ピクシブ百科事典

妙玖

みょうきゅう

日本の戦国時代の女性。毛利元就の正室で、毛利隆元、吉川元春、小早川隆景の生母。毛利氏を支えた良妻賢母。
目次[非表示]

生涯

明応8年(1499年)、安芸国国人・吉川国経の娘として小倉山城で生まれる。
ちなみに妙玖は法名で、本名は不明。

毛利元就の元に、政略結婚という形で嫁ぐ事となった。
嫡子である隆元元春隆景を産む。
そして、天文14年(1545年)、郡山城内で死去。享年47。

人物

  • 妙玖存在は大きく、彼女の息子である隆元や元春、隆景達は戦国時代きっての名将となり、毛利家発展の重要人物となった。
  • 形こそ政略結婚であったが、元就とは非常に仲睦ましい夫婦として伝わっており、実際この時代では珍しく、妙玖存命中は側室を一人も置くことが無かった。
  • 筆マメで知られている元就の手紙にも度々妙玖に言及する部分が登場しており、内容としては「妙玖が生きていればな」など、妙玖の死を嘆くものが多い。
  • そんな両親を見て育ったためか、息子の隆元や元春、隆景も側室を一人も置かない当時としては非常に珍しい一途な一族となった。


関連タグ

戦国時代 正室 人妻 中国勢
毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景

pixivに投稿された作品 pixivで「妙玖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171548

コメント