ピクシブ百科事典

蜘蛛子

くもこ

蜘蛛子とは、『蜘蛛ですが、なにか?』の登場人物。同作の主人公である。
目次[非表示]

CV:上坂すみれ(ラジオドラマ) / 悠木碧(アニメ化企画PV)

人物

元は地球で暮らす「若葉姫色」という女子高生だったのだが、勇者魔王が争い続ける世界から放たれた壮絶な魔法が世界を超えて彼女らがいた教室で爆発してしまったために死亡し、その救済措置として、蜘蛛の魔物「スモールレッサータラテクト」に転生させられることが同作の始まりである。

「スモールレッサータラテクト」は蜘蛛系モンスターの中でも底辺に属する種族であるため、戦闘能力は極めて低い。
転生者でありながらも「出生時に持っているスキルポイントが極端に低い」、「転生前の名前が鑑定で表示されない」などの他の転生者とは違う特徴が何故かある。

転生前は、学校には居場所がなく、親とは顔すら合わせない…学校以外はネットとゲームだけの底辺女子高生であった(ただしネットゲーム内では有名人)。そのため、蜘蛛の生態に向いているといえ、またゲームの知識と元人間の脳みそで極めて低い戦闘能力もカバーできるため、絶体絶命のピンチも間一髪で避けられる。

レベルアップにより、進化していき、書籍版3巻終了時点では「スモールタラテクト」、「スモールポイズンタラテクト」「ゾアエレ」を経て、「エデ・サイネ」まで種族と戦闘能力を発展させている。
当初は元人間のプライドとして人間との交戦及び捕食には抵抗があったが、元から「敵対者は徹底的に叩きのめす」主義であり、物語中盤ともなると抵抗はほぼ消え去った(ただしそれ以降でも敵対さえしなければ人間に対し親切な事もある)。

(結果的とはいえ)魔物・人間を問わずに殺戮を繰り返した事から、後の時代には「迷宮の悪夢」という厨二臭い名前ができる。

デザイン

小説版、漫画版の2つがあり、顔つき身体の色が異なる。小説版は白地がかったピンク色。
漫画版はピンク色そのものとなる。また腹周りが小説版より少し大きい。

原案を担当する輝竜二が描くおまけマンガでは漫画版、小説版の二匹の蜘蛛子が登場し冒険している。

関連項目

蜘蛛ですが、なにか?



























これより下は物語の重大なネタバレを含んでいるため、閲覧は自己責任でお願いします。

以後も着々と進化を続けるがポティマスの得ていた質量兵器を体内に吸収する事で、神へと至る。
だが、それが影響して原作版と異なり、色々な能力の使えないポンコツとなってしまった。
















実は、蜘蛛子の前世が若葉姫色と言うのはミスリードである。 

物語の事の発端となった壮絶な魔法も流れ弾などではなく、地球で女子高生生活を満喫していた本物の若葉姫色こと邪神Dを抹殺しようとした先代の勇者と魔王が協力して放ったものである。しかしDは無傷であり、巻き添えで死亡した先生・生徒に対し(面白半分でもあるが)責任を取る代わりに異世界に転生させた。
更に自分の死を偽装するために、一緒に巻き込まれた蜘蛛(先生が教室で飼っていた)に対し姫色としての人格や記憶を植え付け、同様に転生させた(ただし件の勇者と魔王は攻撃の反動で消滅しており、偽装相手は自分を働かせようとする部下に対してだったりする)。

それが「蜘蛛子」である。つまり「蜘蛛に転生した女子高生」ではなく、「蜘蛛(魔物)に転生した女子高生と思い込まされた蜘蛛(虫)」だったということであり、スキルポイントが低かったのは前世が(魔物でさえない)唯の蜘蛛だったのが原因であり、前世の名前を鑑定できなかったのも前世で名前(個人名)が無かったからである。

運命に抗い続けた結果、現魔王に狙われるは、この世界の神(ただしDより2ランクは下)である「黒」に目を付けられるなどしたものの、どんどんレベルアップを重ね(ただし黒と同ランク=Dには勝てない) へと至った。

命を狙っていた現魔王も蜘蛛子相手に勝ち目がない事を悟り、更には蜘蛛子による精神攻撃で蜘蛛子の意識と同化してしまい蜘蛛子に同情という感情を見せるようになったため、同盟を結ぶ事にした(表向きは魔王軍の軍団長になっている)。

以後は「白織」あるいは(黒と対比する形で)「白」と呼ばれる。

pixivに投稿された作品 pixivで「蜘蛛子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100500

コメント