうが人外の怪物であろうがへらへら笑いながらバットで撲殺し、重火器で焼き尽くす。エンチャントレスによってジョーカーへの好意を利用されピンチに陥るが、最後には曲がりなりにも仲間として戦ってきたスクワッドメンバーとの友情(?)をとり、心臓を抉り出して最後の決着をつけた。

なおこの映画で「(DCUにおける)ロビン殺害の共犯者」であるという結構重大な情報が明かされているのだが、DCUでロビンは登場すらしていないのでどういう経緯でそうなったのかは不明となっている(字幕上でも疑問符がついている)。

DCスーパーヒーローガールズ

声:タラ・ストロング
日本語吹き替え:斎藤千和
YouTubeで配信中の女児向けアニメ。ヴィランではなくスーパーヒーローとして登場している。ワンダーウーマンのルームメイト。

はーれー




ゲーム

アーカムシリーズ

DLCではプレイアブルキャラとして操作することができる。



インジャスティスシリーズ

DCコミックスのキャラクターで戦う対戦型格闘ゲーム。
ハーレイ・クインもプレイアブルキャラクターとして登場している。


由来

イタリアで生まれた古典仮面喜劇コメディア・デラルテ(Commedia dell'arte) の登場人物ハーレクイン (Harlequin アルレッキーノとも 赤白黒のぴっちりスーツでなくて赤・緑・青のまだらの服を着ている) から。ちなみに男性で、アルレッキーナあるいはコロンバインまたはコルンビーナと呼ばれる恋人がいる。

アメリカでは道化役者の代名詞であり、転じて女性向けのロマンス小説が「ハーレクイン小説」と呼ばれる。実写映画では収監されたハーレイ・クインが檻の中でモリー・オキーフ(Molly O'Keefe)の『Between the Sheets』を読むシーンがある。

脚注

『BATMAN CHILD OF DREAMS』(バットマン チャイルド・オブ・ドリームス)

関連タグ

DC / DCコミック / アメコミ / スーサイドスクワッド
バットマン / ハーレイ / ハーレイクイン
ジョカハレ / DCスーパーヒーローズVS鷹の爪団

小丑女・・・中国におけるハーレイ・クインの名称。

harleyquinn

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーレイ・クイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2524900

コメント