ピクシブ百科事典

優しさを失わないでくれ

よわいものをいたわりたがいにたすけあいどこのくにのひとびとともともだちになろうというきもちをうしなわないでくれ

「優しさを失わないでくれ」とは『ウルトラマンA』に登場したエースの最後の言葉である。 
目次[非表示]

概要を忘れないでくれ

ウルトラマンA』最終回の第52話のラストにおいて、地球を去る時にエースが子供達に残した言葉。或る日、ヤプールに追われる遊牧宇宙人であるサイモン星人が子供達に虐められている所をTACが保護した矢先、街にヤプールの操るジャンボキングが出現して破壊活動を開始した。
サイモン星人が北斗やそれまで虐めていた子供達に匿われる中、ジャンボキングはTACの攻撃を物ともせずに暴れ回り、街を半壊させてしまう。そしてヤプールがサイモン星人の引き渡しを要求すると同時に姿を消すのだった。
TACは一時サイモン星人の引き渡しも検討したが、子供達の思いを無駄にしないためにも、「家や街は、また建て直す事もできます。しかし、あの少年達の気持ちは、一度踏みにじったら簡単には元には戻りません」と北斗は主張する。

翌日、再び現れて暴れ回るジャンボキングに対し、TACは新兵器の「細胞破壊ミサイル」で対抗するもバリアで無効化されて成す術が無い。一見するとこれまで通りヤプールが超獣による破壊活動を行っているだけに見えるが、この悪魔の狙いは其処では無かった。

北斗と2人だけになった所を見計らい、ヤプールはテレパシーで自分こそが子供達が守ろうとしているサイモン星人の正体だと告げて自らを殺させようとする。全ては子供達の目の前で北斗に友達になったサイモン星人を殺させる事で彼等の心から優しさを奪うと同時に、エースを地球から追放してしまおうと言う、ヤプールの下衆以下の鬼畜な奸計だったのだ。
意を決してサイモン星人に化けたヤプールの残党を射殺した北斗は、子供達の前で正体を現すと同時に残るジャンボキングを倒す。
ヤプールの思惑通りに地球を去る事になったエースだが、去り際に子供達へ最後の言葉を残した。

「優しさを失わないでくれ。 弱い者をいたわり、互いに助け合い、 どこの国の人達とも友達 になろうとする気持ちを失わないでくれ。 例えその気持ちが何百回裏切られようと。 それが私の最後の願いだ」

時が流れ、後の『ウルトラマンメビウス』では第36話「ミライの妹」でエースが残した言葉として触れられている他、第44話「エースの願い」においても心無い地球人に散々虐げられたメビウスことヒビノ・ミライに対して、エースが同じ言葉を語りかけているが最後の部分が「それが私の、変わらぬ願いだ」に変わっている。

どんな余談も記そうとする気持ちを失わないでくれ

北斗役の高峰圭二は、放送でこの名言を聞いて深く感銘を受けると同時に、この台詞を言ったのがA役の納谷悟朗であった事に、「どうしてこんないい台詞を自分に言わせてくれなかったんだ」と番組スタッフに憤りを覚えたという。そして後年、メビウス出演を打診された際に、出演の条件として「あの名言(『優しさを失わないでくれ~』)を自分に言わせてくれる事」を提示し、メビウス第44話客演時にようやくそれを実現できた。

2020年5月3日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う特別企画「Stay At Home With ULTRAMAN ウルトラ空想科学時間」の第一弾としてA最終回がネット配信され、改めてこの台詞が注目されている。

関連タグが私の、最後の表記だ

ウルトラマンA 北斗星司
スター☆トゥインクルプリキュア:宇宙をテーマとしたプリキュアシリーズ第16作目。本編にはエースのこの言葉が当て嵌まる場面が幾つも散見される。

関連記事

親記事

ウルトラマンエース うるとらまんえーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「優しさを失わないでくれ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22811

コメント