ピクシブ百科事典

キングピン

きんぐぴん

ボウリングの5番ピンの事。またはそれを由来とするキャラクターを表す。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ボウリングで正三角形に並んだピンの中心に位置する5番ピンの事。転じて「中心人物」という意味でも使われる。
  2. 1.を由来としたMARVEL作品に登場するヴィラン

MARVELのキングピンの概要

1967年の『スパイダーマン・ノー・モア!』で初登場。
本名はウィルソン・フィスク
ニューヨークの暗黒街を牛耳る裏社会の帝王であり、スパイダーマンデアデビルの宿敵。
小さい頃はいじめられっ子の肥満児だったが身体を鍛えて逆襲、いじめっ子達を支配下に置いてギャング団を結成、そのまま暗黒街を駆け上がってマフィアのボスにまで上り詰めた。

スキンヘッドの白人男性で肥満体に見えるが、実は全身筋肉の塊であり、相撲の達人。
超能力などは一切持たない普通の人間だが、数カ国を手玉にとれる莫大な財力、巨大な組織を運営する明晰な頭脳、そして体脂肪率2パーセント(自称)の規格外の超巨体による人類最高レベルの筋力と耐久力を備えており、他社のコウモリ男をそのまま悪人にしたような最強の人類である。

他メディア展開

アーケードゲーム版パニッシャー

最終ボスとして登場。
原作通りの、あるいは原作以上の超巨体で描かれておりラスボスに相応しい戦闘力を誇るが、そんなキングピンを担ぎ上げたまま跳躍できるプレイヤーキャラ達も大概である。
本作の主人公であるパニッシャーことフランク・キャッスルが家族を失う原因となったギャング同士の抗争の元凶として、間接的ながら家族の仇的な扱いとなっている。
しかし、パニッシャーはキングピン抹殺後も生き方を変えるつもりはないようだ。
大きく描きすぎてMARVEL側から怒られたという噂があるが、後の他メディアでもメチャクチャな大きさで描かれることがある。

実写映画版デアデビル

原作と違って黒人男性である。
演者のマイケル・クラーク・ダンカンは後にグリーンランタンの実写映画でキロウォグの声を演じている。

Netflix版デアデビル

原作通りに白人として登場。
演じているのは微笑みデブ役で有名なヴィンセント・ドノフリオ。

スパイダーマン:スパイダーバース

メインヴィランとして登場。
初登場時にスパイダーマンことピーター・パーカーを殺害していた。

関連動画

Spiderman Vs The Kingpin



スパイダーマン:スパイダーバース



関連タグ

MARVEL スパイダーマン デアデビル
スパイダーマン:スパイダーバース

関連記事

親記事

MARVEL まーべる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キングピン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23051

コメント