ピクシブ百科事典

近江源氏

おうみげんじ

日本の氏族またはその分家
目次[非表示]

主な概要

宇多源氏(宇多天皇の子孫)の一族で佐々木氏が主だったことから佐々木源氏ともいう。
清和源氏と並ぶほど有名で佐々木、京極、尼子などドラマなどでおなじみの一族を輩出した。
一族は四角形に穴の開いたものを四つ並べた「四ツ目結」と呼ばれる家紋を用いる。

誕生の経緯

平安時代中期に近江国蒲生郡佐々木庄に下向した宇多源氏源成頼の子孫で、武家として繁栄し代々近江の守護として勢力を持った一族。清和源氏の郎党となり、成頼の玄孫にあたる佐々木秀義は、保元元年(1156年)保元の乱で、天皇方の源義朝に属して勝利したが、続く平治元年(1159年)の平治の乱で、義朝に属し戦うも敗れたため、近江国を追われ、一旦関東へ落ち延び、約20年間渋谷荘に籠居した。その後、治承4年(1180年)に源頼朝の伊豆挙兵の時、秀義の子定綱、経高、盛綱、高綱らが頼朝に従い功があったため、秀義の嫡子定綱が、近江の守護に還付せられた。定綱の息子の信綱の子らが四家に分かれ六角氏、京極氏、大原氏、高島氏となった。また佐々木秀義の五男、佐々木義清が出雲、隠岐の両国守護職を賜い、彼国に下向し土着したためここから分派した一族を出雲源氏という。


その他の近江源氏

清和源氏流にも3家でて、「義経二人説」で有名な山本義経はこの出身。

佐々木氏

近江源氏の宗家である一族。通字は高の字を用いた
先の四家やその分家は各地(主に出雲、近江)で力を誇った。
著名人物は秀義、義清、定綱、経高、盛綱、高綱やバサラ大名で有名な佐々木道誉がいる。

主な分家

・京極氏・・・よく勘違いされるが佐々木氏流の本家ではない(有名すぎるせいもあるが)
       近江を支配下とし、一時家臣の浅井家に下剋上されるも復活。
       京極高次は近江京極の出身。出雲守護として下向した一族もいる。
       江戸時代は改易や転封が多かったが無事明治を迎えられた。
 尼子氏・・・京極家の分家。 元出雲守護代の家柄
       京極高久が領地の名前から付けたもの。※一説に祖父の道誉が与えたとされる。
       近江流と出雲流がいるが戦国時代の経久や晴久は出雲流である。
・六角氏・・・佐々木氏に代わる宗家。近江守護。
室町幕府が成立すると、同族である京極氏の京極高氏(佐々木道誉)が近江守護に任じられたが
後に六角氏頼が守護に任じられ、幕府と対立した一時期を除いて近江一国の守護の地位を占めた。
だが、京極氏は出雲や飛騨の守護に任ぜられ、
近江国内でも守護不入(守護である六角氏の支配を受けない特権)が認められた。
室町時代に入ると六角氏と京極氏は敵対し、近江の覇権をめぐって争った。
・高島氏・・・ゆっくりとではあるが勢力を拡大して行った一族。
       だが、六角が衰退すると同時に衰退してしまった。
 朽木氏・・・高島氏分家。関ヶ原の朽木元綱はこの家柄。
       江戸時代は藩主として活動し、明治を迎えた。
・塩冶氏・・・えんやとよむ。出雲源氏の一族であり、鎌倉時代は出雲の守護として君臨
       しかし、鎌倉滅亡後、高師直と対立した高貞は出雲に戻るも討伐され
       嫡流は滅亡。支流はほかの家の家臣となったりして生き延びた。
 南条氏・・・伯耆国の国人。諸説はあるものの
       高貞の子である貞宗が今の鳥取県湯梨浜町に土着したことでおこった一族。
       山名に仕え、伯耆守護代につく時期もあったがことごとく対立して行った。
       1580年の鳥取城攻めにおいて毛利と手をきったため交戦。
       その後、伯耆3郡を賜り復活する。
       1615年大阪側についたが内通が発覚し元忠が自害に追い込まれたため宗家滅亡。
       分家は各地に離散したとされる。

主な後裔

室町時代から戦国時代
尼子経久

山中幸盛(尼子氏の分家でもある)

黒田孝高

京極高吉、京極高次、京極高知

野村松綱

佐々成政

木村重成

新発田重家

横田高松
今井宗久

木食応其

角倉了以

松本助持

森尚謙

辻月丹

曲直瀬道三

杉田玄白

間宮林蔵

箕作省吾

大山巌

前原一誠

佐々木蔵之助

乃木希典

高柳助八

佐々木惣十
      等々

外部リンク

近江源氏

コメント