ピクシブ百科事典

会津世直し一揆

あいづよなおしいっき

会津世直し一揆とは会津戦争終結後の会津藩でおきた一揆である。別名ヤーヤー一揆
目次[非表示]

会津戦争の敗戦によって、会津の人々は多くの犠牲を払い、藩士たちは僻地である斗南藩3万石へと減転封させられた。これにより薩長への恨みが21世紀を過ぎた今もなお形成されることになった…とされている。

しかし、武士以外の人々にとって薩長よりもむしろ会津藩に対する怒りの声が大きかったのである

会津戦争前夜

幕末の会津藩は財政破綻寸前となっていた。最大の原因は藩主・松平容保の京都守護職就任であった。これにより従来の会津・参勤交代で赴かなくてはならない江戸・さらに京都と3か所での生活を余儀なくされることになった。さらにその費用も莫大で、江戸での生活にかかる経費が年間約12万両だったのに対し、京都での経費が年間22万両に達したのである、今までの3倍である。
ではその経費はどこから捻出するのか。当然領民からの更なる徴税である。
更に大政奉還後、加速度的に悪化していく旧幕府と薩長の対立はついに、鳥羽・伏見の戦い戊辰戦争となり、戦火は西から東へと進んできた。ここで会津藩は恭順の姿勢を示しつつも武器弾薬の購入、食料の徴発などの準備に勤しんでいた。領民からの徴税または略奪も日増しにエスカレートしていった。
このような状況下で領民の士気などが上がるはずもなく、不満が急速にたまっていった。

会津戦争

慶応4年8月、白河・二本松藩を落とした新政府軍は会津への侵攻を決定、会津藩の防備の手薄な母成峠へと進行した。母成峠はわずか1日で陥落し、新政府軍は若松城下への侵入に成功したが、これにも理由があった。
いうまでもなく領民たちの反乱である。先に述べたように徴税・略奪などになよって領民たちの怒りは噴き出す寸前となっていた。さらには「新政府軍の拠点にしないようにする」という名目で、一部の村では会津藩による焼き討ちまで起きてしまった。食うものも、家も奪われた領民たちは新政府軍を「官軍様」とよんで歓迎し徴発に応じる一方、会津藩に対しては「会賊」と呼び捨てにし領民の信頼を失うことになった。
結局会津戦争は「新政府軍・会津藩領民VS会津藩武士」による戦争となり、1か月後の9月22日会津藩は降伏、藩主・容保らは江戸へ護送されることになったが、「戦に負けたのに、切腹もせずにおめおめと生き残った殿様」の見送りに出てくる領民は一人もおらず、淡々と農作業を続けていたという。

ヤーヤー一揆

会津戦争は終わった。しかしこれまでの戦争で金・食料・家など様々なものを失った領民たちの怒りは収まらず、戦争終結から10日後の10月3日大沼郡(現三島・金山・会津美里町、昭和村)で一揆が発生した。
彼らの要求は
・村役人を村人の選挙で選べるようにする。
・専売制の廃止と当面の年貢の免除。
・質物帳(借金の明細書)の破棄。
・労働力徴発の廃止。
・小作料の廃止。
など多岐にわたっている。要するに「会津藩による支配の完全無効化」「生活立て直しのための猶予期間」「借金の帳消し」など多岐にわたった。
その後、15日に河沼(会津坂下・柳津町、湯川村)・会津郡北部(現会津若松市、つまり会津藩のおひざ元)、16日に耶麻郡(現西会津・磐梯・猪苗代町、北塩原村)、28日に会津郡南部(現下郷・只見・南会津町、檜枝岐村)で同様の要求を掲げた一揆が起こった。この4郡は会津藩の主要地域であり、事実上の全藩一揆となったのである。
結局新政府は一揆勢との交渉には参加せず、あくまで村役人との直接交渉に任せたため要求のほとんどが通ることとなり、12月1日一揆は解散した。

余談

実は会津藩の移封先については、斗南のほかに猪苗代への移封も検討されたが、ヤーヤー一揆の恐ろしさを知り、とても会津で藩を存続させることはできないと考えたことから斗南へ移ったとの説がある。


関連タグ

戊辰戦争 会津戦争 農民 一揆

コメント