ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ピーター・B・パーカー

ぴーたーびーぱーかー

ピーター・B・パーカーとは、アニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』に登場するスパイダーマン。
目次 [非表示]

CV:宮野真守(日本語吹き替え)ジェイク・ジョンソン(原語版)


概要

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』で登場した別世界のスパイダーマンの1人。

マイルス・モラレスがいる世界のピーター・パーカーと違ってミドルネームがあり、年齢が40代の中年である。ミドルネームの「B」はおそらく原作の設定の「ベンジャミン」であると思われる。


2023年公開の続編映画『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』にも再登場し、本編のその後が描かれている(参照)。


人物像

元いた世界では本家のピーターと同じくヒーローとして活躍していたが、20年以上ヒーロー活動に打ち込み過ぎたせいで子供も作らず、妻のMJとも離婚してしまい、更には投資に失敗して人生転落してしまった。メイおばさんも既に他界している。

現在はかつての面影はほとんど残っておらず、腹もすっかり突き出ている等、

ある意味、民衆が憧れて目指した『ヒーロー』のなれの果てとも言える人物になってしまっている。それでも、現在もしっかりニューヨークの街を救っている。


一人称も他のスパイダーマンの媒体でピーターは「僕」と翻訳されることが多いのに対しピーター・B・パーカーは「俺」となっている(マイルスの世界のピーターは26歳ということもあってか従来通り「僕」となっている)。


作中での活躍

次元転移でマイルスと偶然出会い、彼からスパイダーマンとしての指南を乞われ、嫌々ながらそれを了承し、奇妙な師弟関係が出来上がる。

上記の経緯から当初はやさぐれた皮肉屋として振舞っていたが、戦いの中徐々にかつての戦士としての気力を取り戻し、自らを犠牲にしてでも他のスパイダーマン達を元の世界に戻そうと尽力する。 また、長年スパイダーマンとして活躍しただけあってかなり強い。他のスパイダーマンと比べると一番のベテランであり、ブランクを感じさせない程の高い戦闘能力を見せている。ピーター・B・パーカーは決める時はしっかり決める強いスパイダーマンである。


関連動画

紹介動画


余談

とあるシーンでアース616と世界が繋がっているシーンがあり、彼が「アース-616の出身=正史のスパイダーマン」であるという説が一部で拡散されたが、彼はアース616Bの出身なので誤解をしないように注意。


『スパイダーバース』の後にマルチバースに焦点を当てたMCUの実写映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、日本国内のCMナレーションに当記事のピーター・パーカーの吹き替えを務めた宮野真守氏が起用されたことから、彼も『ノー・ウェイ・ホーム』に登場するのでは?と一部ファンからは期待されていた。


関連イラスト

無題

ピーター・B・パーカー


関連タグ

スパイダーマン:スパイダーバース スパイダーマン

ピーター・パーカー マイルス・モラレス スパイダーグウェン スパイダーマン・ノワール ペニー・パーカー スパイダーハム メリー・ジェーン・ワトソン

アラフォー ベテラン おじピ


小森ユウ…同じく世間の荒波に揉まれて心が折れたスパイダーマンであるが、大切な人を失っただけでなく、守るべき民衆の醜い本性や無理難題、その裏で犠牲となる被害者を目の当たりにした事でヒーローとしての正義感を見失うなど、Bパーカー以上に不幸なスパイダーマンと言える。


ピーター2…同じく次元転移された中年のスパイダーマン。腰をやっているなどBパーカーと似ている部分もあるが、こちらは歳を取ってもかつての面影を残しつつ、別世界の年下の自分達を慰めたり褒めたりするなど、貫禄のある優しい先輩感を持ったベテランのスパイダーマンと言える。


ウルトラマンゼロ…中の人が同じヒーロー繋がり。

































※以下、『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』におけるネタバレ
































前作のエンディングで復縁したMJとの間に生まれたメイデイを連れて再登場しており、スパイダー・ソサエティの一員となっていた。

再会したマイルスとはすっかり師弟関係が板に付いており、使命に目を光らせるミゲル・オハラとまだ幼さが残るマイルスとの間に入り潤滑油の役目を果たしていたが、それから程なくカノンイベントを巡ってミゲルがマイルスを敵と見なした際には不本意ながらもミゲルの側についてマイルスを説得しようとしていた(マイルスがカノンイベントに否定的だったのに対し、Bパーカーを含めた多くのスパイダーマン達がカノンイベントを半ば肯定していたため)。


その後、説得もむなしくマイルスが別の世界へと逃走してしまい、挙げ句に「マイルスに情けをかけた」という理由でミゲルからは愛想を尽かされたが、当のBパーカーもミゲルの強権的な姿勢について行けなくなったようであり、エピローグではスパイダー・ソサエティを脱退したグウェンが独自に結成したチームに加わっていた。

関連記事

親記事

スパイダーマン:スパイダーバース すぱいだーまんすぱいだーばーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 460295

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました