2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

X-MENのキャラクターの中でも有名な女性。
最初はヴィラン側で、後に寝返り、リーダーのサイクロップスを支えている。

能力など

最初は「強力なテレパス」のみだったが、後に肉体をダイヤモンド化する二次能力を得た。
ただし2つは同時に使えない。

一時はフェニックスフォースを受けてフェニックスファイブとなり能力が超強化され、ソーを倒したこともある。

実家はフロスト・インターナショナルという、船や飛行機などの製造と鉄道の運営など、交通事業の会社で、父親から若くして会長兼最高経営責任者の地位を継いだため、かなりの金持ち。
学園の女子生徒たちが「ショッピングに行きたい」と言ったら大金の詰まったバッグから札束を渡したというエピソードも。

また学生時代の経験からか後進の育成に情熱を傾けており、若手チーム「ジェネレーションX」を指導したのも彼女。
ただし新しく教官として加わった姉のエイドリアンと対立し、彼女を殺してしまったことでチームは一時的に解散している。

来歴

初登場は1980年の『Uncanny X-Men #129』。
当初はX-MENの宿敵:セバスチャン・ショウの部下で、彼が率いる「ヘルファイヤークラブ」の幹部「ホワイト・クィーン」を名乗っていた。

そしてドナルド・ピアースが組織を抜けた後、横取りされた傭兵軍団の代わりとして「ヘリオンズ(Hellions)」を育成。
なおこのチームはプロフェッサーX門下の「ニュー・ミュータンツ」に対抗する存在であったが、お互いにメンバーの引き抜き合戦が頻繁に行われており、在籍するメンバーの多くは敵味方であると同時に元・チームメイトでもあるという独特の関係性があった。

その後、未来人トレヴァー・フィッツロイの襲撃によってヘリオンズが崩壊。生存者は昏睡状態に陥った彼女を連れてX-MENの許に身を寄せ、後に復活した彼女はX-MENと和解。トレヴァー、そしてセバスチャン・ショウと対峙した。

交友関係

  • 家族

数千人の娘がおり、その姉妹同士で殺しあったり、天津甕星が冥府の門を開けた際に復活したりしている。

彼とはジーン・グレイ亡き後から熱愛中だが、ジーン存命時からアプローチし続けてはいた。ベッドイン直前まで言ったこともあるが、生徒にチクられ未遂に終わっている。

シビルウォー』中のエピソードにて関係を持ったことがあるらしい。

他メディア展開

マッドハウス版アニメ

CV:山像かおり

市来久子 / アーマーの家庭教師として登場。

X−MENユニバース

演:ジャニュアリー・ジョーンズ、吹替:甲斐田裕子

新シリーズの1作目『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』に登場。
原作同様、敵組織のヘルファイヤ・クラブの幹部の1人だが、能力は2つ持っている。

その次作『フューチャー&パスト』には写真のみ登場。
政府による人体実験によって多数のミュータントが犠牲になったことが語られており、おそらく彼女もその犠牲者の1人になってしまったものと思われる。

なお本来は『ファイナルディシジョン』で登場させる予定だったようだが、監督の交代に伴うストーリー変更によってポシャった。
この時役を打診されたのは『エイリアン』のエレン・リプリー役でお馴染みのシガニー・ウィーバーであった。

余談

ヘルファイヤー時代から露出の高いコスチュームで知られるが、流石に教壇に立つときはスーツを着用している

寝相が意外に悪いようで、生徒に「(いい歳なのに)ティーンエイジャーみたい」と陰口気味に言われたことがある。

関連イラスト

センシティブな作品



関連タグ

アメコミ MARVEL X-MEN Emma Flost

関連記事

親記事

X-MENのキャラクター えっくすめんのきゃらくたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 509043

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました