2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ボウリングで正三角形に並んだピンの中心に位置する5番ピンの事。転じて「中心人物」という意味でも使われる。
  2. 1.を由来としたMARVEL作品に登場するヴィラン

MARVELのキングピンの概要

1967年の『スパイダーマン・ノー・モア!』で初登場。
本名はウィルソン・フィスク
ニューヨークの暗黒街を牛耳る裏社会の帝王であり、スパイダーマンデアデビルの宿敵。
小さい頃はいじめられっ子の肥満児だったが身体を鍛えて逆襲、いじめっ子達を支配下に置いてギャング団を結成、そのまま暗黒街を駆け上がってマフィアのボスにまで上り詰めた。

スキンヘッドの白人男性で肥満体に見えるが、実は全身筋肉の塊であり相撲の達人。
超能力などは一切持たない普通の人間だが、数カ国を手玉にとれる莫大な財力・巨大な組織を運営する明晰な頭脳、そして体脂肪率2パーセント(自称)の規格外の超巨体による人類最高レベルの筋力と耐久力を備えており、他社のコウモリ男をそのまま悪人にしたような最強の人類である。
(ちなみに、そのコウモリ男とはスパイダーマンとのクロスオーバー作品で共演した事がある。下記参照)

マフィアのボスである事が明らかになるまでは、実業家として有名で、しかも品行方正な人物で知られていた。自身も「犯罪組織の長であるならば、表の顔では一切犯罪を犯してはならない」という思想を持ち、それを実行していた様子。
実業家として会社を興し、その社長として会社経営している表の顔を持つ。その会社の一つに香辛料を扱うものがあり、日本にも支社がある。

組織力・経済力は言うまでもないが、その知力や腕力も強力な武器。
手練手管の罠を仕掛けて敵対者を陥れる他、数々の仕掛けをアジトに仕掛けて防御している。個人戦闘においても、ガス発射ネクタイピンや、ケブラー製の防弾チョッキを着こみ、ビームを発射するステッキなどで武装している他、上記にある通り相撲など格闘技の達人でもあるため素手での戦闘力も高い。
自宅のトレーニングルームでは真剣を持った忍者やサムライ数名に切りかからせ、彼らを素手で全員叩きのめす……という訓練を毎回行っている。
スパイダーマンも、何度も素手で叩きのめされている

スパイダーマン、デアデビル、パニッシャー、ゴーストライダーなど、クライムファイター系のヒーローたちの前には、ヴィランとして毎回のように立ちふさがる。そのギャングとしての手腕はヒーロー側も一目置くほどであり、一時期行方をくらました時には、ニューヨークの暗黒街の秩序がなくなり、ギャングたちが互いに全面戦争を行ったほど。ヒーローたちですらこの抗争は止められなかったが、キングピンが再び姿を現した事で、すぐに収束してしまった。

暗黒街で恐れられ敵にとっては残忍冷酷な存在だが、家族に対しては心の底から愛情を有しており、特に妻ヴァネッサ・フィスクの事は深く愛している
ヴァネッサもまたキングピンの事を愛しているが、ギャングを続けてほしくないと考えていた。そのため妻の願いを聞き入れたキングピンは、ギャングを引退し日本に移住しようとしたことがあった(上記の、自身の表のビジネスで経営しているスパイス会社の、日本支部に移ろうとしていた)。
だがこれを聞いた敵対組織がヴァネッサを誘拐し、この時のショックで彼女は精神を病んでしまった。そのため、キングピンは再び組織に返り咲き敵対組織を粛正するという結果に。
ヴァネッサを治療するため高名な精神科医に診察させたが、その際には『自分と同じ苦しみを感じさせ、確実に治療させる』ために精神科医の妻を誘拐し軟禁していた。

ヴァネッサとの間には息子のリチャードをもうけており、リチャードもまたキングピンの事を父親として尊敬していた。
しかし自身の父親が暗黒街の顔役である事を知り絶望。自身の死を偽って行方をくらまし、犯罪王スキーマーとしてキングピンに敵対するヴィランとなる
後に正体がバレるもキングピンとは敵対し、同時に家族として更生を望むという奇妙な親子関係が続く事になる。

のちに、ヴァネッサと死別したり、ニューヨークの自身の組織と影響力を失い、サンフランシスコに新たな犯罪組織を作ろうとしたりと、様々な困難の道を歩む事に。


ゲーム

アーケードゲーム版パニッシャー

最終ボスとして登場。
原作通りの、あるいは原作以上の超巨体で描かれておりラスボスに相応しい戦闘力を誇るが、そんなキングピンを担ぎ上げたまま跳躍できるプレイヤーキャラ達も大概である。
本作の主人公であるパニッシャーことフランク・キャッスルが家族を失う原因となったギャング同士の抗争の元凶として、間接的ながら家族の仇的な扱いとなっている。
しかし、パニッシャーはキングピン抹殺後も生き方を変えるつもりはないようだ。
大きく描きすぎてMARVEL側から怒られたという噂があるが、後の他メディアでもメチャクチャな大きさで描かれることがある。
なお、エンディングでは根城としていたキングビルの崩壊に巻き込まれはしたものの
「警察の必死の捜索にも拘わらずキングピンの死体は確認できなかった」と報じられている。

アニメ

スパイダーマン:スパイダーバース

メインヴィランとして登場。
演じたのは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でセイバートゥースを演じたリーヴ・シュレイバー、日本語吹替は玄田哲章

設定はコミックとそう変わらない。
妻子を失っており、二人を取り戻すため、オリヴィア・オクタビアスと共謀し、異次元とつながる加速器を開発しようとしていた。
それを妨害しようとしたピーター・パーカー / スパイダーマンを殺害。それがマイルス・モラレスが新たなスパイダーマンとなり、また異次元のスパイダーマンたちを呼び寄せるきっかけとなった。

実写作品

実写映画版デアデビル

原作と違って黒人男性である。
演者のマイケル・クラーク・ダンカンは後にグリーンランタンの実写映画でキロウォグの声を演じている。

実写ドラマ「超人ハルク」

77年から製作・TV放送された実写ドラマ「超人ハルク」。その続編である89年の二時間SPドラマには、デアデビルとともにキングピンが登場している。
日本でも「超人ハルク'90」(日本コロムビア版VHS)、または「超人ハルク 敵か?味方か?テアデビル」(JVD版DVD)のタイトルで、VHS及びDVDが発売された。
キングピン=ウィルソン・フィクス役はジョン・リス=デイヴィス。本ドラマはドラマ版ハルクの続編であるとともに、デアデビルの実写ドラマ版のパイロットでもあった(実際には人気が出ず、この時点でのドラマ化は没に)。
やはりギャングのボスとして、デアデビルとハルクの前に立ちはだかる。デアデビルを罠にかけた際には、とある部屋に誘い込み、そこで大音響をスピーカーから流し、手下たちに襲わせていた。デアデビルはそこから、ピンチに陥る。
ラストでデアデビルにビルの屋上へ追い詰められるも、待機させていた特殊な飛行機に乗って逃走する。

MCU

Netflixデアデビルに、原作通りに白人として登場。
演じているのは微笑みデブ役で有名なヴィンセント・ドノフリオ。
日本語吹替は乃村健次

ニューヨークのヘルズキッチンを掌握する実業家。
マフィアのボスでありながら高層マンションの自宅で自ら朝食を作り、部下に対してもねぎらいの言葉をかけるなど、冷酷一辺倒ではない。
恋人のヴァネッサに対しても誠実であり、彼女に対して嘘をつかないことを誓っている。
しかし怒りに任せて行動する凶暴な面もあり、ヴァネッサとの逢瀬を邪魔したロシアンマフィアの一員を殴り殺して首を切り落としたこともある。
デアデビルに対しても一目置いており、決して軽んじてはいない。
シーズン1の最後で逮捕され、シーズン2では刑務所にて収監されていた。しかし大半を没収されてもまだ余りある資産とそのカリスマにより多大な影響を発揮している。
シーズン3ではセーフハウスでの生活を条件に出所。やはりボスとしての影響力は健在。



























そして…



























2021年冬にディズニープラスにて配信されたドラマ『ホークアイ』にて、Netflixマーベルドラマ勢の中から初めて、MCU本流作品への登場を果たす。
演者は引き続きドノフリオ、日本語吹替は玄田哲章となった。

主人公の一人であるケイト・ビショップの亡父に資金援助した過去から母エレノアと協力関係(という名の、一方的な支配)を持っており、彼女を脅したアーマンド3世を殺させたり、真実を探ろうとしているクリント・バートン / ホークアイに対してエレノア経由でエレーナ・ベロワに暗殺依頼をした。
トラックスーツ・マフィア(ジャージ・マフィア)という子飼いのチンピラ集団もおり、そのリーダーであるマヤ・ロペス / エコーとは、自分の部下でもあった彼女の父が健在の頃からとの知り合い。
マヤの父はローニン時代のクリントに、トラックスーツ・マフィアの一員として殺されている(そのため、マヤはローニンを恨んでいる)が、クリントにトラックスーツ・マフィアの情報を流したのは、ボスであるキングピン本人であった。
だがキングピンはそのことを隠し、マヤを父親代わりとして育てた。
百戦錬磨のクリントをして、「手を出してはいけない男」と評価されている。

最終回にて、エレノアとの関係があると、ケイトとクリントに知られる。
同時にエレノアが自身との決別を申し出たため、トラックスーツ・マフィアに命じて彼女を殺させようとする。が、ケイトたちの活躍に阻止され、自らの手でエレノアを殺そうとするもケイトとの格闘戦の末、「特上の危険」の爆弾アローの爆発を至近距離で浴び、撤退を余儀なくされる。
その後、父の死の原因がキングピンであるとクリントから教えられたマヤと遭遇。彼女に「お前を愛している」と告げるも、銃撃される。
その後の生死は不明。

ドノフリオ演じるキングピンの『ホークアイ』出演は、他のNetflixマーベルドラマのキャラクターのMCU本流への合流を期待させる。
また、ドラマでも屈強な不死身っぷりを見せつけたキングピンなので、もしかしたら再登場するかもしれない。

関連動画

Spiderman Vs The Kingpin



スパイダーマン:スパイダーバース



関連イラスト

DEVILS REIGN #1 (OF 6)



関連タグ

MARVEL スパイダーマン デアデビル
スパイダーマン:スパイダーバース

ブラックマライア:女版キングピンと呼べるマーベルのヴィラン。

その他

DCとマーベルの大規模クロスオーバー「アマルガム」では、バットマンの『リドラー』と合体、『ビッグ・クエスチョン』というヴィランになっている。
アーカムタワーを拠点としており、キングピンよろしく暗黒街を支配している。
その姿は、クエスチョンマークを体に描いたキングピンといったものであり、リドラー同様に謎かけのように問いかける事を好む。
キャッツサイ(キャットウーマンとエレクトラの合体)、デア(デアデビルとデスストロークの合体)の、二人の女暗殺者と戦った。

また、バットマンがスパイダーマンと正式にクロスオーバーした作品の二作目では、マーベル側のヴィランとしてキングピンが登場。ヴァネッサの難病を救うために、ラーズ・アル・グールと組み、スパイダーマンと組んだバットマンと対決する。

本人が相撲を心得ているのみならず、自身が経営するスパイス会社の日本支部を持つ他、一時期はヴァネッサと日本に移住する事を考えていた。また、マフィアのボスという立場から、日本の忍者や暗殺者といったヴィランなどとも(協力者のみならず、敵対者も含め)知り合いが多く、日本とは結構縁があったりする。

また、ニューヨークを牛耳るマフィアのボスであり悪漢ではあるが、かの911事件におけるニューヨークの現場を目の当たりにした時には、マグニートーやDrドームなどとともに、死者を悼む様子を見せていた。

関連記事

親記事

MARVEL まーべる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キングピン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キングピン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64628

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました