ピクシブ百科事典

在日特権を許さない市民の会

ざいにちとっけんをゆるさないしみんのかい

在日特権を許さない市民の会とは、政治活動家「桜井誠」氏が創設した、「行動する保守」を理念とする保守系市民団体の一つである
目次[非表示]

注意書き

現在この記事は、一部の編集者達によって記事が度々書き換えられることがあります。

概要

行動する保守を目的として平成18年末結成。
インターネット上で勢力を拡大し、2010年の時点で会員数は公安発表で約1万人。但しネットで名前を登録しているだけの者も多く、街頭活動などにレギュラー参加している人数は100人前後と言われている。略称は「在特会」。

創設者は桜井誠(通称・ペンネームであり、本名は高田誠。木村誠と名乗っていたこともある)。
さまざまな在日特権に反対しており 、活動の最終目的は、1991年に施行された、特定在日外国人(主に韓国/北朝鮮国籍)の永住を認めている『入管特例法』の完全撤廃であり、この目的を達成した暁には、速やかに会を解散するとしている。

2014年11月に長らく代表であった桜井誠氏が、組織改革を理由として会長の退任および退会を宣言。八木康洋氏を新会長として、今後はデモより政治活動を重視して活動していく方針のようである。

デモ

デモの際は警官隊とお互い 比較的にこやかに接しており、デモをしやすいように誘導してもらったりもしていることから、過激派はごく一部であるとされている。



ただし、街宣の際の騒音に抗議に来ただけの老人に弁士自ら率先して殴りかかるこうした動画からしても「過激派はごく一部」との見解も説得力に欠けるだろう。

批判

実際のところ過激派ではなくとも極右団体として見られているのは間違いない。
また、中枢メンバーの一部が詐欺で逮捕されたり、前述の京都朝鮮第一初級学校襲撃事件やロート製薬に対する恐喝容疑で有罪判決を喰らうなど(特に京都朝鮮第一初級学校襲撃事件では最高裁で千二百万円の賠償金支払いと同校の周囲での街宣禁止が確定)、構成員の犯罪行為の数々が明るみに出るに及び主な支持層であったはずのネット右翼達から「無根拠な『敵対陣営のなりすまし』認定」や「在日認定」を受ける事もある
2010年以降、上記のような犯罪行為や問題行動がマスコミで報道されたため、Newsweek日本語版等では、在特会内部の内輪もめも重なり急激に構成員数を減らしていると報道している。
最も在特会はこの報道を事実無根であり、依然として会員は、むしろ増加していると主張しNewsweekの報道に反論している。
そして、ニコニコ動画の公式チャンネルが閉鎖されたが、2015年5月19日に公式サイトにて『規約違反』を理由に閉鎖された旨発表されていた。
2015年12月22日に法務省は在特会前代表の桜井誠にヘイトスピーチの中止を勧告している。ヘイトスピーチをめぐり法務省が勧告を行うのはこれが初である。

関連人物

小林よしのり氏などの一部の言論人からは、「保守派、右翼の面汚し」と非難されており、「竹島を返せ!」「尖閣から出ていけ」等の政治的スローガンに限るべきであると指摘している。
在特会自身はこれらの批判勢力を口先だけでなにもしない奇麗事保守の弁であるとして反発している。

安倍晋三山谷えり子…関係者とツーショット写真を平気で撮っている。後者は在特会との関係を聞かれると「知りません」と述べていた。…まぁ、参院議員会館と言う「アポ無しの一般人が入れない場所」で撮影しているので「知らぬ存ぜぬ」で通すのは難しいが。

稲田朋美…2015年2月に在特会と親しいかのような「サンデー毎日」の報道は名誉棄損だとして同誌を発行した毎日新聞社を提訴。2016年3月11日、大阪地裁において原告(稲田)敗訴。控訴するも2016年10月12日、大阪高裁により控訴は棄却された。 2017年5月30日、最高裁は稲田の上告を退け、稲田の敗訴が確定した。

余談

初代会長・桜井誠が小説・銀河英雄伝説のファンである旨公言していた事から、同作に登場する組織・憂国騎士団になぞらえてリアル憂国騎士団と呼ぶ人々もいる。
ただし、これは「憂国騎士団」が国家主義的テロリスト集団であることから、賞賛ではなく皮肉である。

関連タグ

ネット保守 日本人差別 在日特権
ヘイトスピーチ ネット右翼 ネトウヨ

pixivに投稿された作品 pixivで「在日特権を許さない市民の会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10690

コメント