ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ぱよぱよち〜ん

ぱよぱよちーん

「ぱよぱよちーん」とは、とある左翼活動家がtwitter上で挨拶に使用していた言葉。転じて、ある種の活動家への蔑称。
目次 [非表示]

概要

この言葉はレイシストをしばき隊』『SEALDsなどで政治運動をしていた左翼活動家の久保田直己氏が、twitter上で挨拶として使用していた言葉であり、これが発覚するきっかけとなった事件を発端にして大変な話題となった。

また、その経緯からこの言葉自身がサヨクの活動に対する揶揄として用いられるようになった。


発覚の経緯

発端は右派漫画家はすみとしこ氏がFacebook上でアップした偽装難民を揶揄したイラストが「難民に対する差別である」として物議を醸したことに始まる。これにしばき隊メンバーなどが激怒し、批判およびこの行為が難民に対するヘイトであるという宣伝行為など行われた。


ところが、はすみ本人やその行為でのみの批判で留まっていればよかったのだが、当時『闇のあざらし隊』というハンドルネームを名乗っていたしばき隊メンバー久保田は、上記のはすみの記事に「いいね」ボタンを押した300人程の人物達をリスト化し、「はすみリスト」として晒し上げの形で個人情報公開

この行為ははすみを支持する右派のみでなく、リベラル側(皮肉やシステムがわからず「いいね」を押していた人も存在する)からも賛否両論が巻き起こった。


そこで彼の個人情報(実は彼はyoutubeのアカウントにアマチュア無線のコールサインを利用していた)が特定されてしまい、そんな中で過去のツイートから本名、さらに情報セキュリティ会社の社員であることが判明し、過去のツイートの掘り起こしが進むことになり、問題発言が多数掘り出された。

さらに過去に彼と反原発運動で一時期親交があった千葉麗子と親しげに会話している2014年初旬のツイートが発掘され、その中の「レイちん、あけおめ、ぱよぱよちーん」という会話がネット上でインパクトを与えることとなり一気に騒動が広まった。


これにより、セキュリティ会社の社員が自身の身勝手な政治思想に基づいて、300名あまりの個人情報を収集して『ネトウヨ』『レイシスト』と勝手に認定し、危害を加える、あるいは加えさせる目的で晒し上げるというカギ屋が泥棒をするような事件ではないか、との指摘が多数寄せられた。


このニュース海外まで報じられ、該当のセキュリティ会社は公式に謝罪し、管轄である警察署に相談して調査が行われており、いまだに収拾がついていない状態で、久保田は逃げるように退職している。

この情報漏洩の可能性のある事件を引き合いに、日本における「平和運動家」を自称する団体および個人の危険性ソフト宣伝する言葉として使用されるようになった。


その後の展開

しかし、事件は久保田本人の失職だけでは終わらなかった。

事件が大変話題になったこともあり、「ぱよぱよちーん」という語感を面白がってネタにするネット住民や、はすみ氏および「ぱよぱよちーん」をねたにする人々に対し激怒して噛み付くしばき隊メンバー、そのしばき隊に苦言を呈する弁護士達としばき隊側につく弁護士がtwitter上で喧嘩を始めるなど事態は混沌。一例を挙げるとろくでなし子氏(漫画家芸術家女性器の3Dデータを配布して逮捕されたことが有名である)が謎の音頭、ぱよちん音頭をつぶやき、メンバーに噛み付かれて誹謗中傷されたりしている(後に後述する新潟日報報道部長ツイッター中傷投稿事件に関して手記も投稿している)。


一連の騒動もあって、「ぱよぱよちーん」と「サヨク」を組み合わせたパヨクという言葉も生まれ、主にサヨクに対する蔑称として用いられている。


余談

  • 当事者である久保田にとってこの不名誉は耐え難かったらしく、SNS上で盛んに「パヨクとはパワー左翼のことにしないか」「パヨクとはパーな右翼のことにしよう」等と歴史修正を試みていた。また、実名を記述しているまとめ記事に対して、片端から削除申請や白紙化を行っており、かねてから嘯いていた「実名を晒す行為は問題ない。名前を特定される馬鹿が悪いからだ」という自説を自ら撤回する形となった。
  • 英国のロックバンド「ザ・ウォーターボーイズ」が、2016年に突如「Payo Payo Chin」という新曲を発表して話題となった。メンバーのマイク・スコットがろくでなし子の夫であるためと見られている。
  • 風刺漫画「テコンダー朴」でも本件を扱った回が存在し、久保田と思しき男がドラムセットを「パヨパヨチーン」と打ち鳴らす様が描かれている。
  • この記事も過去に久保田によって荒らされた末に削除されたことがあるのだが、彼はその荒らし行為の際に「アカウント停止処分を受けるたびに捨て垢を作って舞い戻ってくる」という所業を繰り返した。2020年5月14日以降に停止が(何故か)解除された折には歴史修正行為だけでは飽き足らず、大量の日本ヘイト記事を投稿するという重大な規約違反を犯す過去最大の発狂をし、呆れ果てた住民の集中通報によりわずか数分で排除されるという醜態を晒した。
  • 2023年現在も彼は過去に自らが犯した愚行の記録(デジタルタトゥー)の削除に熱を上げている模様である。

関連タグ

左翼 サヨク パヨク

レイシストをしばき隊 SEALDs


外部リンク

関連記事

親記事

市民団体 しみんだんたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 677

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました