ピクシブ百科事典

スパイダーグウェン

すぱいだーぐうぇん

『スパイダーマン』の登場人物「グウェン・ステーシー」がスパイダーウーマンとなった平行世界の存在。
目次[非表示]

概要

2014年11月からスタートしたスパイダーマン関連誌で行われるイベント「スパイダーバース」にて登場した、スパイダーウーマンとなった平行世界のグウェン。例のクモにかまれたのが、ピーターではなく彼女だった為にスパイダーマンの能力を手にしたとなっている。そして、見事レギュラータイトル化が決定し、今年の2月からスタートする模様。
2016年7月にはスマホ向けゲーム『マーベル ツムツム(マベツム)』に参戦。

来歴

メインユニバースのピーターと同様の経緯からスパイダーウーマンとなったのは前述の通りであり、その後も不幸なことで有名なメインユニバースと同じ流れを辿ることになってしまう。

MJたちと共に学生バンドを組んでドラムを担当していたグウェンは音楽の道を志していたが、厳格な父親の反対とピーターの後押し、そして特別な存在になりたいという欲求から「蜘蛛の能力を持った女性パフォーマー・スパイダーウーマン」としてTVデビューすることを選ぶ。

しかしその一方でグウェンが特別になったことにコンプレックスを刺激されたピーターは、彼女に追いつくために独自開発した血清を注入、凶悪なトカゲの怪物リザードマンとなって暴れた末、グウェンに止められる形で(故意か事故かは不明)死んでしまう。

結果スパイダーウーマンであるグウェンは、ピーターを息子のように愛していたJJJからは「大いなる力に伴う責任を理解していない凶悪な超人」として批判され、刑事である父親からは「偉大な能力を金儲けのために使い、娘のボーイフレンドを殺した犯人」として追われることになる。

それでもグウェンは「父親が犯罪と戦うための責任としてバッチが必要なように、ピーターを死なせてしまった責任としてマスクを被ることが私のバッチ」と決意して、スパイダーウーマンとしての戦いを続けている。

――という経緯を辿って『スパイダーバース』に参加したところ、死んだはずのピーターが大量にいることと、何故かみんな自分の正体に一発で気づいてショックを受けていることに大変困惑するハメになった模様。

活躍

『スパイダーバース』では初登場を飾り、スパイダー軍団の一員として侵略者インヘリターズと戦った。
グウェンを助けられなかったピーターがグリーンゴブリンの跡を継いだ世界では贖罪として彼を助けようとしたりし、インヘリターズとの戦いではシルク、スパイダーウーマンといった女性スパイダーマンと行動を共にした。
また上記のオリジンは外伝『エッジ・オブ・スパイダーバース』で語られたもの。

テレビアニメ版『アルティメット・スパイダーマン』の第4シーズンである『VSシニスター・シックス』にて登場し、日本語版は優希知冴が声を当てた。
マイルスの世界の住人で、生前のピーターとは親しかった。
諸事情でいなくなったマイルスの代わりに町を守る存在として、メイおばさんの補佐の元でスパイダーマンとして活動している。

スパイダーマンのアニメ新作の「マーベルスパイダーマン」にも登場。コスチュームデザインは近いがマスクを着けていない。
誤解されがちだが基本的に「スパイダーグウェン」とはファン間の通称や作品名であって、彼女自身はあくまでも「スパイダーウーマン」なのだが、このアニメ版は超能力を得たグウェンが本名そのまま「スパイダーグウェン」を名乗って素顔を公開しているというのが一番の特徴だろう。

関連タグ

スパイダーマン グウェン・ステーシー
グウェンプール…もしグウェンがデッドプールになったら、というイメージイラストを元に作られた本名グウェン・プールという別人のスーパーヒロイン。
ベンケイ魂…コスチュームがスパイダーグウェンに似ているヒーロー。

pixivに投稿された作品 pixivで「スパイダーグウェン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368343

コメント