ピクシブ百科事典

在日特権

ねっとでしんじつのさいたるもの

在日特権とは極めて信憑性の低い都市伝説である。
目次[非表示]

記事編集にあたる注意

 この記事、およびデリケートな内容を含む記事の編集を行う場合、それらの記事の掲示板(この記事)やpixivメッセージ機能やスタックフィード等で他の編集者などときちんと確認と相談を行ったうえで編集を行うことにより編集合戦等の不都合な状態が解消されると思われます(あくまでも『相談』で『弾圧』や『無視』ではありません。)。
 また、ピクシブ百科事典の『利用規約』やpixivの利用規約を読み、その内容を理解した上で記事の編集や編集者との対話を行ってください。
 再度編集合戦白紙化などが行われた場合などは該当する編集者にコンタクトを取る、それでも解決しない場合はピクシブ百科事典pixiv運営通報するなどの対応を行って下さい。

概要

これらの特権は条約等により厳格に定められるもの、あるいは慣例などにより行われているものがあり、日本人が海外に居住した際にも受けられる場合も存在する。

各種権利の説明

 この項目では日本に在住する外国人が受けられる「特権」に関して記述を行う。なお、一部においては特権とみなされないものも含む場合が存在している。
 この「特権」には大きく分けて3つの種類が存在する。

  • 本国在住よりも日本に在住する外国人にメリットがある
  • 日本人よりも日本に在住する外国人にメリットがある
  • 日本に在住する他の外国人よりも特定の外国人にメリットがある

外国人の公的年金

 日本国では難民条約の批准の後、外国人に年金(公的年金)を開放している。また、ヨーロッパの一部の国やアメリカ合衆国などと社会保障協定という条約を結んでおり、「日本で支払った年金が本国の年金に加算される」「年金を両方に納める必要がない」仕組みになっている。ただし、大韓民国イギリスとは日本国とこの条約は一部(年金の二重払い防止)でしか結ばれておらず、中華人民共和国などのアジア圏のほとんどとこの条約を締結してはいない(アジアで説明すると締結は大韓民国のみ、また署名済みであるが発ないインドがある)。
 なおこれは相互条約であるため、日本人が条約締結国に居住する場合も適用される。
参照:日本年金機構社会保障協定とは何ですか?社会保障協定を締結する背景・目的

兵役

 一部外国においては徴兵制をしくところがある。その場合、在外同胞にこの権利を猶予すると定めた国が存在している。これは本国以外の外国に居住する外国人も同じ扱いである。

日系人の在留資格

 外国人が日本国に入国する場合、原則としてビザ(査証、旅券が有効なものであり、入国してもよいと言う許可を示したもの)が必要となる、ところが働くために必要となる就労ビザの申請は厳しく、ビザに定められた仕事にしか就業できない。ところが、日系人(二世および三世)の場合、職種を問わない在留資格が認められる場合が存在する。
法務省:日本での活動内容に応じた資料【在留資格認定証明書交付申請】

特別永住者

 特別永住資格を持つ外国人、これは大東亜戦争終了後、戦後処理の失敗(日本国内における状況や現地の状況を勘案せずに旧植民地占領、あるいはその後独立させたことにより、原住民に対する政策に齟齬を生じた。参照)により「日本人とされたがその後外国人となった人々が日本国内に居住する」異様な事態となったため、日本国はこの人々に対応する在留資格を定めた。彼らには通名の使用(これは本来朝鮮の「創氏改名」や台湾の「改姓名」の影響で日本風の氏名を持つこととなったが、それが本国の意向により無効となったため用意された面が大きいのだが、悪用されることがあったとされる、リンクは産経新聞の報道記事をweb魚拓に保存したもの、なお通名は在日外国人全体が登録により使用可能である)や他の永住資格者と異なりほとんど強制退去されないといったメリットが存在しているとされる。
 また、彼らの配偶者も日系人と同様ビザ申請が別申請となっており(上記リンク参照)、他の外国人よりも優遇されているようである。

国内団体による優遇

 在日外国人のうち、外国人であり日本人と同等の力を持たない彼らの権利を守るための団体を持つものが存在する。その団体の中には大きな力を持ち、在日同胞のため力を尽くすが、その中には日本人および他の外国人に対する逆差別となりかねないような要求を通してしまうものも存在した。
 これは「うるさい連中はそうでない連中よりも優遇して黙らせる」という現場でのお役所仕事によるものが大半であるとされる。
 事例を挙げれば一部地方における税金の減免(事例1J-CASTニュース、三重県の事例、事例2伊賀市ホームページのその点を解説したページをweb魚拓に保存したもの、この事例は問題となった後、在日外国人への税金の減免を取りやめたとされるが、ソース消えている)や、朝鮮総連の傘下企業等における税金の扱い(これは朝鮮総連の発行した冊子中に優遇措置があるとの記述が見られるとされ、平成11年の参議院予算委員会の総括質問にてこの件に関して質問されたことがあるものの国税局はその存在を認めていない、なおソースが消えている)などが存在する。
 また一部では在日韓国人生活保護に関してもこれに該当するのではないかと考えている(彼らの有力な後援団体が後押ししているためであり、日本人であっても有力な個人および団体、たとえば地方議員弁護士などが存在すれば生活保護の申請はあっさり通るるため、在日特権と言うには無理がある)。

国としての立場

 なおこれらの特権とされるものの一部(ここでは特別永住資格生活保護申請の優遇)に対して日本政府は「特定外国人に対する特別な権利ではない」との立場をとっている。

結論

「『在日韓国人 帰化申請手続き』のグーグル検索結果(外部リンク)」を見れば判るように少なからぬ弁護士事務所在日韓国朝鮮人向けの帰化申請手続きを業務として行っている(在日韓国・朝鮮人に特権があると仮定するなら事実上成り立たないビジネスであるが、日本国における在日外国人のデメリット、たとえばパスポートなどの公的書類が必要な場合それらを本国に申請する必要があり、本国で使用される言葉ができない場合手続きを代行してもらわねばならず多大な費用と時間がかかる、海外渡航の際ビザが通常の日本人と異なり、不具合が生じるなど行政書士 小林法務事務所参照、あるいは特定の資格免許などで「日本人に限る」というものが存在している場合があり、さらに自分たちで帰化申請を行う場合書類をそろえたり窓口に出向いたりするため時間およびお金がかかり仕事に支障が出る可能性が存在する。また帰化申請を行おうとする在日韓国人等は基本的に特別永住資格所有者である可能性が高く、ノウハウのある弁護士にとっては他の外国人帰化の斡旋よりもおいしい仕事であることを考えれば普通に考えうることである)事や在日特権を許さない市民の会広島支部の運営を担当する幹部(確認したところ現在「中国管区担当副会長」)広島イオンモール内部の免税店(これは店舗の場所から察するに江田島に近く、可能性として海外航海を行う海上自衛隊の船舶勤務者を対象としている可能性がある。
ちなみに6ヶ月以上日本に滞在する在日外国人は免税店を利用できない)を「在日特権だ」と噴き上がった一件(自分たちが何と戦っているか判ってないらしい……)などを見るにつけその存在はトンデモ本レベルの与太話と見做した方が良いだろう。

関連項目

外国人(在日外国人)
在日特権を許さない市民の会(在特会
ヘイトスピーチ ネット右翼 陰謀論 ネットde真実

pixivに投稿された作品 pixivで「在日特権」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4397

コメント