ピクシブ百科事典

マイルス・モラレス

まいるすもられす

マイルス・モラレスとは、『アルティメットスパイダーマン』のキャラクター。もしくはアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の主人公。
目次[非表示]

原作


2000年から始まったマーベルの新ユニバース、「アルティメットユニバース」に登場する黒人の少年。初出は2011年8月に刊行された、「ULTIMATE FALLOUT」。

オズボーン・インダストリーに盗みに入った叔父が持ちかえって来てしまった、遺伝子操作をされた蜘蛛に噛まれ能力を得る。

最初はヒーローになることに否定的であったがとある事件でこの世界のピーター・パーカーが死亡し、自分も偶然そこに居合わせた事から「自分が能力を使っていれば死ななかったのではないか」と苦悩する。その後、ピーターの葬式で出会ったグウェン・ステイシーにピーターがヒーローになった理由を聞き、「大いなる力には大いなる責任が伴う」との言葉を告げられピーターの跡を継ぐことを決意する。

最初はピーターのスーツを使って活動していたが、マイルスの活躍を聞いたニック・フュ―リーから新スーツを、そしてメイおばさんからウェブシューターと蜘蛛糸の化学式を贈られた。

基本世界のピーターとは何度か顔を合わせており、さらに2014年のイベント「スパイダーバース」ではアニメ版「アルティメットスパイダーマン」や1967年のアニメ版スパイダーマンと共に行動した。

さらに2015年の一大イベント「シークレットウォーズ」で、一度アルティメットユニバースと正史世界が消滅し再構築された際、正史世界とアルティメットユニバースが統合されたため、本来の歴史にスパイダーマンが「二人いた」ことになり、正史世界のピーターとともに活動している。
その後アベンジャーズにも加入したがすぐに脱退し、同年代かつ共にメンバーを抜けたカマラ・カーンノヴァ(サム・アレキサンダー)、そのほかティーンヒーローたちと共に「チャンピオンズ」というヒーローチームを結成している。世間に向けてメッセージをSNSで訴えかけるなど、如何にも若者らしい活動もしている。

なお、「アフリカ系のスパイダーマン」「黒人のスパイダーマン」と呼ばれる事が有るが、正確には、アフリカ系とヒスパニック(中南米系)の両方の血を継いでいる。

能力

オリジナルのスパイダーマンと同じ能力に加えオリジナルが持たない能力を持っている。

  • ヴェノム・ストライク(又はヴェノム・ブラスト)
電撃で触れた相手を感電させる能力であり様々な技に応用できる。(電撃ビーム、雷の衝撃波等)なお、電撃の色は作品によって違う。
  • 透明化(スパイダーカモフラージュ)
その名の通り身体を透明にする。敵に自分の存在を気付かれずに攻撃が可能。
  • エネルギースレッド(ゴールドオーガニックウェブ)生成
指先から生体電気の糸を発射するコミック限定の技。
  • キャプテンユニバース化
一時的にエニグマフォースを得てキャプテンユニバースになれる。この力でソードビッカーを操った。(スパイダーゲドンより)

アニメ「アルティメットスパイダーマン」では

ニューヨークによく似た異次元の世界に生きる黒人少年
その異世界ではスパイダーマンであるピーター・パーカー世界を救った時に死亡しており、戦いに加わらなかったことの後悔から二代目のスパイダーマンとなった。
後に異次元から本作の世界の次元に来て戻れなくなってしまったため、スパイダーマンチーム「ウェブ・ウォーリアーズ」の一人として活躍する。
名前が同じスパイダーマンだと分かりづらいからと「キッド・アラクニッド」と自ら名乗っている。

アニメ「マーベルスパイダーマン」

スパイダーマンの新作アニメ。
こちらではピーターの同級生となっている。頭がかなり良く課題でAIロボットを作ったりするほど。
途中から特殊なクモに噛まれ、スパイダーマンとなった。コスチュームと能力等は原作と同じ。成長スピードがかなり早かったり(本人曰く覚えるのが早い)、メガ・ヴェノム・ブラストで巨大なスパイダースレイヤーを破壊する等高い戦闘能力の持ち主。

MARVELアルティメットアライアンス3


インフィニティストーンを巡る宇宙をも巻き込む壮大な戦いに巻き込まれていく。
ブラックオーダーやサノス、セイン等の凶悪ヴィランを仲間と共に撃破し宇宙を救った。
ピーターと比べるとやや好戦的な台詞が多く見られる。

必殺技
・ウェブ・シューター
前方にウェブを連続で発射する。連打で攻撃回数を調整可能。【付加効果:雷】
・サプライズストライク
透明になって敵に接近し、電撃を放つ。【付加効果:雷】
・ヴェノム・ストライク
両腕を地面に突き立て、雷の衝撃波で周囲を攻撃する。【付加効果:雷】
・ハイボルテージウェブ
前方広範囲に敵を感電させるウェブを設置する。【付加効果:雷】
メガ・ヴェノム・ブラスト(アライアンスエクストリーム)
パワーを体全体に溜め超巨大な雷の衝撃波を放出する。【付加効果:雷】

映画(MCU)版

スパイダーマン:ホームカミング』において、自身は登場していないが、彼の叔父が登場しており、その存在が示唆された。

PS4版スパイダーマン

年齢15歳
身長172.7cm
体重59kg
出身ニューヨーク市ブルックリン
職業学生

本作ではマイルズ・モラレス名義で登場。
スパイダーマンに憧れる勇敢な少年で、5歳でテレビを解体し、モニターやドローンをハッキングできるハッキングアプリを開発するなど非常に優れた頭脳の持ち主。
ゲーム中では何回か彼を操作するステルスパートが存在する。

捜査において大きい功績を上げた父を讃える式典の最中、ミスターネガティブ率いる「デーモン」の起こしたテロに巻き込まれ、父ジェファーソンは命を落としてしまう。
尊敬していた父の死に悲嘆し落ち込んでいたところをピーターの紹介でメイおばさんが働いている慈善団体「F.E.A.S.T.」のボランティアとして働き始める。

終盤では、MJが連れてきてしまった実験クモに噛まれスパイダーパワーが発現。彼はおかしくなった身体をピーターに相談し、そこでピーターも彼に自身の正体を明かすことになる。

DLCではピーターからスパイダーマンの指導を受けているが、憧れが強すぎるあまり学業や基礎を疎かににしがちで度々ピーターにたしなめられている。
ピーターが用意したウェブシューターの最適化調整を独力でやってのけ、ピーターを感心させる場面も。

初期構想では然程出番は多くなかった模様。(参考)

因みにスパイダーゲドンではピーターが出張していたため、彼にNYを任せていた。
そしてPS5にてこのゲームの続編となる「Marvel's Spider-Man: Miles Morales」が発表され主人公となることが判明した。

アニメ映画「スパイダーマン:スパイダーバース

Spider-Verse


今作で初の主人公。「アルティメットスパイダーマン」の世界観を基に、マイルス(13歳)が彼の次元のピーター・パーカーからスパイダーマンの役目を引き継ぐところから始まる物語となっている。
頭はいいがグラフィティを描いている方が好きなイマドキの少年。抽選によりエリート校に通うも他の生徒と打ち解けられず居心地の悪さを感じている。両親のことは嫌いではないが、(特に父親が)自分の意見を聞いてくれないため少し壁ができてしまっている。反対に叔父のアーロンにはとても懐いており、女子にモテるテクニックを伝授してもらったり一緒にグラフィティを描いたりと、関係はとても良好である。
寮のルームメイトにガンケという男の子がいるが、お互い不干渉気味。

ひょんなことから能力を手に入れ、突然の体の変化に戸惑う最中、ある事件に巻き込まれたことで彼は自身の運命と対峙することになる。

関連動画

「スパイダーマン:スパイダーバース」《マイルス編》


マイルスVSキングピン


Marvel's Spider-Man:Miles Morales Trailer



関連タグ

マイルズ・モラレス スパイダーマン 黒人 褐色肌 MARVEL

ブラックパンサー…黒人のマーベルヒーロー繋がり。

尾ノ前侑…こちらも元は本家に憧れていた一般人であるスパイダーマン。

関連記事

親記事

アルティメットスパイダーマン あるてぃめっとすぱいだーまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マイルス・モラレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 350266

コメント