ピクシブ百科事典

仙台藩

せんだいはん

江戸時代に仙台城を居城として、現在の宮城県全域および岩手・福島両県の一部を統治した藩。
  1. 江戸時代仙台城宮城県仙台市)を居城として現在の宮城県全域および岩手福島両県の一部を統治した。石高62万石。伊達政宗を藩祖として伊達氏が全期間を通じ支配した。
  2. Axis Powers ヘタリア」で藩擬人化のキャラクターとして登場した仙台藩のこと。 → 藩の皆さん藩と日


1の余談

藩祖・政宗の死後、正室の子であった次男の忠宗が仙台藩を継承し、庶長子であった長男の秀宗は別に伊予国宇和島藩を作ってその初代となった。
長らく東北最大の藩として君臨し、実質石高は(盛りまくりだった)薩摩藩鹿児島藩)を凌駕し事実上加賀藩に次ぐ百万石クラスの実力を有していたとされる。

ところが明治維新期に他の東北諸藩と共に「奥羽越列藩同盟」の首班として加わり、戊辰戦争に敗北すると仙台藩もまた処分対象となった。
これにより藩は大幅な所領没収を命じられ、表高28万石、実高に至っては全盛期の10分の1である10万石程度まで減らされた。その後の新政府の華族令では実高15万石未満5万石以上の藩の藩主は伯爵として遇されたため、これは戊辰戦争の懲罰的意味合いを持っていたといえる。

一方で本来の分家である宇和島伊達家は表高10万石程度の中規模藩であったためやはり伯爵に叙されたのだが、のち維新の功績を認められ侯爵に陞爵した。これにより仙台本家と宇和島家との間に爵位の逆転現象が生じている。

関連タグ

仙台 伊達 仙台城/青葉城
伊達政宗 

pixivに投稿された作品 pixivで「仙台藩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16097

コメント