ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

「恵まれし子らの学園」の最初の5人の生徒の内の一人。エグゼビアには及ばないがサイコキネシステレパシー能力を有し、エグゼビアのアシスタント的な役割も果たす。ティーンエイジャーの頃はマーベルガールと名乗っていた。


恋人は同じ最初の生徒のサイクロップスことスコット・サマーズだが、事実上のX-MENの主役キャラであるウルヴァリンとも互いに想い合っていた三角関係であった。


何度も生死を経験しており、その都度実はクローンや偽者だったという後付けが加えられ復活しているが、2003年マグニートーの偽物であるエクゾーンによってとうとう殺されてしまった。


この出来事で夫のサイクロップスは激しく落ち込んだ。

物理的に死んだジーンはフェニックスフォースと一体となり、高次元の存在となった。

また、サイクロップスに「X-MENを存続させないと未来が破滅する」と助言し、チーム残留を決意させた。

さらにエマ・フロストにサイクロップスの事を任せた。

こうした経緯から、サイクロップスはエマと真剣に交際しパートナーとなるが、ジーンに思いを寄せていたウルヴァリンや、友人だったビーストは露骨に嫌悪感を示した。


ジーンの魂はエムクランクリスタルの中のホワイトホットルームと呼ばれる空間に移送され、死亡扱いとなった。

だが、その間も過去の世界から若き日のジーンが連れてこられたり、

ウルヴァリンによって自分の名前を関した学園が造られていたり、

ジーンがかつて宿したフェニックス・フォースが勝手に暴れたりといった事があり、存在感自体はあった。


2017年にフェニックスフォースが地球に飛来し、X-MENと戦った。

その最中にジーンは記憶をなくした状態で復活。後にローガンの手助けで記憶を取り戻し、フェニックスフォースと決別。再びX-MENとなった。


フェニックス編集

ダークフェニックスてつ子の部屋

かつてジーンに宿ったことがある、鳥の形をした超エネルギー生命体。ビッグバンとともに生誕したと言われている。

ジーンが宇宙の放射線を浴びた際に超パワーを受けて復活し、フェニックスを名乗るようになった、というのがストーリー上の初出。

その後、ジーンはフェニックスフォースに取り憑かれ、破壊の限りを尽くすが、最終的に自害する。

後付けで実はフェニックスフォースがジーンに擬態していただけだったと言うこととなり、別人扱いとなった。


宇宙を滅ぼしかねないほどの超パワーを持つが、誰かを宿主と定めて行動を起こすというのが特徴。

暴走する事が多く、ストーリーラインに度々浮上しては大事件を起こす、はた迷惑な存在。

見方を変えれば、ストーリーの転換期に登場する事が多い。


マデリーン・プライアー編集

センシティブな作品

『The Uncanny X-Men #168』(1983年)で「ジーンとそっくりな人物」として登場、スコットと結婚しネイサン(Nathan)という男児を出産したが、ネイサンはミスター・シニスターに奪われてしまった。


マデリーンの正体は、シニスターがジーンの血液サンプルから造り出したクローン体。ジーンの死後フェニックス・パワーの新たな依り代となり、マデリーン・プライアー(Madelyne Pryor)の姓名と共にジーンとスコットに関する断片的な記憶を植え込まれ、スコットと接近するように仕組まれていたことが判明。


アスガルドの力に触れたことで治癒の能力者アノダイン(Anodyne)に変身したり、魔界の力を得たゴブリン・クイーン(Goblin Queen)となったり、ヘルファイヤークラブのブラック・ルークになったり、シスターフッド・オブ・ミュータンツを設立したり、その間何度も死亡しては復活している波乱万丈ぶりで、本家ジーンにも引けを取らない。


実写版編集

  • 初期三部作

演:ファムケ・ヤンセン、吹替:日野由利加 / 勝生真沙子(テレビ版)


コミック同様プロフェッサーXの側近の1人であり、テレキネシスやテレパシー能力で仲間たちをサポートするが、今一つ自分の能力に自信が持てないために、窮地に陥ってしまうこともしばしばだった。

『2』のサイクロップスのセリフからすると、1作目のリバティ島での戦いくらいまでは椅子を動かすのもやっとだったらしいが、その割には発射された弾丸を止めたり、トードの動きを封じたり、ストームの竜巻で持ち上げられたウルヴァリンの体をコントロールしたりはしている。


また、サイクロップスとは恋人同士だったがウルヴァリンからも想いを寄せられており、両者の想いの狭間で揺れ動くことに。また、そのことが2人の間に軋轢を生み出してしまう要因となった。


2作目のラストで仲間たちを逃がすためにダムの決壊に巻き込まれて消息不明となる。

…が、実は水底で生き続けており、3作目『ファイナルディシジョン』で復活。この時、かつてプロフェッサーXによって封印されたもう1つの人格である“フェニックス”が覚醒してしまう。復活後はサイクロップスとプロフェッサーXを相次いで殺害(このうち、プロフェッサーXはラストシーンで生存していたことが判明)、マグニートー率いるミュータント軍と行動を共にする。最終決戦ではマグニートーが戦闘不能になった後もなおテレキネシス能力で周囲の人や物を破壊し続けていたが、最後はウルヴァリンによって止めを刺されて死亡した。


彼女の死はウルヴァリンの心に深い傷を残すことになり、スピンオフ『ウルヴァリン: SAMURAI』では度々彼女の登場する悪夢や彼女の幻にウルヴァリンが苛まれるというシーンが挿入されていた。


…しかし、5作目の『フューチャー&パスト』では作中終盤で未来が変わりこれまで起きた出来事がリセットされたため、思いがけない形で復活を果たすこととなった。また、彼女によって殺害されたサイクロップスも復活している。


※コミックのほうでも最近、サイクロップスがプロフェッサーXを殺害してしまったため、この未来を変えるためにビーストが過去に行き、ファースト・ファイブ(ジーンを含めたX-MEN結成時の最初の5人)を現在に連れてくるという方法で、復活という方法ではなく少女時代のジーンとして本人が登場するようになっている。


  • 新シリーズ

演:ソフィー・ターナー、吹替:能登麻美子


6作目『アポカリプス』では若いころの彼女が登場。

やはり自分の能力を制御できておらず、学園内でも恐れられていたが、新入生のサイクロップスとは徐々に打ち解け、アポカリプスとの最終決戦でも揃って活躍した。


なお中盤、サイクロップス、ナイトクローラー、ジュピリーと劇場で『スター・ウォーズ初期三部作の完結編『ジェダイの帰還』を観た帰りに、その前作に当たる『帝国の逆襲』のほうがよかったと語るジュピリーに同調、どの映画でも3作目は最低と語っている。

…新シリーズの3作目にあたる『アポカリプス』は『ファースト・ジェネレーション』『フューチャー&パスト』に比べると結果的に評価は良くないため、皮肉にもこれが予言となってしまった。


そしてコミックの「ダーク・フェニックス・サーガ」を基にした7作目『ダーク・フェニックス』では事実上のメインキャラクターとなった。

監督を務めたサイモン・キンバーグによると「シリーズで最もリアルかつダークな作品になる」とのことだったが、お世辞にも高評価とは言えず、赤字は1億ドルにも達し、興行収入的にはシリーズ最悪の作品となってしまった。


関連タグ編集

X-MEN サイクロップス ウルヴァリン

関連記事

親記事

ミュータント(MARVEL) まーべるのみゅーたんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72049

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました