ピクシブ百科事典

マグマライザー

まぐまらいざー

ウルトラ警備隊の誇る地底戦車
目次[非表示]

データ

所属:ウルトラ警備隊
型式名:「TDF MR-1」
全長:24メートル
重量:180トン
最高速度:時速100km(地上)・25km(地中)
乗員:6名(座席以外のスペースや貨物室も使えばもっと大勢搭乗可能だと思われる
武装:岩石破壊光線・ロケット砲




登場話
第17話「地底GO! GO! GO!」
第20話「地震源Xを倒せ」
第30話「栄光は誰れのために」
第40話「セブン暗殺計画(後編)」
第49話「史上最大の侵略(後編)」

概要

ウルトラ警備隊の使用する地底戦車で、ダイヤモンドの数倍の硬度のジェットドリルで地面を掘り進む(ドリルが効かない場合は光線で破壊する)補給なしで最大で12日間連続の地下走行が可能である。主に地下への探索で使われるが、地上戦用に戦車隊の指揮車としても使われ、訓練時には一般隊員も使用することがある。操縦自体は難しくないらしく、プラチク星人に奪取された事もある。ガッツ星人の警戒網をくぐり抜けてウルトラセブンを救出したり、爆弾を満載し自動操縦でゴース星人の基地に突入して爆破するなど全編に渡って活躍している。


そのデザインのかっこ良さから、ウルトラシリーズに登場する防衛チームのメカの中でも人気が高い。


現実にはこのデザインで地中を掘り進むのは不可能だが目を瞑りましょう。


……と言いたい所だが、実はこのマグマライザーは、かつてペガッサ星人が地球に持ち込んでいた地球破壊用の爆弾に備えられていた装置(岩石を音波で砂レベルで破砕するシステム)が応用されてる事が小説版「ウルトラマンメビウス」で明らかにされており、言わばドリルと音波破砕装置の併用で地中を掘り進むので、あのようなスタイルでも何の問題もないと言う事である。
またこの小説中においては「元々地球外の技術に由来する」ことに加え「量産化された技術である」という理由から「人類が創り出した最初のメテオール」であるという評価もなされている。

余談

ニンテンドーDS怪獣バスターズ/怪獣バスターズパワードでは、マグマライザーを模した武器『マグマライザーハンド』を作製可能。

関連項目

ウルトラセブン ウルトラ警備隊

pixivに投稿された作品 pixivで「マグマライザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4815

コメント