ピクシブ百科事典

スパイダーマン・ノワール

すぱいだーまんのわーる

スパイダーマン・ノワールとは、『スパイダーマン』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

スパイダーマン・ノワールとは、『スパイダーマン』のキャラクター。

パラレルワールドであるアース-90214(ノワール・ユニバース)の1933年に活躍するスパイダーマン
『スパイダーマン・ノワール』、『スパイダーマン・ノワール:アイ・ウィズアウト・ア・フェイス』、『アルティメット・スパイダーマン ウェブ・ウォーリアーズ』、『スパイダーマン:シャッタード・ディメンション』、『スパイダーバース』に登場した。

コミックは『スパイダーマン・ノワール』『アイ・ウィズアウト・ア・フェイス』、そして両作のライターであるファブリセ・サポルスキーが手がけた事実上の続編である『エッジ・オブ・スパイダーバース#1』の三本のみだが、根強い人気を誇っているスパイダーマンの一人である。

なおノワールユニバースのスパイダーマンであるため「スパイダーマン・ノワール」と称されているが、これはあくまでも他スパイダーマンと区別するために作品外で用いられてる呼称で、作中でこう呼ばれたことは一度もない。
作中における彼の正式な名前は「ザ・スパイダーマン(THE SPIDER-MAN)」である。


来歴

多くのピーター・パーカーと同様にベンおじさんとメイおばさんに育てられた。
しかしメインユニバースのピーターと異なり、彼はベンおじさんの死に何の責任も負っておらず、そもそもベンおじさんの死後に超能力を得ているのが大きな違いである。

第一次世界大戦のエースパイロットであったベンおじさんは、一方で戦争が英雄的行為ではないことを思い知り、大恐慌に陥った国を正すためにメイとともに社会活動へと身を投じたが、そのさなか何者かによって襲われ、悲惨な死を遂げてしまう。
それでも挫けず政府や企業への抗議を続けるメイを手伝っていたピーターは、そこでゴロツキに襲われたところを新聞記者のユーリックに助けられ、彼から叔父の死の真相を知らされることになる。
それは街の有力者オズボーンが、自身の違法行為を批判したベンを疎んで手下のエンフォーサーズ四人組にベンをリンチさせ、見せしめのため手勢のフリークスであるヴァルチャーに食い殺させたという壮絶なものだった。

ピーターはオズボーンを追い詰める証拠を求めて彼の倉庫に忍び込んだところ、エンフォーサーズがアマゾン奥地から密輸した蜘蛛神アナンシの像を、誤って破壊してしまう場に遭遇する。途端、中から大量の毒蜘蛛が溢れ出してエンフォーサーズの一人を食い殺し、さらにその一匹がピーターにも噛み付いてしまう。

《なにを怯えている、小さき者よ。我が一咬みは悪意ある者にのみ死をもたらす……》
《貴様には大いなる呪いと――大いなる力を授けてやろう》

蜘蛛神のトーテムから与えられた能力をどう使うか悩むピーターだったが、オズボーンを追っていたはずのユーリックが薬物中毒に陥っており、「スパイダー」を名乗ってオズボーンを恐喝していたと知って失望する一方、オズボーン一派によってユーリックが殺害されたことで、正気だった頃のユーリックの遺志を継いでオズボーンを止めることを決意する。

そうしてピーターは蜘蛛神の能力である壁や天井への吸着能力、手首からの糸の生成、超人的身体能力、そして恐るべき第六感を持ったザ・スパイダーマンとなり、街を支配するギャングどもとの戦いに身を投じるのだった。


装備と能力

コスチュームは他のスパイダーマンとは異なる独特のものだが、これは第一次世界大戦のエースパイロットであったベンが身につけていた航空服を改造したものである。その上に黒のロングコート、時折フェドーラ帽を被って活動する。
そのため本来の(正確にはハイテク装備などを用いていない、タイツのみなスパイダーマンの)コスチュームよりは防御力が高く、多少の銃撃や爆発を防ぐことができる。

手にしたリボルバーもベンの愛銃であり、ザ・スパイダーマンとして戦うピーターは躊躇なくこれを発砲し、場合によっては相手を殺害することも厭わないなど、本来のスパイダーマンに比べるとより冷酷になっている。しかしその一方、感情に任せて人を殺さないヒーローになるよう、努力を重ねている面も有している。トンプソン機関銃を携行する時もあるが、こちらはもっぱら威嚇や牽制として射撃している。

特徴としては第六感(本来の世界におけるスパイダーセンス)が発動する際、ピーターの視界には赤く光る蜘蛛のシンボルがヴィジョンとして浮かび上がるというものがある。また彼の蜘蛛糸は黒い粘液状のもので、ウェブシューターなどに関係なく手首から発生する。

その他の能力も概ねメインユニバースのピーターと変わらないが、パワーの強さという意味では若干劣っているようであり、またインヘリターズに対しては拳銃がほとんど通じないこともあって『スパイダーバース』に参加した時には苦戦が目立った。

加えて前述通り、他の多くのスパイダーマンの能力が「放射線などによって突然変異した蜘蛛に咬まれたこと」に起因するのに対し、ザ・スパイダーマンは「蜘蛛神アナンシによって直接的に力を授けられたこと」に起因する、魔術的な能力なのも特徴である。

他、活動から1年足らずの1934年時点で既にその存在は知れ渡っており、警察を始めとした協力者にも恵まれ、多くの情報網を持っていることも彼の特徴である。さらにJJJとの仲は然程言及されておらず、また最初の事件で彼を救助できたこともあって、デイリービューグル誌からネガティブキャンペーンを受けていない様子。

そして彼は「大いなる力には大いなる責任が伴う」という言葉を背負ってはいない。またベンの死はピーターが原因ではないため、それに対する負い目もない。
ザ・スパイダーマンとして彼がベンから受け継いだ信念は「強大な力があるのなら、それに立ち向かうのは人々の責任だ」というものである。


コミックでの活躍

スパイダーマン・ノワール

1933年を舞台にした『スパイダーマン・ノワール』では、前述のオリジンを経てザ・スパイダーマンとなったピーターは、健常者への嫉妬からNY一の企業家にして犯罪王となったザ・ゴブリン率いるフリークス集団と戦うも、デイリービューグル新聞編集長JJJ殺害の濡れ衣を着せられてしまう。

警官隊の追撃を振り切ったピーターは、ユーリックがフェリシアに預け、フェリシアから自分に託された脅迫ファイルを調べ、オズボーン一味がサーカスのフリークス集団であったことを突き止めて、JJJとザ・カメレオンが入れ替わっていたことを暴く。

実際にはそれは陰謀などではなく、デイリービューグルの検閲およびユーリックの脅迫ファイルを狙ったザ・ゴブリンがJJJを拉致し、JJJに変装したザ・カメレオンがユーリックを殺害。しかしその現場を目撃したフェリシアが復讐すべくJJJ=ザ・カメレオンを射殺し、その直後にザ・スパイダーマンがJJJを訪ねて編集長室へ踏み込んでしまったために発生した、誰にとっても不測の事態だったのだ。

そしてザ・ゴブリンは、ユーリックを排除してもなお自分たちの妨害を続ける脅迫者「スパイダー」=パーカー家の誰かだと推理し、「スパイダー」を殺すべくザ・ヴァルチャーをパーカー家へと送り込む。間一髪で駆けつけたザ・スパイダーマンは、ザ・ヴァルチャーを躊躇なく射殺してメイおばさんを救うが、逆に彼女から「その大いなる力があるならば、銃を持たず、人を殺さずとも犯罪と戦えるはずだ」「私は人が動物のように誰かを殺す世界で暮らしたくはない」と叱責されてしまい、結局「……ごめんなさい」と言い残してその場を立ち去ることしかできなかった。

迷いながらもオズボーン一味と決着をつけるべく、彼らの隠れ家である地下水道に踏み込んだピーターは、拉致監禁されていたフェリシアとJJJを救助。虎をけしかけて襲いかかってくるザ・クレイブンと激戦を繰り広げ、ザ・クレイブンを蜘蛛の大群を入れたケージに叩き込むことで撃破する。

そしてザ・ゴブリンとの最終決戦にも勝利して叔父の仇を討ったピーターは、「フリークスである私を殺せばヒーローになれるぞ」とザ・ゴブリンに挑発される。しかしベンおじさんとユーリックの死、そしてメイおばさんの言葉を思い出したピーターは殺人を拒否し、「フリークショーは終わりだオズボーン。好きに逃げろよ」と彼を解き放つ。「私を檻に入れられる者などいない」と勝ち誇るザ・ゴブリンだったが、蜘蛛にたかられて正気を失ったザ・クレイヴンに襲われ、共に下水道へと沈んでしまう。

生還を果たしたピーターは、フェリシアにユーリックが最後まで持っていた彼女の写真を返却。デイリービューグルで記者として働きながら、ザ・スパイダーマンとして戦い続けることを誓うのだった。

アイ・ウィズアウト・ア・フェイス

『スパイダーマン・ノワール』の翌年1934年を舞台にした続編『アイ・ウィズアウト・ア・フェイス』では、オズボーンの後釜に居座ったザ・クライムマスターおよびザ・オクトパスとの対決が繰り広げられる。

ザ・ゴブリンが消息を絶った後、用心棒ザ・サンドマンを連れた犯罪者ザ・クライムマスターによってニューヨークの暗黒街は支配されていた。ザ・スパイダーマンは彼を追跡するも、手がかりを得られない日々が続く。

黒人ながらも努力して記者となった尊敬する上司ロビー・ロバートソン。彼に仲介を依頼されたピーターは、移民局の存在するエリス島に研究所を持つ、オットー・オクタビアス博士とのインタビューをセッティングする。小人症を患う天才科学者オクタビアスは猿の脳を切開し、脳を通じて人間の心理を研究する実験を行っていた。その先進さとおぞましさに驚愕するピーターとロビーだが、ロビーは「根深いものがある」と小さくこぼす。事実、オクタビアスは猿のみにとどまらず、ハーレムから誘拐したり人身売買で連れてこられた黒人たちを実験動物として扱い、脳手術を施していたのだ。一方ピーターはフェリシアと恋人の関係になりながらも、高級クラブを経営する彼女が他の男性ともベッドを共にしていることを割り切れずにいた。

そんな中、ザ・スパイダーマンとしてザ・クライムマスターと戦っていたピーターは、ザ・クライムマスターが防音の手術室を保有してなにか企んでいることを突き止めるも、同時にロビーが消息を絶ったことを知らされる。実はザ・クライムマスターとオクタビアスは親ナチス派のドイツ系アメリカ人秘密結社ザ・フレンズ・オブ・ニュー・ジャーマニー(TFONG)の一員として、劣等種である有色人エリート層へロボトミー手術を施し、彼らを制御しようと画策。標的の一人としてロビーも捕まり、エリス島で施術されてしまっていたのだ。しかしロビーの手がかりを追い求めてザ・クライムマスターの施設を襲撃したザ・スパイダーマンは、用心棒ザ・サンドマンに叩きのめされ、敗北を喫してしまう。

協力関係にある刑事ジーン・デウォルフがザ・サンドマンを射殺したことによってその場を脱したピーターは、フェリシアのクラブに身を潜めて傷を癒やす。しかしその事が原因となり、ピーターの助けになろうと自室へザ・クライムマスターを招いて情報を集めていたフェリシアは、ザ・スパイダーマンとの関係を見抜かれ、顔面を切り刻まれることで女性として「殺される」という残酷な報復を受けてしまう。

傷を抱えたままロビーを助けるためエリス島に踏み込んだピーターは、TFONGからの撤収命令を受けオクタビアスの研究所を閉鎖するため現れたザ・クライムマスターと鉢合わせする。オクタビアスはザ・クライムマスターからの通達に反発、自ら開発したロボットアームを装備するとザ・オクトパスと化して彼を惨殺し、ザ・スパイダーマンとの対決に挑む。しかしロビーがロボトミー手術を施されて廃人とされ、フェリシアまで奪われたピーターは激怒し、ザ・オクトパスを圧倒、デウォルフ刑事の静止が入らなければ彼を殺してしまう寸前まで我を忘れてしまう。デウォルフ刑事に通報してくれたのがフェリシアであることを知ったピーターは、ロビーを彼に託してフェリシアの元へと走る。

オクタビアスはドイツへ強制送還されることになった。身体障害者を差別するナチス政権化のドイツで、オクタビアスが再起することは二度とないだろう。戦いに勝利したが、ピーターは何もかも失ってしまったような気持ちだった。ロビーは家族のもとで療養を受けているが廃人と化したまま、傷心のフェリシアからは二度と会うことはないと別れを告げられた。仮面を被ったまま夜の街を見下ろすザ・スパイダーマン――そして顔を仮面で隠したフェリシアは、互いに独白する。「後に残るのは傷跡だけだ」と。

スパイダーバース

そして『スパイダーバース』では、禁酒法時代が終わり第二次世界大戦が勃発する1939年を舞台に、ザ・ミステリオとの対決、そしてスパイダー軍団を巡る超次元の戦いが描かれることになる。

6年の活動によってアル・カポネ、ジョン・デリンジャー、ザ・ゴブリン、ザ・クライムマスターを筆頭とするギャングたちを壊滅させたザ・スパイダーマンは、もはや敵も存在せず、その存在を疑問視されるようになっていた。しかしそれは密かに街を支配するザ・キングピン――ウィルソン・フィスクによる策略に過ぎなかった。

フィスクと手を組んだ奇術師ザ・ミステリオは、ザ・スパイダーマンの力の源であると睨んだ血液を狙い、フェリシアを誘拐、ニューヨーク万博で彼女を人質にとって対決を呼びかけ、ザ・スパイダーマンをおびき出すことに成功する。

一時はザ・ミステリオの幻術ガスによって翻弄され、窒息不可避の水槽へ閉じ込められてしまうピーターだったが、とっさの機転で酸素マスクを作り出して窮地を脱出。白兵戦に持ち込んでミステリオを撃破し、フェリシアを助け出すが、その直後にインヘリターの襲撃を受けたことで『スパイダーバース』の事件に巻き込まれる。

ポータルから転移してきたスペリオル・スパイダーマンによって助けられ、スパイダー軍団に合流したザ・スパイダーマンは、その佇まいから「タートルネック」「(ハンフリー)ボガート」などのニックネームで呼ばれ、さすがに禁酒法時代を生き抜いただけあって他のスパイダーマンやピーターを上回るタフな態度には一目置かれているものの、生来の善性を見抜かれたせいかスーペリア・スパイダーマンの選ぶ暗殺部隊の候補からは外されてしまう。

ザ・スパイダーマンはシックスアーム・スパイダーマンと共に援軍を求めてポータルを開くが、その世界が「蜘蛛に噛まれたピーター・パーカーが昏睡状態のままの世界」だと知って勧誘を断念。逆にシックスアーム・スパイダーマンと協力してピーターを治療し、マンスパイダー状態となって暴れだしたピーターを落ち着かせて薬を投与、ピーターをインヘリターの標的から外すことでパーカー家にハッピーエンドをもたらすことに成功する。(この世界では入院中のピーターを見舞っていたおかげで家を留守にしており、ベンは強盗に遭遇していない)

その後は他平行世界に取り残されたスパイダーウーマンを救おうとするシルクに協力し、次元を跳躍。シルク、スパイダーウーマンと共にインヘリターズを迎え撃つが、重傷を負って元の世界へと戻され、フェリシアのクラブに匿われたことで激戦より生還した。

数多くのスパイダーマンが命を落とした中で生き延びたことは特筆に値し、続編にあたる『スパイダーゲドン』においては主要スパイダーマンの一人としての活躍が予感されている。


アニメやゲーム作品での活躍

アニメ『アベンジャーズ・アッセンブル』では、「プラネット・ドゥーム」でDrドゥームによって歴史改変された世界のスパイダーマン「スリンガー」として登場。最後のヒーローチーム・ディフェンダーズの一員としてブルズアイ(ホークアイ)、スナップ(ファルコン)らと共に、ドゥームへ抵抗を続けていた。予言された救世主であるソーが出現すると彼に協力し、ドゥームを撃破したことで、本来の存在であるスパイダーマンに戻る事ができた。こちらの彼はウェブではなく両腕に装着したワイヤーガン、背中に装着したスパイダーレッグ、手榴弾、二丁拳銃などを用いるが、スパイダーセンスは保有している。

アニメ『アルティメット・スパイダーマン ウェブ・ウォーリアーズ』では、「異次元のスパイダーマン」でモノクロ世界のスパイダーマンとして登場。スパイダーマンの血を求めて異次元へ跳んだグリーンゴブリンを止めるため、それを追いかけてきたアルティメット・スパイダーマンと共闘する。その後は第4シーズンでも再び共闘し、シージ・ペルリスの力を開放したことで世界に色を取り戻した。こちらの声優はマイロ・ヴィンティミリア。吹き替えは古賀明。

アニメ『スパイダーバース』ではスパイダーマン、アルティメット・スパイダーマン、スパイダーグウェンと共に主要四人のスパイダーマンとして登場。こちらで声を演じるのはニコラス・ケイジであり、日本語版吹き替えが行われるならば大塚明夫氏になるのではないかと期待されている。

ゲーム『スパイダーマン:シャッタード・ディメンション』にも登場し、こちらでも平行世界を飛び回って他のスパイダーマンと共に「秩序と混沌のタブレット」の力を得たヴィランたちと対決することになる。性能面では他のスパイダーマンと比較して、ステルス能力と不意打ちによるノックダウン能力が優れているというもの。
この時の声優は94年版カートゥーンでもピーター・パーカーを演じた、クリストファー・ダニエル・バーンズ。

またゲーム『マーベル・スパイダーマン』では、ノワール・コスチュームとして衣装だけが登場。アンロックすることで解放される特殊能力「サウンド・オブ・サイレンス」は、発動と同時に一定時間画面がモノクロに変化し、同時に敵の増援を遮断するという効果をもたらす。拳銃はホルスターに携帯しているが、残念ながら発砲することはできない。本作のコスチュームはゲーム全編に適用されるため、メインストーリーはもちろん、ムービーやロード画面、フォトモードなどで思う存分スパイダーマン・ノワールを活躍させることができる。


関係者

ノワールユニバースの特徴として暗く陰鬱な空気の中で犯罪と戦うこともあって、敵対するヴィランもフリークスであるザ・ゴブリン、人喰い男ザ・ヴァルチャー、顔面奇形のザ・カメレオン、猛獣使いのザ・クレイブン、ナチスの医者で身体障害を持つ人種差別的優生学者のザ・オクトパス、ギャングのボスであるザ・クライムマスター、用心棒ザ・サンドマン、秘境の奥地で催眠術を身につけた奇術師ザ・ミステリオなど、やはりノワールユニバース独特のものばかり。

クラブを経営する美女のフェリシアとは複雑な関係ながら、恋人として互いに思慕の念を抱いているも、彼女の昔の恋人であるユーリックを死なせてしまったこと、そしてザ・スパイダーマンの活動に協力させたことで彼女の顔に無残な傷跡を刻ませてしまったことから、ピーターは後悔の念に苛まれている。フェリシアも顔を怪我した当初はザ・スパイダーマンを遠ざけるような描写があったが、6年後の1939年には変わらずピーターを思っている姿が描かれた。

またメイとは普段は仲が良いものの、彼女は夫を犯罪で亡くしたことから拳銃で悪に立ち向かい殺害も辞さない自警団員ザ・スパイダーマンに対しては批判的で、自分を襲ったヴァルチャーをスパイダーマンが射殺した際には「スパイダーマンとしての力があれば拳銃がなくとも犯罪を阻止できるはずだ」と彼に人殺しをしないヒーローになるよう訴えている。

さらにMJとは彼女がスペイン内戦へ義勇軍として参加して以降は壁を感じるようになってしまうなど、私生活でも過酷な境遇にある。

メインユニバースでは恋人関係に近い状態にあった女性刑事ジーン・デウォルフはノワールユニバースでは男性であるものの、協力関係を構築して共に事件解決にあたっている。


関連タグ

MARVEL スパイダーマン 黒化

pixivに投稿された作品 pixivで「スパイダーマン・ノワール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3005

コメント