ピクシブ百科事典

アローバース

あろーばーす

アローバース(Arrowverse)は、『ARROW/アロー』から始まったDCコミックス原作の作品を同一世界観で扱うドラマ作品群。
目次[非表示]

ドラマ作品

ARROW/アロー(原題:ARROW)
2012年から始まって以降、アローバースの土台を築いてきたMCUでいうアイアンマン的な存在。
2019年のシーズン8をもって完結する。

THE FLASH/フラッシュ(原題:THE FLASH)
『アロー』シーズン2でフラッシュになる前のバリー・アレンがカメオ出演し、翌年の2014年から主演ドラマがスタート。タイムトラベルを扱う。シーズン2から別アースの存在が明らかになり、「平行世界を扱った初のヒーロー実写シリーズ」としてアローバースを形成した。

SUPERGIRL/スーパーガール(原題:SUPERGIRL)
2015年から放映開始。『アロー』『ザ・フラッシュ』とは別の製作会社だったが合併し、S1×18でフラッシュと共演。翌年の大型クロスオーバー「インベーション」から『ザ・フラッシュ』以外の作品とも共演するようになった。

レジェンド・オブ・トゥモロー(原題:DC's LEGENDS OF TOMORROW)
『アロー』と『ザ・フラッシュ』二回目のクロスオーバー直後である2015年(新年)から放映が開始。

ブラックライトニング(原題:BLACK LIGHTNING)
2017年から放映開始。これまでは『アロー』と同じTheCWで放送されているものの、アローバースには属さない作品だったが、大型クロスオーバー第4弾「クライシス・オン・インフィニット・アース」でアローバースに合流する事が公式で発表された。

BATWOMAN/バットウーマン(原題:BATWOMAN)
大型クロスオーバー第3弾である「エルスワールド」で異例の初登場を果たし、2019年からドラマがスタートする。

クロスオーバー作品

フラッシュVSアロー(原題:Flash vs. Arrow)
2014年のクロスオーバー。アローとフラッシュが共闘。独立したヒーロードラマ同士での初共演。全2話。「容赦ない人間グリーンアロー」と「優しい超人ザ・フラッシュ」というバットマンとスーパーマンの構図に近い対比が為されている。

ヒーローズ・ジョイン・フォース(原題:Heroes Join Forces)
2015年のクロスオーバー。アローとフラッシュが共闘。ホークマンとホークガールが初登場。全2話。直後である新年から『レジェンズ・オブ・トゥモロー』が放送開始。
ヴァンダルサベッジとの戦い。

インベージョン!(原題:Invasion)

2016年の大型クロスオーバー第1弾。『アロー』『ザ・フラッシュ』『レジェンズ・オブ・トゥモロー』『スーパーガール』4作品、全3話を収録した日本語版DVDが発売中。
地球に襲来したエイリアンとの戦い。

クライシス・オン・アースX(原題:Crisis on Earth-X)

2017年の大型クロスオーバー第2弾。『アロー』『ザ・フラッシュ』『レジェンズ・オブ・トゥモロー』『スーパーガール』4作品、全4話を収録した日本語版DVDが発売中。
アース1に侵攻してきたアースX(53)ヒーローとの戦い。

エルスワールド(原題:Elseworlds)

2018年の大型クロスオーバー第3弾。『アロー』『ザ・フラッシュ』『スーパーガール』3作品、全3話を収録した日本語版DVD/BDが発売中。
下記の「クライシス」前哨戦。ドラマ開始を前にバットウーマンが初登場。

クライシス・オン・インフィニットアース(原題:Crisis on Infinite Earths)
2019年の大型クロスオーバー第4弾。『アロー』『ザ・フラッシュ』『レジェンズ・オブ・トゥモロー』『スーパーガール』『バットウーマン』5作品で繰り広げられる全5話(放映時間300分)が予定されている。未来のバリーが行方不明となった大事件。DCコミックの大作「クライシス・オン・インフィニットアース」を原作とする。
過去のDC映像作品から多数のゲストが出演。以下、出演が決定した登場人物。
・ヤング・スーパーマン     「スーパーマン」    トム・ウェリング
・スーパーマン リターンズ   「スーパーマン」    ブランドン・ラウス
・怪鳥人間バットマン      「ロビン」       ロバート・ウォード
・バットマン:アニメイテッド  「バットマン声優」   ケヴィン・コンロイ
・ゴッサム・シティ・エンジェル 「ハントレス」     アシュレイ・スコット
・超音速ヒーロー ザ・フラッシュ「ザ・フラッシュ」   ジョン・ウェズリーシップ
・ブラックライトニング     「ブラックライトニング」クレス・ウィリアムズ
『スーパーガール』のスーパーマン(タイラー・ホークリン)と合わせ、計3人のスーパーマンが並ぶ。

主なヒーロー

グリーンアロー(オリバー・クイーン)

ARROW

緑の射手。アース1で活躍。
ザ・フラッシュバリー・アレン

5/4から地上波!

真紅のスピードスター。アース1で活躍。
スーパーガールカーラ・ゾー=エル

スーパーガール

ガール・オブ・スティール。アース38で活躍。次元移動でフラッシュが迷い込んだことをきっかけにアース1でも活躍するようになった。
アトム(レイ・パーマー

Atom

小さくなれる科学者。アース1で活躍。
ブラックライトニング(ジェファーソン・ピアース)

ブラックライトニング

高校の校長先生。活躍アースは不明。
バットウーマン(ケイト・ケイン)

Batwoman

女性版バットマン。アース1で活躍。

各アース(平行世界)

  • アース1

『アロー』『ザ・フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』『バットウーマン』の舞台。大型クロスオーバー3作の主戦場であり、アローバースの根幹。
【主なヒーロー】レッドアロー、スパルタン、ワイルドドッグ、Mr.テリフィック、バイブ、キラーフロスト、エロンゲイテッドマン、キャプテン・コールド、ホワイト・キャナリー、ファイアストーム、ヒートウェーブ、シチズンスティール、ビクセン

  • アース2
『ザ・フラッシュ』で最初の「別アース」として存在が明らかになった。メタヒューマンではないバリーのドッペルゲンガーがいる。ゴリラシティがあり、DCヒーロー「アクアマン」で有名な海底都市アトランティスもあるとされる。
【主なヒーロー】ジェシー・クイック(フラッシュ)

  • アース3
 バリーの父ヘンリー・アレンのドッペルゲンガー「ジェイ・ギャリック」がいる。『超音速ヒーロー ザ・フラッシュ』『ザ・フラッシュ』で登場したトリックスター(マーク・ハミル)がこのアースのトリックスターとして登場した。
【主なヒーロー】ジェイ・ギャリック(フラッシュ)

  • アース19
 別アースからの攻撃を受けて壊滅しかけた歴史を持ち、次元移動は重罪。たびたびアース19のフラッシュであるアクセレイテッドマンがカメオ出演する。
【主なヒーロー】ジプシー、アクセレイテッドマン(フラッシュ)

  • アース38
『スーパーガール』の舞台。スーパーマンが活躍している。宇宙人の風当たりが厳しい。
【主なヒーロー】スーパーマン、マーシャン・マンハンター、モン=エル、ブレイニャック5

  • アースX(53)
 大型クロスオーバー「クライシス・オン・アースX」の舞台。ナチスに支配された世界。アース1のリバースフラッシュとスーパーガール、グリーンアローのドッペルゲンガーが軍隊を率いてアース1に侵攻した。
【主なヒーロー】レイ、シチズン・コールド

  • アース90
 大型クロスオーバー「エルスワールド」で登場。ジョン・ディグル(スパルタン)のドッペルゲンガーがグリーンランタンとして活躍している。この世界のジャスティスリーグと思われるヒーロー達がモニターのテストに破れて敗北、滅亡した。残るアースは「クライシス・オン・アースX」で言及された53のアースのみと推測される。
【主なヒーロー】フラッシュ(超音速ヒーロー ザ・フラッシュ)、グリーンランタン、スターガール、ファイアストーム、ジェシークイック、レイ、ホークマン、ホークガール、グリーンアロー

ヒーローチーム

ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(JSA)
アース1の過去に存在した政府公認の秘密部隊ヒーローチーム。

リージョン・オブ・スーパーヒーローズ
アース38の未来に存在するヒーローチーム。

ジャスティスリーグ
はっきりとした名称は出ていないが以下のようにドラマ内で存在が仄めかされている。
・『ザ・フラッシュ』S1×20タイムボルトで「バリーが創設メンバーである」とギデオンが発言。
・『ザ・フラッシュ』S5×03未来からやってきたノーラが「リーグ」というヒーローチームの存在を発言(日本語吹き替え版では「ジャスティスリーグ」と翻訳されてしまっている)。
2019年クロスオーバー「クライシス・オン・インフィニットアース」での結成が目されている。

関連作品

アニメ作品
VIXEN/ビクセン(原題:VIXEN)
FREEDOM FIGHTERS: The RAY

コンスタンティン(原題:CONSTANTINE)
マット・ライアンが、『コンスタンティン』と同じ役柄で『アロー』シーズン4に出演。その後、『レジェンド・オブ・トゥモロー』の主要キャストとなった。

超音速ヒーロー ザ・フラッシュ(原題:THE FLASH)
「エルスワールド」にて俳優ジョン・ウェズリーシップが『超音速ヒーロー ザ・フラッシュ』のスーツでアース90のフラッシュ/バリー・アレンとして出演。ジョン・ウェズリーシップは他にも『ザ・フラッシュ』でヘンリー・アレン(バリーの父)、ジェイ・ギャリック(アース2のフラッシュ)の計3役を演じている。

怪鳥人間バットマン(原題:Batman)
「クライシス・オン・インフィニット・アース」にロビン役バート・ウォードの出演が決定。

バットマン(原題:Batman)
バットマン リターンズ(原題:BATMAN RETURNS)
「クライシス・オン・インフィニット・アース」撮影現場にバットマン役マイケル・キートンが写った新聞の小道具がリーク。『ブルース・ウェインとセリーナ・カイルが結婚』という見出しから察するにイースターエッグの一つだと思われる。

ヤング・スーパーマン(原題:SMALLVILLE)
 単なる別作品ではなく『アロー』の前にTheCWで製作されたDCドラマであり、アローバースの前身ともいえる作品。「エルスワールド」にてドラマ内のグリーンアローの姿をしたヒーローがカメオ出演し、更に劇中でテーマ曲「SAVE ME」が流れた。
 スーパーマンの俳優トム・ウェリングの「クライシス・オン・インフィニット・アース」出演が正式に決定。他にもライオネル・ルーサー役のジョン・グローバーがクライシスへの出演希望をSNS上で発信している。

スーパーマン リターンズ(原題:SUPERMAN RETURNS)
「クライシス・オン・インフィニット・アース」にて俳優ブランドン・ラウスが再びスーパーマン/クラーク・ケントを演じる。ブランドン・ラウスは現在「レジェンド・オブ・トゥモロー」でアトムを演じている。
『ヤング・スーパーマン』に登場したスーパーマンのスーツは『リターンズ』のお下がり。そのため、同じく「クライシス」への出演が決まったトム・ウェリング(スーパーマン)に配慮してか、DCコミックの傑作「キングダム・カム」のスーパーマンとなることが決定。既にスーツ姿が公開されている。

ゴッサム・シティ・エンジェル(原題:Birds of Prey)
「クライシス・オン・インフィニット・アース」にて俳優アシュレイ・スコットが再びハントレスを演じる。

タイタンズ(原題:TITANS)
「クライシス・オン・インフィニット・アース」にてカメオ出演するとのリーク情報が上がっている。

LUCIFER/ルシファー
DC原作のドラマ。「クライシス・オン・インフィニット・アース」の撮影現場にルシファー・モーニングスター役トム・エリスが現われた。本作に登場するのではないかと思われる。

その他
・「クライシス・オン・インフィニット・アース」にアニメ・ゲームでバットマンの声優を演じるケヴィン・コンロイが役者として出演することが決定。

・原作『クライシス・オン・インフィニット・アース』の作者マーヴ・ウルフマンが「クライシス・オン・インフィニット・アース」の撮影現場に現われた。カメオ出演するのではないかと予測される。

・「クライシス・オン・インフィニット・アース」出演を求めて現在、The CWが『DCEU』『ヤング・スーパーマン』『鉄腕美女ワンダーウーマン』と交渉中。

オススメ視聴方法

NETFLIXで『アロー』『ザ・フラッシュ』『ブラックライトニング』が、
Hulu  で『ザ・フラッシュ』『ス-パーガール』『レジェンド・オブ・トゥモロー』が視聴できる。

 どちらのストリーミングサービスも無料体験期間があってお得だが、各作品がバラけているので大型クロスオーバーを通して視聴するには、この2つのサイトを行き来しなければいけない。また、Huluのフラッシュのみ他よりも配信が1年早いので事前の調査が推奨される。
 また、「どの作品から見るか迷っている」方はアローバース随一の人気作である『ザ・フラッシュ』からの視聴をお勧めする。

関連記事

親記事

DCコミック でぃーしーこみっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アローバース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1588

コメント