ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV/藤田奈央

人物

食用児の飼育監(ママ)、イザベラからの監視強化の要請により、本部から派遣された補佐役(シスター)。
彼女もまた食人鬼の手下。
エマノーマンレイたちのいる第3プラントとは別のプラントだが同じグレイス=フィールド出身。
26歳、認識番号は18684、身長175cm。
大柄な体躯とは裏腹に俊足で、鬼ごっこの際に鬼となった時は、すべての子供達を見つけた。

エマたちが脱獄計画を進める中で、彼女たちに協力を求め、部屋でエマとノーマンの二人に農園の秘密をすべて話したが、彼らが既に秘密を知っている事に気付いた。
しかしエマはこれを利用し、ドア越しでナット、アンナ、ラニオン、トーマたち(既に味方となったドンギルダに次いでハウスで年長のメンバー)に彼女との会話を聞かせ、彼らを脱獄計画に協力させるきっかけとなった。

イザベラのミスを知ると、証拠を掴んで彼女を失脚させ、「ママ」の地位を奪おうと画策する。
その過程で子供達と打算的な協力関係を築くが、本心ではイザベラの失脚後に邪魔な子供達をまとめて出荷するつもり。
しかし、彼女を用済みと判断したイザベラに先手を打たれ、権力争いに敗れる形で死亡・出荷されてしまう。
前述のように、子供達に良い感情を持っていないが、それ以上に自分を見下すイザベラに強い嫌悪感を抱き、子供達に脱獄を成功させて「このクソみたいな世界をぶっ壊して欲しい」との思いを託し、不本意ながら出荷される前にイザベラに関する「致命的な情報の手がかり」及び「ウィリアム・ミネルバのペン」を残す。

スピンオフ「お約束のネバーランド」でのクローネ

本編とは違い、常にお笑いを意識しており、ハウスの子供達を笑わせようと色々とネタを披露するが、全く受けずむしろ滑っていた。
終盤では、「ママに任命する」という所でイザベラがR-1グランプリ決勝進出というドッキリを用意されていたが、当の本人はそれを信じてしまい、弁解の余地もなくそのままハウスを出る準備をした。なお、予選に関してはシード枠でしかも優勝候補という事になり、さらに自分のネタが受けなかったのは「イザベラがクローネの成長の為にあえて笑ってはいけない事にしていた」ともはや自分に都合のいい事しか考えられなくなっていた。
そしてグランマとの会話でもR-1グランプリの事しか話さず、グランマ本人ももはや理解できず、結局決勝会場に連れてってもらい、彼女は出荷される事無く生存した。(しかし会場にて、自分がエントリーされていない事に気付いたはずが、最終回では、なぜが優勝していた)

関連タグ

約束のネバーランド シスター

関連記事

親記事

約束のネバーランド やくそくのねばーらんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シスター・クローネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2384

コメント