ピクシブ百科事典

マイルス・モラレス

まいるすもられす

マイルス・モラレスとは、『アルティメットスパイダーマン』のキャラクター。
目次[非表示]

原作では


2000年から始まったマーベルの新ユニバース、「アルティメットユニバース」に登場する黒人の少年。初出は、2011年8月に刊行された、「ULTIMATE FALLOUT」。

オズボーン・インダストリーに盗みに入った叔父が持ちかえって来てしまった、遺伝子操作をされた蜘蛛に噛まれ、能力を得る。

最初は、ヒーローになることに否定的であったが、とある事件でこの世界のピーター・パーカーが死亡し、自分も偶然そこに居合わせた事から、「自分が能力を使っていれば死ななかったのではないか」と苦悩する。その後、ピーターの葬式で出会ったグウェン・ステイシーに、ピーターがヒーローになった理由を聞き、「大いなる力には大いなる責任が伴う」との言葉を告げられ、ピーターの跡を継ぐことを決意する。

最初はピーターのスーツを使って活動していたが、マイルスの活躍を聞いたニック・フュ―リーから新スーツを、そしてメイおばさんからウェブシューターと蜘蛛糸の化学式を贈られた。

基本世界のピーターとは何度か顔を合わせており、さらに2014年の「スパイダーバース」では、アニメ版「アルティメットスパイダーマン」や、1967年のアニメ版スパイダーマンと共に行動した。

さらに、2015年の一大イベント、「シークレットウォーズ」で、一度アルティメットユニバースと正史世界が消滅し、再構築された際、正史世界の歴史にマイルスの存在が組み込まれ、正史世界にスパイダーマンが「二人いた」ことになり、現在は基本世界で活動している。

能力

オリジナルのスパイダーマンと同じ能力に加え、透明化や「ヴェノムストライク」(触れた相手を麻痺させる)など、オリジナルが持たない能力を持っている。

アニメ「アルティメットスパイダーマン」では

ニューヨークによく似た異次元の世界に生きる黒人少年
その異世界ではスパイダーマンであるピーター・パーカー世界を救った時に死亡しており、戦いに加わらなかったことの後悔から二代目のスパイダーマンとなった。

マーベルスパイダーマン

スパイダーマンの新作アニメ。こちらではピーターの同級生となっており途中から特殊なクモに噛まれ、スパイダーマンとなった。コスチュームと能力等は原作と同じ。

映画(MCU)版

スパイダーマン:ホームカミング』において、自身は登場していないが、彼の叔父が登場しており、その存在が示唆された。

関連タグ

マイルズ・モラレス スパイダーマン 黒人 MARVEL

pixivに投稿された作品 pixivで「マイルス・モラレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 477

コメント