ピクシブ百科事典

行動する保守

こうどうするほしゅ

行動する保守とは、デモや街宣などといった政治運動によって批判を訴えることを主とする保守系団体。またはその運動のこと。

概要

主にデモ街宣(街頭宣伝)などといった政治運動によって、批判対象への批判を訴える保守系市民団体のこと。また、その政治運動そのものを指す場合もある。

それまで時に暴動暴力事件に発展する過激な政治運動は左翼系の市民団体が行うもので、保守系市民団体の政治運動は、左翼系団体が保守系団体の印象を貶めるために、右翼に成りすまして行っていた街宣活動(街宣右翼の正体 - Yahoo!Japanジオシティーズ)を別とすれば、論文や論説の公表や、講演会や勉強会の開催辻立ち演説などにより国民の理解を得る方法が主であり、デモ行進などの政治活動は好まれなかった。

しかし、彼らはこれら従来の運動形態を「手ぬるい」として、「語る保守」「綺麗事保守」と位置づけ、それまで保守系団体では好まれなかった、デモ・街宣・シュプレヒコールなどの批判対象に対して直接訴えかける運動手法を主に据えるようになり、積極的に動き回って相手に直接批判を訴えかける様子から「行動する保守」とよばれるようになった。

左翼系団体はこうした彼らの活動に対して、よく「カウンターデモ」と称した無許可の違法なデモ活動で妨害し、自分たちの過激な政治活動を棚に上げて口汚く罵倒し、「差別」「ヘイト」といったレッテル貼りを行っている。

だが、彼らのデモ活動は「あらかじめ公安から許可を得て、警察の先導に従い国旗を掲げて徒歩で行進する」というもので、左翼系団体が行っているような周囲の迷惑を顧みない暴動染みた過激な活動とは全く違っており、左翼系団体や彼らを贔屓して擁護している大手マスコミが宣伝している保守系団体が暴力沙汰を起こしたというバッシングも、殆どが左翼系団体の妨害が原因でそうなったものばかりである

関連タグ

政治 保守 愛国
デモ 街頭宣伝
シュプレヒコール 批判

コメント