ピクシブ百科事典

エマ(約ネバ)

やくねばのえま

エマとは約束のネバーランドに登場する主人公の一人である。
目次[非表示]

「ないならつくろうよ 外に 人間の生きる場所 変えようよ 世界」 

プロフィール

認識番号63194
誕生日2034年8月22日
年齢2045年11歳
血液型O型
出身GF(グレイス=フィールド)
身長2045年145cm→2047年158㎝→2049年161㎝
体格標準+やや筋肉質
好きな食べ物ニンジンケーキ
特技・趣味泣いている赤ちゃんを秒で笑わせる
CV諸星すみれ
実写映画浜辺美波



概要

約束のネバーランドに登場する本作の主人公の一人。 
この作品のメイン主人公兼メインヒロイン
ジャンプ作品では珍しい女性主人公でもある。

家族思いなGF(グレイス=フィールド)ハウスの最年長。
いつも家族の事を思っておりママことイザベラの事が大好きで慕っている。
テストでは、最初の頃ミスがありつつ、その後レイの指導で次第に満点も取れるようになり、ここ数年は毎日満点。

ストーリーの途中で「触角」という渾名を付けられるほど特徴的な飛び跳ねた毛がある。
番外編でイザベラが散髪の際に切ろうとしたが毛がハサミを避けるので結局そのままになっている。

脱獄の始まり

里親が決まりハウス出て行ったコニーの忘れ物「リトルバーニー」を届けにノーマンと共に禁じられていた門へ行くが、そこでコニーの「出荷」を見てしまい、そこで孤児院だと思っていたハウスの真実を知り全員での脱獄を試みる。

始めは発信機の存在やドンとギルダと仲間に引き入れる時に虚実を混ぜたり、シスター・クローネの事で空回りする時もあったが、ノーマンとレイの助けもあり少しずつ脱獄に向けて準備を進めていた。

しかし下見を試みた時にイザベラに足を折られ、ノーマンの出荷が決まった事で歯車が狂いだし、彼を出荷させないよう色々模索するが最終的にノーマンは出荷の道を選んでしまう。

その事でレイの心境に変化があり支えとなる人物がいなくなり心が折られて脱獄を諦めたかに見えたが、全てをドンやギルダに任せて自分はあえて何もせずイザベラに悟られないようにしていた

そしてノーマンに託された脱獄プランに沿ってレイの誕生日前夜に火事を起こし、自身を燃やそうとしていたレイを救い5歳以上の仲間と共に脱獄に成功する。
脱獄の際、レイと共に耳の発信機を取り外しているがエマの場合は左耳ごと切断している。(その為しばらくは左耳にガーゼをつけている描写がある。)

4歳以下の子供たちの出荷時期やギルダに他のハウスにいる同じ境遇の子供たちの事を考え2年以内に戻り全プラントの子供を救出すると誓い、フィルだけにハウスの真実を告げ、後のことを任せている。

脱獄後

脱獄後はハウスにあった本にメッセージを残してくれたウィリアム・ミネルヴァに会いに彼が寄贈した本やシスター・クローネが残したペンを頼りに外の世界を鬼や外敵に追われながら進んでいく。

GPで王族の鬼レウウィスに腹を貫通される大怪我を負い生死を彷徨ったが、無事回復している。

性格

天真爛漫で子供っぽい性格で運動神経は高く体を動かすのが得意。
しかし、自分よりも仲間を優先するが故に一人で抱え込む事もあるのが難点。
1度決めたらやり遂げる芯の強さもある。

エマアンチ

一部の読者からは、「わがまま」「偽善者」等と評され、アンチの多いキャラだが、そもそも「偽善者」とは自己の利益になるように善人ぶっているだけであるため、エマには全く当てはまらない。

スピンオフ「お約束のネバーランド」でのエマ

主に作中のツッコミ役に回る。家族の中に内通者(スパイ)がいると考えた時は回りの子供達の顔が凶悪に見えるほど疑心暗鬼に陥る。
ノーマンのストーカー行為に恐怖を抱いており彼が出荷された際自分の私物が無くなっている事に気が付き泣き崩れた。
ちなみにノーマンがサイコパスに至った原因は自身にあり、幼少の頃の「キリンに乗りたい」という夢に対して彼が「僕がそのキリンになる」と言ったら無意識に「面白い」と褒めた事から今に至る。

関連イラスト

投稿されている作品の多くは「エマ」というタグが多く使用されているものの、この名前は非常に多く検索の際に別の作品のキャラも引っかかる為、投稿の際は「エマ(約ネバ)」で投稿するのが好ましい。

センシティブな作品
夢を見る


梦幻岛LOGⅠ
morning glow



関連タグ

約束のネバーランド 約ネバ 
ノーマン(約ネバ) レイ(約ネバ) 主人公

関連記事

親記事

約束のネバーランド やくそくのねばーらんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エマ(約ネバ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2300971

コメント