2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

月山富田城

がっさんとだじょう

現在の島根県安来市に存在した、鎌倉時代から安土桃山時代までの城郭。
目次[非表示]

概要

現在の島根県安来市にあった山城
戦国時代戦国大名尼子氏の本拠地で、国指定史跡となっている。

標高約180mの月山の山上に本丸があり、山を下りるにしたがって無数の曲輪が配され、麓に城主の居城や家臣の屋敷、外に城下町が広がっていた。
現在ある遺構(石垣、曲輪、堀切、井戸の痕跡などが残されている)や城の絵図に描かれた姿は江戸時代の堀尾氏(豊臣秀吉時代の三中老の一人、堀尾吉晴に連なる家、孫の堀尾忠晴で断絶した)時代の改築された富田城であり、尼子・毛利氏時代の城の姿は判明していない。

歴史

平安時代末期に平景清が初めて築城したという伝承がある。
鎌倉時代には出雲源氏である佐々木氏がこの城に入城。
南北朝時代には宇多源氏の佐々木氏(後の京極氏)や山名氏(清和源氏の流れを引き、室町時代には有力な家となっていた家)などが入っている。

戦国時代に尼子氏の居城となる。
尼子氏は出雲守護職京極氏の配下である守護代出身の大名であったものの、尼子経久の時代に追放された。
しかし経久は京極氏のお家騒動の隙に富田城に入り、本城を中心に中国地方各地を支配していく。
富田城も大大名の本拠地に相応しい城に修築され、規模も大幅に拡大したとされる。
その後尼子氏本流は毛利氏との戦いに敗れ滅亡し、毛利氏配下の武将などを経て江戸時代堀尾吉晴が入城。
その後堀尾氏は本拠地を新たに築城した松江城に移し、富田城は廃城となった。

pixivでは

尼子氏の居城であったため、『戦国BASARA』などの関連イラストや、城自体を擬人化した『御城プロジェクト』の城娘城姫クエスト城姫のイラストが存在する。

関連項目

城跡 史跡
島根県 安来市 中国勢

関連記事

親記事

しろ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「月山富田城」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「月山富田城」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130362

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました