ピクシブ百科事典

戦極姫

せんごくひめ

『戦極姫』とは、げーせん18から発売されたアダルトゲーム。正式名称は『戦極姫 -戦乱の世に焔立つ-』。その作品を含めて以降のシリーズの総称としても用いられる。
目次[非表示]

シリーズラインナップ

  • 『戦極姫 -戦乱の世に焔立つ-』(Win / 18禁)
    • 『戦極姫 -戦乱に舞う乙女達-』(PS2PSP / 上記の作品の家庭移植版)
  • 『戦極姫2〜戦乱の世、群雄嵐の如く〜』(Win / 18禁)
    • 『戦極姫2 -葉隠の乙女、風雲に乗ず-』(Xbox360 / 2の家庭移植版)
    • 『戦極姫2炎 -百華、戦乱辰風の如く-』(PS2 / 同上)
    • 『戦極姫2嵐 -百華、戦乱辰風の如く-』(PSP / 同上)
  • 『雀極姫』(Win / 18禁脱衣麻雀ゲーム)
  • 『戦極姫3〜天下を切り裂く光と影〜』(Win / 18禁)
    • 『戦極姫3〜天下を切り裂く光と影〜遊戯強化版-壱の巻-』(Win / 上記の追加ディスク)
    • 『戦極姫3〜天下を切り裂く光と影〜』(PSPPS3VITA / 3の家庭移植版)
  • 『戦極姫Web』(ブラウザゲーム / 全年齢)
  • 『戦極姫4〜争覇百計、花守る誓い〜』(Win / 18禁)
    • 『戦極姫4〜争覇百計、花守る誓い〜』(PSPPS3VITA / 4の家庭移植版)
  • 『戦極姫5〜戦禍断つ覇王の系譜〜』(Win / 18禁)
  • 『戦極姫6〜天下覚醒、新月の煌き~』(Win / 18禁)
  • 『戦極姫7〜戦雲つらぬく紅蓮の遺志〜』(Win / 18禁)


概要

日本戦国時代を舞台に、プレイヤーは大名家の軍師天城颯馬となり天下統一を目指すSLG。シリーズ初期はバグ等の問題で評価が低かったものの、シリーズを重ねる毎に改善されていき、良作シリーズと呼ばれるまでに至ったが……

本作の特徴としては、織田信長武田信玄といった名立たる武将が複数の絵師によって女性化されている事が挙げられる。特定のヒロインの下でシナリオを進めるモードと、全国の大名の中から選んで統一を進める『群雄モード』がある。
当然自勢力が滅亡するとゲームオーバーだが、シナリオモードの場合は主人公と各勢力のヒロインの他に重要キャラがおり、この三つのうちの誰かが死亡してしまってもゲームオーバーになる。

作品ごとにキャラデザの担当絵師がころころ変わる為、同じキャラクターでもガラリと雰囲気が変わる事がある。男性のままで登場する武将も多いが、途中から性別が変更されることも多々あるので、前作までオッサンだった人物がいきなり美少女になっていたりする。また、登場キャラクターが非常に多岐に渡るため、作品毎にユニークキャラ(固有のイラストがあるキャラ)の増減がある。

シリーズの変遷

第1作

全体的に低質で、時代設定を無視したデザインのキャラまでいる劣悪な出来のグラフィック、「ブラックホール城」「ハゲ武将の背後霊」に代表される数多のバグ(特にパッチをあてることが出来ないコンシューマ版)で、PC版、据え置き機版、携帯機版の3ハード全てでクソゲーの地位を確固たるものとした。
さらにコンシューマ版を解析した際、成人向けの要素を排除しているコンシューマでは絶対に使わないはずの如何わしい音声データ(しかもPC版でも使用されていない音声)が見つかっている。程なくして次回作の「戦極姫2」が発表され、コンシューマ版はバグ取りを目的に発売した有料α版だったことが発覚した
結果、コンシューマ版はクソゲーオブザイヤー据え置き機部門、携帯機部門にて大賞をダブル受賞(KOTYeでは次点)するという二度と無いであろう快挙(惨事)を成し遂げた。

第2作

第1作コンシューマ版の有料テスターたちの犠牲の甲斐あってか、前作と比べると大規模なバグは殆どが駆逐されている。しかし、依然として「ブラックホール城」など危険なバグの発生が報告されており、低質なグラフィックの問題も改善されておらず、クソゲーの謗りは免れられなかった。
もっとも、前作と比べると遥かにましであり、そこまで大きな話題にはならなかった。

第3作から第5作

幾多の有料テスターの尽力の影響もあってバグの殆どが駆逐され、グラフィックの問題も改善されていった事で、「戦極姫3」は事前の下馬評覆しての良策認定を受けた。これ以降は純粋なファンも増えて良作シリーズと呼ばれるまでになっており、戦極姫シリーズ全体についてクソゲーであるという風説は真に受けないよう願いたい

第6作

ある意味最大級の問題。神主人公「月冴」に追加によるW主人公制の採用が、ファンへの最悪の裏切りと化してしまった。
ストーリーの最終目標である天下統一がなぜか月冴のルートでしか出来ず、全88人のヒロイン達の内、実に82人が月冴でしか攻略できない。続投キャラ、新キャラどちらとも、設定もなにも投げ捨てて新主人公にホイホイとついていってしまうなか、愛着のある旧主人公は新主人公の噛ませ犬にされてしまう
あまりの惨状に旧来のファンは激怒し、事態を重く見た公式は遊戯拡張版及び次回作の「戦極姫7」にて、月冴の存在を完全抹消するに至った
最終的に本作は、『バグもシステム面での破綻もないにもかかわらず、稀代のクソ主人公によって良作がクソゲーと化した』ことで、KOTYe2015にて七年越しの大賞受賞を果たしてしまった。

主な登場人物

■主人公■
天城颯馬(初代主人公)
榊月冴(二代目主人公 抹消済み)

■上杉家■
上杉謙信(ヒロイン)
直江兼続

■織田家■
織田信長(ヒロイン)
明智光秀
徳川家康

■毛利家■
毛利元就(ヒロイン、3では隆元がヒロイン)

■島津家■
島津義久(ヒロイン)
島津義弘
島津歳久
島津家久

■伊達家■
伊達政宗(PS2移植版の新規ヒロイン)
片倉景綱

■武田家■
武田信玄(ヒロイン)
真田幸村

■大友家■
立花道雪(PSP移植版の新規ヒロイン)
高橋紹運
大友フランシス宗麟

■龍造寺家■
鍋島直茂(Xbox版の新規ヒロイン)
龍造寺隆信

■三好家■
三好長慶(3の新規ヒロイン)
松永久秀

関連タグ

戦国時代 戦国武将 武将 戦国大名
創作戦国
アダルトゲーム

外部リンク

関連記事

親記事

げーせん18 げーせんじゅうはち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「戦極姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 874863

コメント