ピクシブ百科事典

日泰友好

にったいゆうこう

日泰友好とは、日本とタイ王国の友好を示す。
目次[非表示]

概要

日本タイ修好120年にわたる友好関係をもち、国交自体は1388年の室町時代シャム王国(後のタイ王国)の船が、日本に1年間滞在したという記録があり、それらを含めると、日本とタイの交友は約600年に上る。
更に、それ以前にも交流があったとする記録もあり、そこから数えれば約1500年に及ぶ非常に歴史ある長い関係である。

歴史

古代

日本書紀によれば、542年の欽明天皇の時代において「百済(くだら 朝鮮半島にあった国)王は扶南の財貨及び土人二人を献上した」とあり、扶南とは、タイカンボジア方面に存在した国であり、諸説あるが現在のタイ人たちの先祖にあたるタイ民族は、6・7世紀頃に漢民族の圧力を受けて揚子江以南より移動してきたと言われており、時期はちょうどこの頃となる。

しかし、まだ現在のタイには到達していなかったとする説もあり、大和朝廷に献上された土人というのは、先住民のモン・クメール系の民族である可能性もある。
だが、1238年にタイ民族による近代的国家であるスコータイ王国が建国される以前から、日本とタイ民族の間で交流があった可能性があるのは確かなことである。

中世

平安時代の初期に、大和朝廷皇族である高岳親王(たかおかしんのう)が出家され、861年にインド歴遊のためへいき、広東より船で出発し、東南アジアにあったとされる国である羅越国で薨去(こうきょ)されたと伝えられており、羅越は諸説あるが、タイ中部に存在したという説があり、平安時代・鎌倉時代において、唐やの国と交易をしていた日本は、そこから通じてタイとも交易をしてたとされる。

近世

戦国時代の頃にはすでにアユタヤに日本人も存在しており、タイに渡った武士たちによる傭兵団が活躍し、中にはアユタヤ王朝兵士として仕官する者もいた。
特に江戸時代前期にタイに渡り、現地で名を馳せた沼津藩士山田長政の活躍はタイでは伝説になっており、彼の活躍を元にしたタイ映画アユタヤの侍は、『タイ・アカデミー賞2011』において『視覚効果賞』『メイキャップ賞』『作曲賞』の3部門にノミネートされている。

その後、鎖国政策がとられたことで、海外に出向く日本人の数が少なくなり、更にビルマの侵攻によりアユタヤ王朝が崩壊してしまったことで、日本人町の日本人たちは散り散りになってしまい、現地タイ人たちと同化していき自然消滅してしまったとされるが、現在もタイの別地域に、複数の日本人町が形成されており、アユタヤの日本人町も、タイ王国世界遺産古都アユタヤ(アユタヤ歴史公園とも)』の一部として、町の跡地に記念碑が建てられている。

近現代

第二次世界大戦下では、両国は同盟関係にあり(日泰同盟・日泰攻守同盟条約)、共に連合軍を相手に戦っていた。
当時の時代を舞台にした小説であるメナムの残照(タイ題:クーカム)』は、タイで大ベストセラーとなり何度も映像化され、2013年に公開された新作映画は、第27回東京国際映画祭のCROSSCUT ASIA部門に選出されている。

経済・観光

両国は経済的に繋がりが深く、タイの国際貿易に占める対日割合は、2003年の時点で輸出14.2%輸入24.1%、日本からのタイへの直接投資は975億バーツとなっており、タイに対する外国投資額全体の半数を占めている。
タイにとって日本は貿易額、投資額ともに第一位となっている。

また、タイを訪れる日本人は2004年度では120万人を越えて世界第一位であり、日本人観光客が年間約100万人以上訪れるという人気の海外旅行先で、多くの日系企業もタイに進出しており、日本国内でもタイ料理が親しまれるようになっている(トムヤムクンガパオなど)。中華料理インド料理ほどメジャーでは無かったが、都市部を中心に広がりを見せている。

2002年に外務省が発表した「日本に関するASEAN(6カ国)世論調査」によれば、タイ人89%が日本を友好国だとしており、日本を訪れるタイ人は年々増え、特に2013年7月に安倍政権東南アジア諸国のビザ発給要件を緩和したことによって更に急増している。

また、相互のマナーやモラルの高さも近年知られるようになり、フリージャーナリストの奥窪優木氏による産経新聞系列のニュースサイト『ZAKZAK』に詳しく掲載される。以下を参照されたし

タイ新幹線

2015年5月27日に、日本太田昭宏国土交通相とタイプラジン・チャントーン運輸相が国土交通省内で会談し、タイで製作を計画されている高速鉄道について、日本の新幹線方式の導入を前提に調査を始める覚書を締結し、新幹線導入で事実上合意した形となった。

合意したのは、バンコクからチェンマイ間を結ぶ約670kmの路線で、日本の新幹線と同じく専用軌道を建設する予定であり、総工費は日本円で1兆円(約2800億バーツ)超という規模となる。
開業時期はまだ未定だが、実現すれば台湾新幹線に続く新幹線輸出となり、安倍晋三政権が成長戦略で掲げるインフラの海外輸出にも弾みがつくこととなる。

日本皇室とタイ王室

日本皇室タイ王室は、国交が始まった約600年前に遡るほど、古くから非常に親密な交流があり、日本の皇族は伝統的にタイを訪問している。
1964年には明仁皇太子今上天皇)が皇太子妃とともにタイへ公式訪問し、当時行われていたテラピア(食用魚)の導入の研究を視察した時、研究されていた種のテラピアよりも「テラピア・ニロティカス」(ナイル種のテラピア)が適当ではないかと魚類学者としての観点から助言、帰国後に東宮御所内で養殖したテラピア・ニロティカス約50匹をプーミポン国王(ラーマ9世)に贈呈した。
その後、国王はその魚を宮殿内でさらに養殖してタイ全土に配布し、現在その魚は「プラー・ニン」(公には『黒い魚』の意)と呼ばれ、タイで最も一般的な食用淡水魚となっている。
タイではこれが重要な動物性たんぱく源となってタイ国民の体位向上に貢献したと謂われており、このエピソードにちなんで2005年の愛知万博では、タイ政府パビリオンの壁に今上天皇のプラー・ニンの寄贈に感謝の意を示す銘盤が掲げられた。
ちなみにプーミポン国王は、国民にプラー・ニンを食べることを勧めていたが、自分が食べることは決してなかったという。理由は「プラー・ニンが自分の子供のように思えるから」とのこと。

仏教

日本とタイは、共に仏教文化が深く浸透している国家であり、宗派(上座部仏教大乗仏教)こそ違うものの、互いの思想に理解のある部分があり、日本仏教タイ仏教は交流が盛んである。

愛知県名古屋市千種区において、タイ王国から国王ラーマ5世によって寄贈された真舎利(釈迦遺骨)黄金の釈迦像を奉安するため、明治37年(1904年)に『覚王山日暹寺』が創建された。
その後、昭和14年(1939年)に当時まだシャム王国だった名称をタイ王国へ改名したのに合わせて、名称を『覚王山日泰寺』に改名され、仏教信仰しその文化が深く根付く両国の友好を示す地として現在でも賑わっている。

名称の「覚王」とは釈迦の別称で、「日泰」日本国タイ王国を表している。
日本のどの宗派にも属していない超宗派と呼ばれる国内唯一の寺院であり、各宗派(現在19宗派が参加)の管長が三年交代で住職を務めており(境内北側に設置されている僧堂(修行場)だけは曹洞宗が管轄)、住職は宗派の違うお経を唱えることもあるという。

境内には真舎利日本に寄贈したタイ国王ラーマ5世の像が存在し、在日タイ大使は誕生日に参拝するのが習わしとなっており、在日タイ人タイ系日本人もしばしば参拝に訪れるという。
毎月21日に、境内と約600メートルの参道に日用雑貨・生鮮食品・外食の屋台が100店ほど出店し、多くの人で賑わうという。

武術

日本の空手道(空手)と、タイのムエタイ(古式ムエタイ)は、共にインド伝統武術であるカラリパヤットが源流とされ、型などにも共通点が多くある。

また、双方とも仏教との関わりが深く、ムエタイはワイクルー(祈りの踊り)をはじめとした儀式的な要素があり、空手の「空」は般若心経にある仏教の思想である空(くう)からきている。

格闘技の一つであるキックボクシングと、そこから発展したシュートボクシングは、共にムエタイを参考として日本で生まれた格闘技である。

関連動画


動画は、タイで活動する日本人と、日本に行きたいタイ人をフォーカスし、ドキュメンタリー映像とすることで、日本とタイを繋ぎ、「海外で働く、生活する」可能性を可視化することを目的としたウェブ番組である。


日本の国民的特撮ヒーロー番組『仮面ライダー』がタイでは大人気であり、ライダー1号/本郷猛役の藤岡弘、氏のファンは特に多いようである。


東日本大震災の際に、タイから日本へYouTubeを通して贈られたエール

『アリエル王子と監視人』

2015年に日本タイが共同で制作した合作映画
お忍びで熊本にやってきた異国の王子と、その監視人に選ばれた女性の交流を描くロードムービー。

関連イラスト

【夏コミ新刊・その2】Giftタイに嫁いだ海防戦艦姉妹のおはなし
ぱややーむ!



関連タグ

日本 タイ 仏教
親日 国家
米同盟/泰さん×本田菊(ヘタリア)
タイ料理

外部リンク


@大使館@

pixivに投稿された作品 pixivで「日泰友好」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2916

コメント