ピクシブ百科事典

2万年早いぜ!

にまんねんはやいぜ

ウルトラマンゼロの決め台詞である。
目次[非表示]

概要? 2万年早いぜ!

「俺のビッグバンは、もう止められないぜ!」ブラックホールが吹き荒れるぜ!」など数々の名言(迷言)を残しているウルトラマンゼロだが、この「2万年早いぜ!」はその原点かつ象徴とも言える台詞である。

初出は2010年発売の『ウルトラ銀河伝説外伝ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』。
装着者のパワーを抑える役割を果たすテクターギアを装着して自分の前(というより頭上)に現れたダークロプスゼロ(テクターギア・ブラック)に対して言い放った。(迷言)

「テクターギアだと…? …ふっ、力をセーブしても…俺に勝てるってわけか!! 2万年早いぜ!!」

2012年公開の『ウルトラマンサーガ』では、人間を「つまらない生き物」と見下すバット星人に対して発言した。(名言)

「お前が人間の価値を語るなんざ、2万年早いぜ!!」

ただし、どちらでも言った敵に敗北してしまっており、ある種の敗北フラグとなっていた。(まぁ、どちらも敵がチート級の強さだったから仕方ないけどね…)


それでも、以降の作品ではそのような扱いもなくなっている。
2015年公開の『決戦!ウルトラ10勇士!!』では、エタルガーに敗北したヒカルショウに対して発言した。

「ちったぁ頼りになるかと思ったが、今のおまえらじゃ2万年早いぜ」

同年放送の『ウルトラマンX』では、共にナックル星人バンデロを追撃しようと頼み込んだエックス(大空大地)に対して発言した。

「2万年早いぜ、お前らには…。俺に任せな。」

わざわざ自分から二人を成層圏まで呼び出しておいて、(挨拶自己紹介はしていたが)唐突にこの台詞だけを残して去ってしまったので、まるでこの台詞を言うためだけに大地とエックスを呼び出したようにも見える。

光の鎧ゼロアーマー


なお、その後エックスは無事にゼロと合流した際に「2万年も待ってられないんでね」と返していた。
ごもっともである


サブトラマンとしてレギュラー出演した『ウルトラマンジード』第9話では、ゼロと一体化した地球人青年伊賀栗レイトの娘マユを襲おうとしていたタイラントに止めを刺した際に発言。

「俺の娘に手を出そうなんて、2万年早い」

ウルトラマンゼロビヨンドの状態のため、口調自体は非常にクール。
レイトと一体化しているとはいえ、今まで息子キャラでいっていたゼロが「俺の娘」と言うのもなかなか面白い状態である
実際、レイトに「自分の娘なんですけど」と突っ込まれたが、「似たようなもんだ」とすぐ返している。

世のお父さん方は将来、娘さんが男を連れて来た時に使ってみてもいいかもしれない。

更に第24話では「(俺の下に来なかった息子は)どうやら反抗期のようだ。」と語ったベリアル・アトロシアスに対しこう発言した。

「貴様が父親ぶるのは、2万年早いぜ!!」

(親子と判明する前は半ばネグレクトと言われても仕方のない状況にはあったものの)そばにいなくても自分を常に思ってくれている父セブンに加え、家族の為に父親として頑張っているレイトを知るゼロだからこその台詞であろう。加えてベリアルは息子のジードを洗脳・一体化しようとするなどとても父親とは思えぬことをしでかしているので尚更である。

他の使用者? 2万年早いぜ!

ゼロ以外にもこの台詞を発した者はいる。

ウルトラファイトオーブ』では、ゼロの力を受け継いだエメリウムスラッガーとなったオーブが、レイバトスに止めを刺す時に言い放った。

2万年あっても勝てぬ


「俺達に勝とうなんざ、2万年早いぜ!!」

『ウルトラマンジード』第3話では、ゼロと一体化して間もない伊賀栗レイトが、絡んできた不良集団を逆にボコボコにした際に使用した(なにげに人間態の状態で使用したのは初である)。
この時はゼロの意識が表面化していたが、声はレイトのものだった。

ジーッとしてろ! ドーにかしてやる!!


「俺に喧嘩売るのはなぁ……2万年早いぜ!!」

第8話ではレイト自身もゼロならこういうであろうという形で、光を失ったゼロアイに語りかけている。

「僕には、2万年早すぎますか?それでもやってみたいんです、みんなを守るってことを!」

なお、このセリフに呼応して死にかけの状態から復活したゼロはこう返している。

「俺の相棒だったらもう30分早く判断しろ…」

ウルトラマンとしての力を得たことで強大な敵と対峙せねばならない、この事実にどこか怯えていたレイトを諌めつつ、それを許し尚ともに戦おうとする、そんなゼロの姿勢を印象づけるセリフである。

さらに最終話でも、光の国に帰ろうとするゼロがレイトの娘・マユに「俺の子になってもいいんだぞ〜」とジョークを飛ばした際に言い、お決まりのポーズ(後述)もやろうとしたが、アトロシアスとの戦いで腕を怪我していたため痛くて無理だった。

「ゼロさん、2万年早いッ…イテテ…」

なお、伏井出ケイのデビュー作:「コズモクロニクル」に登場する悪役キャラ“輝きの騎士ゾーラ”の決め台詞も「2万年早いぜ!」らしい。もっとも、この小説ベリアルのかつての戦いを元に書かれたものであり、ゾーラもゼロをモデルとしたキャラクターなので当然と言えば当然なのだが。

ただし映像作品では上述したようにベリアルが言われた事はこの後のジード24話まで一度もない。
時系列的に空きがあるのはプラズマギャラクシーかクライシス・インパクトのときくらいなのだが、どこで知ったのだろうか……?

余談? 2万年早いぜ!

懲りずにウルトラマンらくがき


この台詞を言う時は、この画像のように右手の人差し指と中指を立てるのがポイントである。(所謂裏ピース)

ゼロの決め台詞(?)の中でもこの台詞ほど登場しているものはなく、ゼロを象徴する台詞と言っても過言ではない…だろう、多分。
ゲーム作品でも、ゼロの勝利台詞として定着しつつある。

一応言っておくと、ゼロ本人の年齢は5900歳である(人間でいえば高校生相当)。そもそも何十万年も生きられるウルトラ戦士からすれば、この台詞は人間に例えると10年早いとか「100年早い」に近い感じなのだろう。
一方、初代ウルトラマン最終話で「私はもう2万年も生きた」と語っており、年齢が2万歳であることを明かしている。恐らく、「2万年」という年数はこのあたりを意識したものであろう。

関連タグ? 2万年早いぜ!

ウルトラマンゼロ
台詞
迷言
名言

ゴジラ対ウルトラマン - 声優の2万年繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「2万年早いぜ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29020

コメント