ピクシブ百科事典

エージェント・ヴェノム

えーじぇんとゔぇのむ

アメリカンコミックに登場するヒーローの一人。4代目のヴェノムである。
目次[非表示]

人物像

本名はユージン・トンプソンで、通称フラッシュ。
フラッシュは、スパイダーマンの物語のかなり初期から登場していた息の長いキャラクターでもある。
ピーター・パーカーとは高校時代の同級生に当たり、彼を何かといじめていたが、後に和解して親友の間柄となった。恋人のリズと共にピーターの叔母であるメイの見舞いにきた事からもわかるとおり、根は善良な、いわゆるジャイアンタイプのガキ大将であった。
ピーターがスパイダーマンであるという事実は知らなかったが、スパイダーマンの大ファンであり、ファンクラブを結成した事もある程。また、当時はフットボールのスタープレイヤーでもあった。

経歴

高校卒業後、彼は大学時代に軍にスカウトされて入隊し、ベトナム戦争に従軍。戦後は体育教師を務めていたが、イラク戦争が始まった事で再び軍に戻る。しかし、イラク戦争に参加した際、仲間を救う為に行動した結果、両足を失う事になった。
イラク戦争後、その活躍をアメリカ政府に認められて、政府の管理下にあったヴェノムのシンビオートの適合者に選ばれ、以降は「エージェント・ヴェノム」として活動している。

カーネイジが、戦争の起こっているマイクロバースで暴れた際には、スカーレット・スパイダーと協力し合って、撃退に成功しているが、スカーレット・スパイダーがカーネイジの宿主であるキャサディをロボトミー状態に追い込んでしまった結果、かえって手が付けられない状況に陥ってしまっている。

能力

ヴェノムのシンビオートの力によって、失った両足が補われており、再び歩行が可能になっている。
以前のヴェノムと同様、スパイダーマンの能力を全て使える他、軍隊仕込みの格闘術と火器類の扱いに長ける。
また、触手を伸ばす事ができ、これで直接相手を掴んだり、銃を持って一人で弾幕を張ったりも出来る。
しかし、ヴェノムのシンビオートが、宿主を凶暴化させる危険性から、シンビオートとの融合の固定化は認められておらず、1度の融合につき、48時間の制限時間が原則となっている。
もしもコントロールを失うことがあれば、軍が"キルスイッチ”を押し、フラッシュが命を落とすよう仕向けられている。
シンビオートを軍事利用する事については、キャプテン・アメリカから否定的態度をとられていたが、フラッシュは自身の行動によって彼から信頼を得ている。

アルティメット・スパイダーマン

シーズン3で登場。
原作では軍人で足を失っていたのだが、今作では学生であり足も失っていない。
アメフトのアーマーを付けたまま変身したため体型は鎧のようになっている。また、初戦の相手であったビートルの武装を剥ぎとって吸収し、より原作に近い見た目になる。
フラッシュはスパイダーマンに憧れてヒーローを目指すあまり、ヴェノム化したスコーピオンに無謀に挑みかかるが、スパイダーマンに厳しく注意され、ヒーローの道を諦めかける。
そんなフラッシュにシンビオートが取り付いてしまい、彼もヴェノム化してしまう。
だが、フラッシュはこれで自分もヒーローになれると喜び、危険性を全く認識しない。
そのためヴェノム化して暴れる危険を恐れたスパイダーマンと一時は戦闘状態に陥るが、シンビオートと完全な共生状態を築いたフラッシュは暴走を抑えこみ、SHIELDにスカウトされエージェント・ヴェノムとなり、晴れて憧れのヒーローになった。
ちなみに、フラッシュは当初スカーレット・スパイダーを名乗っており、外見もほぼ同じだった。

関連イラスト

Venom

pixivに投稿された作品 pixivで「エージェント・ヴェノム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58332

コメント