ピクシブ百科事典

島津歳久

しまづとしひさ

島津歳久とは、戦国時代・安土桃山時代の薩摩国の武将。島津貴久の三男。所謂島津四兄弟の三男である。後世では「戦の神様」であると共に「安産の神様」として祀られている人物。
目次[非表示]

生涯

天文6年(1537年)、島津貴久の三男として生まれる。母親は入来院重聡の娘で、
二人の兄島津義久島津義弘と腹違いの弟である島津家久がいる。
例に漏れず、他の兄弟共々優秀な武将としてや稀代の智将として後世に伝わっている。
また祖父・島津忠良を持ってして「始終の利害を察するの智計並びなく」と評価されていた。

兄弟たちと力を合わして、島津家の発展に大いに助力した人物であったが、
関白豊臣秀吉と島津家との仲が険悪となる中で、秀吉に対する反乱が起き、
その際に反乱軍に歳久の家臣が多く参加したことなどから秀吉の怒りを買うことになり、
秀吉から兄・義久に討つように命令が下り、それを受けて島津家を守るために自害しようとするが、
病の為、身体が思うように動かすとができず、臣下もなかなか手を下すことができなかったが、
とうとう原田甚次が首を取った。享年56。

華々しい活躍が多い他の兄弟に比べて、参謀などの裏方での活躍が主だったため、資料も乏しく
地味な印象を受けてしまうが、むしろ歳久個人としては有能な武将にも関わらず、
他の兄弟たちの方が当時としてはあり得ないくらいの規格外の素質を持っており、その結果として
歳久が浮いたような扱いがされたとする見方もある。

安産の神様

歴史ファンやネット上では、武将としての活躍があまり注目されていないが、
「安産の神」としては有名である。
これは自害する直前に
「女もお産の時に苦しい思いをするであろう。自分の死後はそういった女の苦しみを救ってやろう」
言ったとされるエピソードがあり、
そこから平松神社には「戦の神」並びに「安産の神」としても信仰されている。

関連タグ

日本史 戦国時代 戦国武将 島津四兄弟 九州勢
戦国大戦

pixivに投稿された作品 pixivで「島津歳久」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74525

コメント