2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ファー・フロム・ホーム

ふぁーふろむほーむ

2019年公開のスーパーヒーロー映画。正式タイトル「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」。
目次[非表示]

終わらせない―僕がいる。

解説

MARVELのヒーローコミック「スパイダーマン」を原作とする実写映画のうち、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に含まれるシリーズ「ホーム三部作」の第2作。

MCU全体では通算第23作で、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から始まるフェイズ3の最終作、そして『アイアンマン』から始まる「インフィニティ・サーガ」の最終作である。

ストーリーはMCU前作『アベンジャーズ/エンドゲーム』からの続きで、偉大なヒーローを失ったピーター・パーカー / スパイダーマンが、タイトル通り故郷のニューヨークから離れて(Far From Home)新たなヴィランと対決する。

シリーズ第1作『ホームカミング』と同様に、スパイダーマンの実写映画化権を持つソニー傘下のコロムビア・ピクチャーズとマーベル・スタジオの共同製作で、監督もジョン・ワッツが続投している。

吹替版主題歌には凛として時雨の『Neighbormind』が起用されている。

あらすじ

エンドゲーム』を経て消えた人々が蘇ってから8か月経った頃、ピーターはクラスメートのMJことミシェル・ジョーンズに恋心を抱き、その想いを学校の海外研修で伝えるべく用意を進めていた。
そんなピーターにニック・フューリーから呼び出しがかかるが、ピーターはこれを無視してMJやネッド・リーズらとともにヴェネツィアへ向かう。

ヴェネツィアを堪能するピーターたちだったが、水の怪物=エレメンタルが出現。ピーターはスパイダーマンに扮し、これを迎撃するが、高いビルのない環境と打撃の利かない相手に四苦八苦。
そんな彼を救ったのは、ガラスの玉をかぶったような未知のヒーロー・ミステリオだった。
異世界から来たというミステリオと、高圧的なニックに押され、ピーターはしぶしぶエレメンタル退治に協力する羽目になるのだが…

キャラクター

余談

小ネタ

  • あのとんでもないラストになった理由は、MARVELスタジオ上層部から制作陣に「リスクを高める方法を考えろ」と云う指示があったため。(参考

関連動画

予告編



吹替版主題歌



関連タグ

MCU ホーム三部作 スパイダーマン

BACKNEXT
アベンジャーズ/エンドゲーム発表順
スパイダーマン:ホームカミングシリーズスパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
エンドゲーム時系列(同上)

関連記事

親記事

ホーム三部作 ほーむさんぶさく

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました