ピクシブ百科事典

セイバートゥース

せいばーとぅーす

「X-MEN」に登場する人物
目次[非表示]

概要

本名は、ビクター・クリード
ウルヴァリンと同じ超人兵士開発プロジェクトから生まれたミュータント。ルピンの末裔。アダマンチウムで覆われた牙と怪力を武器とし、超回復能力ヒーリングファクターを持つ。ウルヴァリンの過去の一端を知り、ロミュラスから指令を受け彼の人生を狂わせてきた。カナダの小屋でウルヴァリンの恋人、シルバー・フォックスを惨殺して以降、誕生日が訪れる毎に彼の大事な物を奪うという偏執的な趣味を持つ。
かつてテレパス能力をもち重火器の扱いに長けたミュータント・バーディーとコンビを組んで闘争本能の暴走を防いでいたが、グレイドンに殺害されてしまい、精神の不調を来してX-メンに身を寄せたこともあった。宿敵のウルヴァリンとは幾度にも渡って死闘を繰り広げてきたが、ヒーリングファクターを封じる力のあるムラマサブレードで首を斬り落とされ死亡した。

エイジ・オブ・アポカリプス

エクセビア教授がリージョンに殺されX-MENがアポカリプスの野望を阻止できなかった時間軸にも、セイバートゥースは登場している。

が、こちらでは記憶の混乱もなく、事情があって善玉マグニートー達とは距離を置いているウルヴァリンに代わって行動隊長を努める善玉キャラとして描かれている。

実写版

何とウルヴァリンの兄と言う設定になっている。

…が、ウルヴァリンの記憶が無い上、当のセイバートゥースが死亡している事もあり、映画オリジナルとも言い切れない。




更なるネタバレ


・・・その後紆余曲折あって復活し、欲望の赴くままに悪事を働いてきたセイバートゥースであったが、そんな彼をの存在そのものを変化させる大事件が起きてしまった。

オンスロート騒動後を巡るレッドスカルの暗躍にヒーローたちが対応しているうちに、なんとヒーローとウィランの善悪が反転してしまうという珍事が発生してしまう。(マーブルコミックの”アクシス”というシリーズ)

反転したセイバートゥースも善玉として騒動の終止に全力を注ぐのだが、クライマックスで善悪概念を元に戻す呪文が発動した時、反転アイアンマンが展開していたシールドの影響で反転効果が起きず善の心が残ってしまったのである。


予め騒動中に作っておいたビデオレターでヒーローの名誉を護ったセイバートゥースは大人しく罪を受け入れて収監され、嘗ての宿敵に”今まで犯してきた罪の償いをする”という内容の手紙を送ったところでシリーズは終わる。

・・・そしてその後も悪への衝動に駆られることはなく、時には嘗てやらかした相手に抵抗することなく制裁を受け別の人物がとりなすという経験もしながらヒーローとしての活動を継続している。


・・・どうしてこうなった・・・




余談

ランスハンター


カプコンモンスターハンターシリーズに登場するモンスター:ベリオロスから作成できるランスに「セイバートゥース」というものがある(上の画像)。
セイバートゥース(sabertooth)という言葉は「剣のような歯」を意味し、ベリオロスがセイバートゥースキャット(別名:サーベルタイガー)のような歯を持つことに由来した名だが、カプコンはMARVELコラボしたゲームを開発しているため、色々と勘ぐってしまうところではある。

関連タグ

ウルヴァリン シルバー・フォックス グレイドン

pixivに投稿された作品 pixivで「セイバートゥース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109364

コメント