ピクシブ百科事典

レイシストをしばき隊

れいしすとをしばきたい

現・「C.R.A.C.」こと「対レイシスト行動集団」の旧名称である。
目次[非表示]

概要

この名義の団体は平成25年10月に野間易通氏がtwitterにて発言したひとことをきっかけに結成、約半年で解散している。
そのため、現状では便宜的に野間の結成した直接の後継団体である「対レイシスト行動集団(Counter-Racist Action Collective,C.R.A.C.)」及び、元メンバーなどが結成した「友だち守る団」「差別反対東京アクション」「男組」「憂国我道会」等の諸団体を含めて「しばき隊」と総称されることが多い。
活動としては非暴力の対抗活動を標榜しているが、活動内容およびその他の言動に問題が多く見られる。

活動内容

この団体は『在日特権を許さない市民の会(在特会)』に代表される右翼団体(所謂行動する保守)の外国人排斥活動やヘイトスピーチへの対抗活動(カウンター)を主とする、と表向きには主張している。
実際にはむしろヘイトスピーチの温床でありかつ暴力、脅迫、誘拐未遂、犯罪予告などなど様々な犯罪行為を行う反社会的組織である。
メンバーには、デモ衝突の結果、右翼団体や警官への暴行により逮捕された者が多数おり、中にはしばき隊同士での内輪もめによる逮捕者まで存在する。
風紀の維持が疎かになり、生活保護の不正受給といった政治活動に関係ない犯罪で逮捕されるケースも散見される。
インターネット、特にtwitter上で問題を起こした事例も多く、関係者は頻繁にアカウント凍結処分を受けている。

現実的な問題点

実質的主催者である野間易通氏は、度々ネット上で自身の個人的な嫌悪感に基づく差別発言を繰り返しており(彼はしばき隊結成以前から趣味が合わない他人を中傷していた(1)(2))、自己矛盾の様相を呈している。
中でもオタクに対する差別発言が多く、これは潜在的な味方(ポルノ規制反対の立場から保守に反発する人々が多数存在する)を減らすものとして批判の声が強い。
しかも野間自身はいくつかのジャンルにおける重度のオタクであり、はっきりと言ってしまうと特定ジャンルのオタクが別ジャンルを見下すというオタクにありがちな意識をあけっぴろげに露出した上、それに政治思想を絡めて拗らせただけであることを自ら晒している。
また、かつてwikipediaの自分の項目ページに身長が書き込まれていたとき、147cmという実身長を隠すため自ら改変していた。しかし、その数字も165~169cmとセコい数字を書き込んでいる。あまりにセルフ編集が酷すぎた時は、ブロックされた上3センチマイナスされていた

さらにはこの団体の運動が元々嫌韓ヘイトスピーチに抗議する目的であったにも関わらず、自分に賛同しない韓国人に対してはヘイトスピーチを実施したりといった本末転倒の言動も多く、物議を醸していた。

スタンスとそれに関する問題

しばき隊の表向きのスタンスはあくまでも「在日韓国人などの外国人へのヘイトに対する暴力的なカウンター」であり、『左派系』と言うより良くも悪くも『右も左もない』的なものと解釈される。
それを象徴するのがしばき隊系団体の一つとされる「憂国我道会」であり、これは「八紘を宇となす王道楽土を建設せん」をスローガンとする右翼団体である。

しかし前述のとおり実際には信念も主義も建前だけの犯罪者集団であり、ゆえに本物の反差別団体や運動家の全てと関係が良好というわけでもなく、むしろ自分たちの主張を認めないものはすべて敵とする態度から、対立関係にある活動家も少なくない。
左派ミュージシャンの三宅洋平・大袈裟太郎、人権派の重鎮高島章弁護士、反保守ポルノ作家のろくでなし子、科学ライターの片瀬久美子等、当初は協賛していたのに意見の違いから集中攻撃を受けた活動家は数知れない。
また路線的な対立以外に金銭トラブルも発生しており、現在著述家となっている菅野完がしばき隊系団体「People's Front Of Anti-Racism」で金銭横領をして追放されるという事件が発生している(参照。なお、金銭は返却され当事者が公に認めたことで刑事事件にならず収束している)。

近年は先鋭化が進むあまり、過激にならぬよう自制を促した穏健派構成員にまで暴行するケースも見られ、しばき隊リンチ事件はその代表である。
流石に暴走しすぎたらしく、左翼紙にまで批判記事が載りはじめており、団体を熱烈に支持してきた極左ライターの清義明にすら「自分たち反差別運動に関わるものに敵対するものはすべて私の敵である、こうなってしまったのだ(中略)彼らは狂信者である参照)」と嘆かれている。その他、名義変更後の具体的な不祥事は該当項目を参照。

関わった非政治団体・人物

今やテレビ出演などで一般にも(主に悪い意味で)知られるようになったネットに強い弁護士を自称するパカ弁
本人はしばき隊のメンバーではないものの、以前から深い関りを持ち、元メンバーである菅野完との面識がある。
また、メンバー兼顧問弁護士の原田學植とは盟友と言える関係を持っており、下記飲食店の開店祝いで関わりが判明した後の2019年4月7日に、代表の唐澤と共に法律事務所Steadiness所属に。

唐澤貴洋を尊師と崇める冗談宗教。
※方針を無視して恒心教を私的な目的で濫用するなどの行動をとった者は、問答無用で臭芋として処理するなど、政治的な活動や言動を徹底的に避けるようにしている組織である。

しかし例外的にしばき隊に関しては、上記唐澤貴洋との関係もあり対立に近い状態が現在に至るまで続いており、C.R.A.C.を煽るための偽サイトの作成やTwitter上での凍結合戦などの小競り合いも発生している。
その後時を経て上記菅野完との関わりが判明した後に、しばき隊のフロント企業疑惑のある飲食店の悪評をばらまいて図らずも閉店に追い込んでいる。

人外・獣人オンリー同人誌即売会。
運営者が個人的にネット右翼と揉めたことがあり、その際に巻き込まれる形でしばき隊が参戦(参照)。暴力行為を仄めかすなど不穏な事態となった。
そこまでは偶発的事件であるが、その後も即売会としばき隊との関係が続いていることが確認されている。主に会場の警備等を依頼しているという。

関連項目

しばき隊 対レイシスト行動集団
人種差別 ヘイトスピーチ カウンター 差別
テコンダー朴:作中に「チョッパリをどつき隊」という既視感のある団体が登場。

外部リンク

公式ホームページ
twitter:C.R.A.C

  • ※プロフィールにある通り、作成7日以内orフォロワー15以下のアカウントからリプライを送ると自動的にブロックされるため注意。 wikipedia:対レイシスト行動集団

関連記事

親記事

市民団体 しみんだんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レイシストをしばき隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8529

コメント