2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

シンビオート

しんびおーと

漫画スパイダーマンに登場する寄生生物。数々のヴィラン・シリーズを生み出している。
目次[非表示]

概要

初登場はマーベルヒーロー達が別の宇宙で活躍したシリーズ「Marvel Super Heroes Secret Wars」。この戦いの最中、スーツをぼろぼろにされたスパイダーマンがその代わりに身にまとったものがブラックコスチュームことエイリアン共生体”シンビオート”であった。

邪悪で凶暴な地球外の寄生生物であり、取り憑かれた人間は超人的な腕力や敏捷性を得るが、凶暴化してしまう。 宿主と感情や衝動が一致するとその性質はより強く反映される。
結合には生物学的な段階があり、結合が強いほど強力な共生体になり得る。

宿主を変えて別の人間に取り憑くこともあり、「ヴェノム」や「カーネイジ」といった固有名詞は概ねシンビオートの方につけられているため、宿主が変わっても名前を引き継ぐことが多い。
宿主のアドレナリンを餌にしている。

この種族の故郷はファンタスティック・フォーとも因縁深いギャラクタスによって滅ぼされたらしい。

シリーズ

シンビオートは初代宿主のスパイダーマンに始まり、寄生相手を乗り換えたり分裂して増殖することで新たな共生体を増やし続けている。寄生する相手の身体能力によって戦闘能力や特性に個体差があるものの、どれも超人的な身体能力を発揮している。
作品によってはスパイダーマン以外のヒーローにも寄生している。

ブラックスパイダーマン

初代宿主であるスパイダーマンのコスチューム形態。
能力を大幅に増幅し、シンビオート特有の変体能力で色んな服に変化したり、ウェブシューター無しで蜘蛛糸を精製してくれたのでスパイダーマンは重宝していた。ただし上述の危険性からスパイダーマンは決別。裏切られたと感じたシンビオートは彼に復讐を誓った。

シンビオートはスパイダーマンの能力をコピーしており、後の共生体にもそれが反映されている。

ヴェノム

スパイダーマンから分離したシンビオートが最初に寄生して誕生したヴィラン。能力を完全に受け継いだ上に身体能力も上回っている難敵である。
初代宿主はこちらもスパイダーマンを逆恨みしている元新聞記者エディ・ブロック。その後もエディから更なる共生体が生まれている。

カーネイジ

投獄されたエディが脱出した際に、ヴェノムから分裂した子供が同室に居た凶悪殺人犯クレタス・キャサディに寄生して誕生したヴィラン。
残虐非道なキャサディはシンビオートとの相性が抜群であったため、スパイダーマンやある意味親であるヴェノムをも越える強大な戦闘力を見せつけた。ヴェノムとは同室時代から不仲であり、彼を倒すためにヴェノムは憎いスパイダーマンとも共闘している。

スクリーム

ライフ財団という組織がヴェノムから抽出したシンビオートを培養し、それを元に生み出した5つの共生体の1つ。ドナ・エディゴという女性に寄生している。
スパイダーマンやヴェノムと幾度となく戦いその過程で改心したが、最終的にヴェノムに殺害された。
ちなみにナイスバディ。

ライオット

スクリームと同じくライフ財団が生み出した共生体の1つ。トレヴァー・コールという男性に寄生している。
スクリームによって宿主のトレヴァーが殺害された後、残る3体(アゴニー(ナイスバディ)、ラッシャー、ファージ)と共に米軍によって逮捕され、ヴォールト刑務所に投獄される。その後4体が融合した単一の新たなシンビオートとなり、看守スコット・ワシントンを宿主とする超人ハイブリッドとして活動している…が、こちらは元祖ヴェノムに殺害された。

アンチヴェノム

シンビオートと分離したエディがミスター・ネガティブという人物に投与された薬物の影響で発現した姿。薬物によってエディの体内に残っていたシンビオートが変質したもので、他のシンビオートを寄せ付けず、シンビオートがとりついた人を治癒することが出来る。

エージェント・ヴェノム

エディから分離したヴェノムがフラッシュ・トンプソンに寄生して誕生した共生体。

トキシン

カーネイジから生まれたシンビオートが警察官パトリック・マリガンに寄生して生まれた共生体。
パトリックは善良な警察官であったため、シンビオートの暴力衝動を抑えつけヴィランには成らず、クライムファイターとして活動。のちにパトリックと分離し、エディと強制的に合体させられたが後に分離し、10代の少年であるブレン・ウォーターズと融合を果たす。

シー・ヴェノム

その名の通り女性のヴェノムでエディの元妻アン・ウェイングがシンビオートに寄生された姿。
連続殺人犯に撃たれたアンの命を救うべく、エディがアンにもシンビオートを寄生させて誕生した。

マニア

エージェント・ヴェノムから生まれたシンビオートがアンディ・ベントンに寄生して生まれた共生体。

グウェノム

スパイダーグウェンと融合した姿。

オールブラック

2010年代のコミックで登場した、最初に生まれた個体。ただしこれまで述べた個体の直系の先祖ではない(後述)。

主に剣「オールブラック・ザ・ネクロソード」として活躍し、ゴア・ザ・ゴッドブッチャーという全宇宙の神を殺そうとするヴィランの手でソーと対決したり、ギャラクタスが持ち主だったこともある。

クロちゃん

少年ジャンプ+」で連載していた日本独自の漫画『デッドプールSAMURAI』に登場。
アイドル新日ねいろと共生しており、チョコが好物。「他の人はいくら食べても良いけど、私のファンは食べないで」というねいろとの約束を守ったり、彼女が親に対して抱いているコンプレックスを心配するなど、関係は良好な様子。

起源

エージェント・ヴェノムガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーの一員になっていた際に、シンビオートの母星に辿り着いたエピソードにおいて

元々「クリンター」を自称し、高潔な精神を持った者を宿主にする事によって気高い究極の戦士を生み出し得る一族だが、その『高潔』の基準が異様に厳しくスパイダーマンさえも暴走の危険が有る不適合者であり、ましてや悪意の持ち主と共生した場合には怪物と化してしまう

という背景が明らかになった。

しかしその後、セレスティアルズと敵対する光と生命を憎む邪神ヌルによって道具として生み出された種族だった、というとんでもない新設定が加えられた。
上記のものはその起源と血塗られた過去を恥じたシンビオートたち自身によって、ヌルがかつてソーに敗れた際に自由の身となった後に捏造された嘘の歴史であり、「母星」の正体は当時のヌルの本拠地で、シンビオートたちによってヌルが封じ込められている場所だったのだ。
そして「クリンター」は彼らの言葉で「籠」を意味していた。

なお、この「母星」を起源とするシンビオート達は最初のシンビオートであるオールブラックの直系の子孫ではなく、オールブラックとは別にヌルに一から作り出された者およびその子孫である。

実写版

サム・ライミ版

3』にブラックスパイダーマン、ヴェノムが登場。

スパイダーマン・ユニバース

ヴェノムがメインの1人となっており、第1作『ヴェノム』にライオット、シー・ヴェノムが、第2作『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』にカーネイジが登場。
トキシンも第2作で宿主のパトリックが登場し、終盤で今後の変身を示唆する展開がある。

また起源については、第2作終盤にてヴェノムが「宇宙を越えた800億年のハイブ」という概念を明かしている。

MCU

コレクターが住んでいる惑星ノーウェアは、コミックでは邪神ヌルがオールブラックを使って切り落したセレスティアルズの1体の首の成れの果て。

『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』で転移してきたヴェノムが元の世界に戻る際に、シンビオートの欠片を残してしまった。

ゴアがヴィランとして登場。しかし権利関係のためか「ヌル」や「オールブラック」には言及されず、武器の名前は「ネクロソード」になっている。

関連タグ

スパイダーマン
ブラックスパイダーマン ヴェノム カーネイジ
スクリーム(MARVEL) ライオット(MARVEL)
symbiotegirl

別名・表記ゆれ

symbiote

関連記事

親記事

スパイダーマンの登場キャラクター一覧 すぱいだーまんのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6212599

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました