ピクシブ百科事典

スパイダーマン2099

すぱいだーまんにせんきゅうじゅうきゅう

スパイダーマン2099とは、マーベルコミックスのキャラクター。
目次[非表示]

概要

スパイダーマン2099とは、『スパイダーマン』のキャラクター。

未来世界である2099年のスパイダーマン
正体は、大手企業であるアルケマックスで遺伝子組み換えのプロジェクトに携わっているミゲル・オハラ
とある事件がきっかけで退社することになるが、それを妨害するために飲み続けなければ死んでしまう薬物であるラプチャーを飲ませられてしまい、取り除こうと試行錯誤した結果先輩科学者のにはまり1999年のスパイダーマン遺伝子が彼に組み込まれてしまい、スパイダーマンとしての能力が覚醒した。

彼は自分をはめたアルケマックスと戦うために、スパイダーマンのコスチュームを身にまとって戦いに挑んでいく。

能力

超人的な腕力、身体能力、耐久力、回復力など。老化抑制効果もあり。
強化された視力。遠く離れたものや暗闇でも見える。また熱感知カメラのように見ることができる。また動体視力に優れる。ただし、光に対して過敏になり、通常はサングラスを使用しなくてはならない。
手と足の指先に生えた小さなカギツメ。攻撃にも使用可能。また壁に張り付いて登ることが可能。
犬歯が牙となり、麻痺毒を注入する。
手首の手の甲側から生体ウェブを射出。
スパイダーセンス:第六感のような危険察知能力。
残像を残すほどの高速移動。

ライト・エア・フォイル:背中の蜘蛛の巣のようなマントは常に軽度の半重力粒子を発し、滑空を可能にする。

作品解説

「MARVEL 2099」シリーズについて語る。
実際の1980~90年代にかけて発表された近未来を舞台にしたシリーズ。
『スパイダーマン2099』もまたそのシリーズの一環。

その他に作品名に
初代に酷似したアンドロイド、ゴーストライダー2099』
初代の子孫とされる人物によって襲名された、ハルク2099』
未来のミュータントたちが決起した反政府組織、X-MEN2099』
そして、Dr.ドゥームその人が未来世界を制圧する物語を描く『ドゥーム2099』
などが刊行された。

ほとんどのタイトルは人気衰退により「~2099」シリーズはほぼ廃刊。
スパイダーマン2099は本家とクロスオーバーの機会があり、『スパイダーバース』をきっかけに再スタートされた。

関連タグ

MARVEL スパイダーマン ミゲル・オハラ

関連記事

親記事

スパイダーバース すぱいだーばーす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スパイダーマン2099」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20657

コメント