ピクシブ百科事典

X−MENユニバース

えっくすめんゆにばーす

X−MENユニバースとは、20世紀フォックスが製作・配給している、MARVELの原作コミックスの実写映画・テレビドラマ化作品のシリーズ。MARVELのキャラクターのうち、X-MENに所属しているキャラクターやウルヴァリン、デッドプールはこちらに登場している。
目次[非表示]

概要

X−MENユニバースは、MARVEL社(以下、マーベル社)のアメリカン・コミックスの一つである「X-MEN」を原作とした実写映画テレビドラマ化作品のシリーズであり、

の二つから構成されている。

マーベル社のアメコミが原作である実写映画・テレビドラマ化作品のシリーズには、X−MENユニバースとは別にMCUがあるが、原作コミックのキャラクターの内、ミュータントのヒーローチームであるX-MENや彼らと対立するブラザー・フットなどはMCUではなく、こちらに登場している。また、配給・製作は全て20世紀フォックスが行なっている。(詳しくは、MCUの該当箇所を参照されたい。)

特徴・沿革

概要にあるように、2000年に開始したX−MENユニバースはアメコミの実写映画化シリーズの中でも一番長く続いているシリーズだが、『X−MEN:アポカリプス』が批評・興行収入の両面で芳しくない結果を残したため、一時期はリブートも検討されていた。その後、メインシリーズの続編の製作が発表されたことにより、シリーズ自体は存続したものの、

  • 2018年に公開予定だった3本(『ニュー・ミュータンツ(原題)』、『デッドプール2』、『X−MEN:ダーク・フェニックス(原題)』)の内、『ニュー・ミュータンツ』と『ダーク・フェニックス』では再撮影などの実施に伴う公開時期の延期が決定。この影響で、年内に公開するのは『デッドプール2』のみとなる。
  • 2017年12月には、シリーズの製作・配給を担当している20世紀フォックスディズニー買収される事が発表される。(ところが、コムキャストの再参入でそれも不透明に……)
といった状況が続いており、何かと先の見通しが不透明になりがちなシリーズでもある。

完全なユニバースであるMCUDC映画ユニバースと比較すると、基本的には、続編で構成されたシンプルなシリーズものに近い映画シリーズとなっている(特に、メインシリーズに限定した場合)。一方で、多くのスピンオフ作品の存在や、メインシリーズとスピンオフ作品群の間のリンク度の高さなどを考えると、(実質的に)ユニバースと呼べるぐらいの内容・規模となっている事も確かである。

X−MENユニバースの特徴かつ魅力といえるのは、個性豊かなキャラクター達が織りなす群像劇や様々な能力をもつミュータント同士のバトルであり、それらがそのまま作品の見せ場にもなっている。しかしながら、第一作から描き続けられてきたミュータントとしての苦悩や葛藤こそ概要なんといってもシリーズの肝であり、マイノリティに対する現実社会へのメタファーとして、作品を単なる勧善懲悪モノ以上のものにしている。

元々ユニバースを想定していた訳ではない分、ユニバースの各作品間の矛盾が大きく、ユニバース全体の複雑な時系列が物語を把握しづらくしている事は確かである一方で、メインシリーズの内、新シリーズはユニバースをより深いものにしており、
  • 新シリーズの幕開けとなった『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』は、冷戦期のスパイものとして完成度が高い。
  • 新シリーズの第2作である『X-MEN:フューチャー&パスト』は、過去(新シリーズ)未来(旧シリーズ)、そしてスピンオフ作品群まで取り込んだ上で、ユニバースの一種の完結編として完成されており、単なる集大成としてだけでなく、MCUの『アベンジャーズ』やDC映画ユニバースの『ジャスティス・リーグ』とは別の形で、一つ一つの作品を超えたより大きなストーリーを結実させた成功例として評価されるべきであろう。
(まあ、『フューチャー&パスト』に関してひねくれた見方をするならば、アメコミ風の世界観のリセットを、コミックの実写映画化作品のシリーズでやったと言うこともできてしまうが……)

これに加え、現在では『デッドプール』『LOGAN/ローガン』などのR指定で公開されたヒーロー映画でも成功を収めている。(というか、現在公開中の『デッドプール2』も含めると、今までにX−MENユニバースの公開された11作の内、トップ5にこの3作はすべて入っており、もはやこちらが稼ぎ頭になりつつある。)こういったR指定の作品では、メインシリーズの流れに捉われない、より自由な作風による製作が可能になっており、MCUやDC映画ユニバースにはないX−MENユニバースの強みの一つとなっている。

今後の展開

2017年4月、メインシリーズとスピンオフ作品群のそれぞれの新作が、2018年に3本(『ニュー・ミュータンツ(原題)』、『デッドプール2』、『X−MEN:ダーク・フェニックス(原題)』)公開される事が発表された。(その後、『ガンビット(原題)』(後述)も米国での公開日が設定されていたが……)

ところが、沿革にもあるように、『ニュー・ミュータンツ』と『ダーク・フェニックス』に関しては再撮影などの実施に伴う公開時期の延期が決まり、18年内に公開されるのは『デッドプール2』(日本では6月1日より公開された)のみとなった。

その一方で、X−MENユニバースでは多くのプロジェクトが進められており、主要なものだけでも、

があり、更には『デッドプール2』や『ニュー・ミュータンツ』のそれぞれの続編の計画に加え、『ファンタスティック・フォー』の関連キャラクターであるドクター・ドゥームシルバーサーファーのスピンオフの企画まで存在している。(これには、2度に渡って製作されたものの、ファンタスティック・フォーの映画シリーズがどちらも失敗してしまったことが背景にある。その為、こういったスピンオフ作品がX−MENユニバースにそのまま合流する可能性もある。が、いかんせん詳細はまだ明らかになっていないので、現時点でX−MENユニバースとの関連性がどこまであるかは明らかになっていない。)

そんな中、ディズニーによる21世紀フォックスのテレビ・映画部門(=20世紀フォックスとFOXネットワーク・グループ)の買収が2017年12月に発表された。アベンジャーズとの共演が権利関係上で可能になる一方で、実際に買収が成立するのは2019年夏と言われている。MCUの方にしても、製作を担当しているマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ曰く、『アベンジャーズ4(仮題)』までの戦略に変更予定がなく(加えて言うのならば、2020年までの公開予定作品も確定しているので変更する隙間がない)、キャラクターの合流についても目処が立っていない状況(企業買収に関わっている弁護士たちが、両社のプロデューサー達による交渉に許可を与えていない状態だと明かされた)らしいので、少なくとも2021年より前のタイミングでは、スクリーンの中でアベンジャーズとX-MENが共演するのは難しそうだ。

……と思っていた矢先に、先述したように、20世紀フォックスの買収交渉へのコムキャストの再参入により、再び不透明な状況となってしまった。(詳しくは、MCUの該当箇所を参照されたい。)

作品一覧

作品公開日(米国)公開日(日本)監督解説
メインシリーズ旧シリーズ(未来編)
X-メン2000年7月14日2000年7月14日ブライアン・シンガー記念すべき第1作目であり、自身もLGBTIであるブライアン・シンガー監督によるマイノリティの苦悩に関する描写などが評価された。
X-MEN22003年5月2日2003年5月3日ブライアン・シンガー前作で「物足りない」「ブライアン・シンガー監督にアクションは向いていない」と評されたことに対し、アクションをより詰め込んだ第2作目。評価・興行収入の両方で前作を上回り、評価の高い続編映画の一つとしてもよく挙げられる。ウルヴァリンンが主役級になっていったのもこの作品から。
X-MEN:ファイナル・ディシジョン2006年5月26日2006年9月9日ブレット・ラトナー初期三部作の完結作であり、この作品をもって『X−MEN』シリーズは一応の完結をみた。アクションがさらに増え、ミュータントのマイノリティとしての葛藤に対しても決着をつけた。その一方で、あまりにも雑なサイクロップスの扱いといった気になる部分も多く、X−MENユニバース内では必ずしも評価が高いほうではない。(特に海外では評価が悪いことが多い。)
メインシリーズ新シリーズ(過去編)
X-MEN:ファースト・ジェネレーション2011年6月3日2011年6月11日マシュー・ヴォーン『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』と『X-MEN:アポカリプス』のオープニングや『ウルヴァリン:SAMURAI』の回想、『X-MEN:フューチャー&パスト』のラストといった古い時代を取り扱ったシーンを除けば、X−MENユニバース中の時系列では最も古い時代(1962年)の作品である。新シリーズ(旧シリーズの前日譚)の第1作目であると同時に、X−MENユニバース自体のリブートの要素も入っている。後に『キングスマン』シリーズを手掛けることになるマシュー・ヴォーン監督のスタイリッシュなスパイものとしても評価が高く、完成度が高い一本である。
X-MEN:フューチャー&パスト2014年5月23日2014年5月30日ブライアン・シンガー舞台は『ウルヴァリン:SAMURAI』のラストから8年後の2023年と『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』から10年後の1973年の両方の時代。それ故、メインシリーズとしては『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』と『ファースト・ジェネレーション』の双方の続編といえる。先述したように旧シリーズと新シリーズ、更にはスピンオフ作品群まで取り込んだX−MENユニバースの集大成ともいえる作品。……なのだが、新しいタイムラインを作り出すことになった為、X−MENユニバースを一見さんにとって入りづらくしてしまった一本でもある。
X−MEN:アポカリプス2016年5月27日2016年8月11日ブライアン・シンガー前作の『X-MEN:フューチャー&パスト』で歴史が変わり、新たな世界観(タイムライン)を歩みだした1983年が舞台である。残念ながら、多くの製作費が費やされた割にもかかわらず、評価・興行収入の両方で前作を下回ってしまい、同年公開された『デッドプール』の方が記録を伸ばすこととなった。
X−MEN:ダーク・フェニックス(原題)(2018年11月2日→)2019年2月14日未定サイモン・キンバーグメインシリーズとしては『X−MEN:アポカリプス』の流れをそのまま汲む作品であり、1992年が舞台となる。『X−MEN:ファイナル・ディジョン』とは異なる形での、よりエモーショナルでリアルな形でのフェニックスの暴走が描かれる。『アポカリプス』の反省を踏まえてか、関係者は「キャラクターにしっかり集中して、リアルな感情を注ぎ込み、今の世の中で共感できるテーマとして書くことです。」と明かしており、どんな人間ドラマが描かれるかに注目が集まる。再撮影の実施で公開日が延期されたものの、『ニュー・ミュータンツ(原題)』や『ガンビット(原題)』と違い、それ以上の製作トラブルの様子はないので、こちらは安心してよいものと思われる。
スピンオフ作品群『ウルヴァリン』シリーズ
ウルヴァリン:X-MEN ZERO2009年5月1日2009年9月1日第1作目である『X-メン』の前日譚であり、1980年頃が舞台である。ウルヴァリンの誕生や記憶をなくした経緯といった重要な事実が明かされた作品である一方で、初めてのデッドプールの実写化や旧シリーズとの矛盾も目立ち、作品としては散々な評価だった。(その為、『デッドプール』シリーズでは毎回いじられている。)
ウルヴァリン:SAMURAI2013年7月26日2013年9月13日ジェームズ・マンゴールド時系列としては、『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』と『X-MEN:フューチャー&パスト』の間の物語である。アメコミ映画では珍しい、日本が舞台の作品でもある。
LOGAN/ローガン2017年3月3日2017年6月1日ジェームズ・マンゴールド『フューチャー&パスト』で新しく生まれたタイムライン(『X−MEN:アポカリプス』以降と同じ)の2029年が舞台。謎の少女を守るべく、ウルヴァリンが最後の戦いに挑む。X−MENユニバースの第1作目である『X-メン』以来、ウルヴァリンを演じてきたヒュー・ジャックマンのウルヴァリンとしての最後の出演作でもある。『デッドプール』と同じR指定のヒーロー映画でもあり、暴力的な西部劇なトーンが高く評価された。
スピンオフ作品群『デッドプール』シリーズ
デッドプール2016年2月12日2016年6月1日ティム・ミラーデッドプールの実写映画化としては、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のリベンジ作である。ギャグ・下ネタ・過激なアクションがふんだんのR指定のヒーロー映画だったのにも関わらず、X−MENユニバースで最大のヒット作となった。主演のライアン・レイノルズの苦労話も話題になった。俺ちゃん、スゲエだろ
デッドプール22018年5月18日2018年6月1日デヴィッド・リーチ『デッドプール』の続編。人気キャラのケーブルが登場、未来から来た彼を止めるため、ドミノらとXフォースを結成する。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』すら勝てなかった『名探偵コナン ゼロの執行人』を破り、週末の興行収入ランキングで初登場1位を獲得した。ついでに、爪野郎の『グレイテスト・ショーマン』にも勝ったしな!
スピンオフ作品群その他
ニュー・ミュータンツ(原題)(2018年4月13日→)(2019年2月22日→)2019年8月2日未定ジョシュ・ブーン青春ホラー映画とされていたが、予告編を見る限りではかなり振り切ったホラーテイストな作品。……ところが、「作品をより怖くする」為に延期となるも、作品の大半を再撮影することになり、さらに延期となった。元々は2018年4月に米国公開予定だったのが、結果として16ヶ月の延期となってしまい、製作トラブルが噂されてしまっている。
ガンビット(原題)(2016年→)(2019年2月14日→)2019年6月7日(注:不透明)未定未定ガンビットは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』で初登場、決して評価が高くない同作の中でもよい存在感を放っていたものの、なにぶん出番が少なかった。その為、チャニング・テイタムが主演・製作を務めるスピンオフ企画が始動。2016年公開を目指し、製作がすすめられていた……が、脚本作業の遅れや2度にわたる監督降板の結果、危うくお蔵入り寸前の状態が長らく続いていた。そんな状況でも、3人目の監督が就任し、2017年の中頃から再び製作が進むようになっていた……のだが、せっかく決まったはずの監督がまたしても降板してしまい、公開時期も再び延期になってしまった。現在、4人目となる監督の面会を進めているものの、予定通りに公開されるかはかなり不透明な状況である。
タイトル未定作品公開日が既に決まっている作品。プロジェクト進行中の作品は、政策の進展次第でどこかの公開日に内定するものと思われる。
タイトル未定2019年11月22日未定未定
タイトル未定2020年3月13日未定未定
タイトル未定2020年6月26日未定未定
タイトル未定2020年10月2日未定未定
タイトル未定2021年3月5日未定未定
プロジェクト進行中作品
Xフォース(仮題)未定未定ドリュー・ゴアードデッドプールに加え、ケーブルやドミノも登場予定と思われる。デッドプールを演じているライアン・レイノルズは『デッドプール3(仮題)』の製作に消極的であり、『デッドプール』シリーズの実質的な続編となるのはこちらだと思われる。(ただし、製作チームが水面下で準備中であり、ゆっくりと脚本を練っていくスタンスを採っているので、本格的な政策の始動はしばらく先になると思われる。)
デッドプール3(仮題)未定未定未定上記参照(製作されるとしたら、『Xフォース』の後になると思われる。)
ニュー・ミュータンツ2(仮題)未定未定未定
ニュー・ミュータンツ3(仮題)未定未定未定
マルチプル・マン(仮題)未定未定主演・製作はジェームズ・フランコが務める。『LOGAN/ローガン』同様、R指定での新しいジャンルを目指しているとのこと。
X-23(仮題)未定未定未定『LOGAN/ローガン』の監督であるジェームズ・マンゴールドが製作を務めており、同作に登場したX-23/ローラのスピンオフとなる予定である。
キティ・プライド(仮題)未定未定未定『デッドプール』の監督であるティム・ミラーが企画を進めており、『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』や『X-MEN:フューチャー&パスト』で同役を演じたエレン・ペイジも出演に意欲を見せている。
ドクター・ドゥーム(仮題)未定未定未定ノア・ホーリー氏が製作を進めている。脚本が完成直前であるものの、ディズニーによる21世紀フォックスのテレビ・映画部門の買収の影響で企画が一時的に止まっている状況である。(ちなみに、買収交渉が映画の企画に影響を及ぼした初めての例でもある。)なお、先述したように、現時点でX−MENユニバースとの関連性がどこまであるかは明らかになっていない。
シルバー・サーファー未定未定未定こちらも、今の時点でX−MENユニバースとの関連性がどこまであるかは明らかにされていない。


また、2015年に公開された『ファンタスティック・フォー』のリブート版は、この『X-MEN』シリーズと世界観を共有した作品になっているという。(…と言われてきたが、この2015年版が大コケした上に、酷評されたので、この設定は実質的になかったものになっている。

最新作の予告編一覧

最新作の作品情報や、予告編の詳細などについては、該当ページをそれぞれ参照されたい。

デッドプール2

特報第一弾


特報第二弾


特報第三弾


予告編第一弾


予告編第二弾


ニュー・ミュータンツ

米国版予告編第一弾


時系列について


関連タグ

MARVEL
X-MEN
MCU
スパイダーマン・ユニバース
ユニバース

コメント