ピクシブ百科事典

ソードビッカー

あいてはしぬ

東映版『スパイダーマン』に登場する巨大ロボット「レオパルドン」の必殺武器。ただし、初っ端から使って相手を瞬殺する。
目次[非表示]

概要

東映版『スパイダーマン』に登場し、スパイダーマンが搭乗する巨大ロボットレオパルドン」が初っ端から放つ一撃必殺の超強力武器。レオパルドンの脚部に格納されており、これを投げナイフのように相手に投げて一撃で敵を倒す。一応、ナイフではなく剣なのだが、切りつけたりなどの剣らしい使い方をしたことはない。
投げつける際の演出は1~9話、10・11話、劇場版及び13話以降と変更されている。

本編では刀身があまり長くないが、超合金は長剣となっている。

ラスボスであるモンスター教授ですら瞬殺したほどの威力を誇るが、本家マーベルコミックでのクロスオーバー『スパイダーバース』に出演した際は、ソードビッカーを出す前にレオパルドンの腕が敵にもがれたため、不発に終わっている。
ただし発動前に技が潰されただけで攻撃そのものが防がれたわけではない。

なぜ一撃必殺か

高下駄を履いている着ぐるみの内部構造ゆえに敵の怪人と身長が釣りあわず、また激しい動きもできなかった。また着ぐるみの補修部品の紛失(盗難説もあり)といったトラブルにより、敵の怪人と格闘戦をする機会をできる限り減らさざるを得なかったために一撃必殺の武器となってしまった。この収録トラブルによる教訓は、後の特撮物に生かされている。

詳しくは⇒レオパルドン(スパイダーマン)の項目にて

のはずだったが…

後のスパイダーバースおよびスパイダーゲドンへの客演に際して瞬殺の理由が後付けされるが、
なんとコズミックパワーをチャージしており、名前を叫び投げてしまえば因果を超えて悪を滅ぼすというとんでもないインフレを起こすことになる。
コズミックパワーとはマーベルユニバースに登場するエネルギー…というより概念そのものであり、宇宙を構成し通常の物理法則すら無視出来る純粋な「パワー」そのものである。
そんなものを扱うレオパルドンを建造したスパイダー星を滅ぼしたモンスター教授、実はとても恐ろしいのでは?(※1)
一方、一度ソードビッカーを発動するとチャージタイムが必要になるという弱点も判明した。

※1コズミックパワーの起源は大きく分けて二つある。宇宙魔神ギャラクタスヘラルド達の力からの形成や奪取、若しくは宇宙意思エニグマからその宇宙で最も優れた戦士への付与である。正史世界本家(アース-616)のスパイダーマン(ピーター・パーカー)はエニグマ系統、つまり本家ピーターは宇宙からマーベル界で最も優れた戦士として過去に認められたのであるが、もし、スパイダー星がエニグマにその宇宙内では最強だと認められていたなら、同宇宙内のモンスター教授に倒された事に矛盾が出来る。ギャラクタス達から奪い取ったのであれば星くらい元に戻せる為これも有り得ない。だが、コズミックパワーは時に事故により、生物、非生物問わずあらゆる物体に宿る可能性もコミックで言及されている。つまり、今のところスパイダー星が滅んだ後に事故でソードビッガー限定でコズミックパワーが宿ったという見方が妥当であろう。つまりモンスター教授にコズミックパワーに比肩する力などない可能性の方が高い。そもそもコズミックパワーを扱える技術力を持つ星を滅ぼせるのにレオパルドンに負ける事がおかしいのだから。


関連タグ

ロボット 特撮
レオパルドン

相手は死ぬ

関連記事

親記事

レオパルドン(スパイダーマン) とくさつしじょうさいきょうびょうさつろぼ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソードビッカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14101

コメント