2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要

スパイダーマン』で有名な名言の1つ。
原文では「With great power comes great responsibility.」

初期コミックの最後のコマの物語のキャプションに登場するのが初出。以後のシリーズではスパイダーマンことピーター・パーカーの叔父ベン・パーカーが残した言葉になっている、ピーターにとっては、ヒーローとして人々を守っていくための原動力となっている。

アベンジャーズVSX-MENでは、X-MEN側のキーキャラクターであるホープにこのフレーズを交えて語ったところ「私もクモのコスチューム着たほうがいい?」とまで称賛された。
この言葉はヒーローの心構えを表した言葉として語り継がれているが、この言葉は時としてヒーローだけでなく、ヒーローのようなスーパーパワーを持たない守られる側の我々にも向けた言葉として解釈される、「彼等は凄い力を持っているが、それ相応の責任を持った行動をしなければならないのだ(だから気持ちはわかるが自己中心的な欲求や批判を彼等に押し付けるな)」ということである。

事実、池上遼一版では当のスパイダーマンが大いなる力とそれに伴うプレッシャーに押しつぶされ、無責任で身勝手な民衆の悪意に辟易とした結果、ヒーローを辞退しているからである。故に「誰もが皆ヒーローになれる」のであり、「誰もが皆悪役」となる素養を秘めているのだ。

「大いなる責任」は数々の『スパイダーマン』シリーズで犠牲となるスパイディの関係者という意味合いとしても使われている。


















以下、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレあり


















MCU版スパイダーマン映画では、第3作『ノー・ウェイ・ホーム』にて登場した。
発言したのはベンではなく、叔母のメイ・パーカー

マルチバースから来たグリーンゴブリンを「治療」し、元のノーマン・オズボーンに戻してあげようとしたピーターだったが、あと一歩というところでゴブリンの意識がノーマンを支配してしまい、ピーターはメイともどもゴブリンの攻撃を受ける。
ドクター・ストレンジの言うとおり彼らを(たとえ、元の世界に戻ったらスパイダーマンに倒され、死ぬ運命にあったとしても)すぐに元の世界に戻すべきだったと後悔するピーターに対し、「大いなる力には、大いなる責任を伴う」という言葉とともに、ピーターの選択は間違っていなかったと強く説く。
一時はその言葉を苦々しい顔で受け止めたピーターだったが、ゴブリンの攻撃によってメイの命は尽きかけており、狼狽するピーターの前でその人生を終えたのだった。
現場に駆け付けたダメージコントロール局の襲撃もあり、ピーターはメイを十分に弔う暇もなく、その場を離れざるを得なかった……

その後、ミッドタウン高校の屋上で悲しみに暮れるピーターのもとに、MJネッド・リーズ、そしてマルチバースから現れた二人のピーター・パーカー(演:トビー・マグワイア&アンドリュー・ガーフィールドが現れる。
やけっぱちになり、二人のピーターを拒絶しようとするピーターが、「大いなる力には――」と言いかけると、二人のピーターは「大いなる責任が伴う」と継いだ。
その言葉と、二人がその言葉を肉親から教えられたこと、その肉親を失ったことを知ったピーターは、この世界で初めて、心から共感しあえる存在に出会えたのだった。


MCUにおけるメイは、他の作品におけるベンと同じく、ピーター・パーカーのロールモデル(見本であり手本)であると、MJ役のゼンデイヤは評している。

関連タグ

スパイダーマン

関連記事

親記事

スパイダーマン すぱいだーまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61146

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました