ピクシブ百科事典

曹洞宗

そうとうしゅう

曹洞宗とは禅宗の一つ。
目次[非表示]

中国の曹洞宗

中国仏教における「宗五家」の一つで、その法統は道元によって日本に持ち帰られた。

中国拳法少林拳」を伝える嵩山少林寺も曹洞宗の寺である。
の時代にクビライによってこの寺を任せられた雪庭福裕禅師の時代に教勢を強め、嵩山少林寺は現在に至るまで中国曹洞宗の中心地であり続けている。

の時代から曹洞正宗を名乗るようになった。

日本の曹洞宗

の時代に天童如浄禅師から印可(境地の証明書)を与えられた道元が日本に持ち帰り布教した。
福井県永平寺神奈川県總持寺の二つを大本山とし、総本山が存在しないという珍しい宗派である。管長(その宗派で一番偉いお坊さん)は、この二つの大本山から交代で輩出することになっている。

同じ禅宗の臨済宗が公案(わけのわからない問いかけ。いわゆる禅問答)を用いるのに対し、ひたすら座禅を組んで座れという只管打坐(しかんたざ)を説く。このシンプルさゆえに、下級武士や農民の間に広まった。

勤行においては、観音経など『法華経』のいくつかの品(章)、『般若心経』等に加え、道元の主著『正法眼蔵』をもとに明治時代に編纂された『修証義』を読み上げる。

関連タグ

臨済宗 黄檗宗

pixivに投稿された作品 pixivで「曹洞宗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 468

コメント