ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「時空を超えられるのは、お前だけじゃねえんだよ!」


「決着を付けるって言ったよなぁ!」


データ

身長:49m(ウルティメイトイージスを含むと55m)

体重:5万5千t


概要

ウルトラマンゼロが、自身の潜在能力を全開放した究極の光の姿シャイニングの状態で白銀の鎧ウルティメイトイージスを装着した姿。

時間を操るシャイニングの力と、空間を移動するウルティメイトイージスの二つの強大な力を発動させた形態。力の相乗効果のせいかシャイニングより更に輝きが増している。


変身プロセスは、初登場となる『UGF大いなる陰謀』ではイージスを召喚しながらシャイニングに変身してイージスを装着するという形で、『UGF運命の衝突』からは最初にワイルドバーストを経由してからシャイニングに変身してイージスを装着する。

その為シャイニングエナジーコアとウルティメイトブレスレットが同時に発光している。


単体でもかなりの体力を消耗するシャイニングウルトラマンゼロと装備自体にエネルギー切れが発生するウルティメイトイージスを重ね掛けしている為、体への負担とエネルギーの消耗が尋常では無く、長時間の維持は不可能。解除した後も大きなダメージが残ってしまうとされていた。


UGF大いなる陰謀』にて同系統の能力を持つアブソリュートタルタロスに対して使用。

接近戦では、長時間戦えない弱点を見抜かれ数発喰らいながらも一太刀浴びせて互角に戦う事が出来たが、上述の弱点をつかれ必殺技の撃ち合いに持ち込まれて変身解除。


負担とダメージに関してはグリージョのグリージョチアチャージで回復し、『ウルトラマンZ』第1話に繋がる事となる。

この経緯が判明してからは、『Z』第1話のゼロは「かなり無理を通している状態だったのではないか?」とその身を案じられる様になった。


続編の『運命の衝突』にも登場。解禁された複数のメインビジュアル及びOPではメイン格として登場している。

K76星でのセブンレオジョーニアスとの猛特訓の末、ゼロ自身の内に眠る野生を目覚めさせた新たな力ワイルドバーストに覚醒し、エネルギーの消耗が激しい故に短時間しか戦えないというデメリットを克服。長時間の戦闘も可能となり、名実共に最強の形態となった。



能力

ウルティメイトゼロの次元移動とシャイニングウルトラマンゼロの時間操作の力を行使出来るが、消耗が非常に激しく時間制限がある。(後にワイルドバーストを得た事で消耗による時間制限は克服している。)


  • 時空間移動能力

空間を移動するイージスの力と時間を超えるシャイニングの力でタルタロスのナラクに飛び込み、接近戦ではタルタロスを相手に短時間とはいえ互角に戦った。


  • ウルティメイトゼロソードによる斬撃

ナラク内でのタルタロスとの一騎打ちで振るうが、殆どを受け止められ、一度だけ直撃させた時は火花を散らしてタルタロスにダメージを与えた。


  • USワイドゼロショット

ファイナルウルティメイトゼロの如くイージスにエネルギーを貯め、両腕をL字に組んでウルティメイトゼロソードから放つ。ナラク毎タルタロスを吹っ飛ばすつもりで放ちアブソリュートデストラクションと撃ち合ったが、消耗を見抜かれアブソリュートデストラクションにもう一押し加えたタルタロスに押し返された。

惑星ブリザードでの決戦でも使用。タルタロスに対してセブンのワイドショットと同時に放つがバリアで防がれた。

映像作品では一度も敵に命中していない不遇な技であるが、ゲーム『ウルトラマンフュージョンファイト!』では唯一必殺技として実装された。


  • シャイニングウルティメイトゼロ

「俺に力を貸してくれ…ノア!!」

ファイナルウルティメイトゼロのウルティメイトシャイニングバージョン。他のウルトラマンの力を借りず(セリフからノアの力を借りてる説もあるが)、ゼロ単体で放つ技としては最高威力を誇ると思われる。反面、エネルギー消費も大きく使用後はシャイニングゼロの変身も解けてしまい、レオ兄弟に支えられなければ立っていられなかったほど。

タルタロスは(アブソリュートデストラクションで相殺しようとしたがレオ兄弟に阻止されたため)咄嗟にバリアで防いだがそれでも尚大ダメージを与えた。


  • USエメリウムスラッシュ

ウルトラマンコネクションライブにて初使用。

『運命の衝突』最終話でも使用し、タルタロスに大ダメージを与えた。しかし追い詰められたタルタロスがアブソリュート・マキシマム・デストラクションの使用に踏み切ってしまう。

唯一イージスを使用しない技だが、シャイニングエメリウムスラッシュより細くなっている。しかし惑星ブリザードの決戦では唯一ダメージを与えた光線技である。

何気にゼロの技では珍しく、セブンのエメリウム光線とSEが同じだったりする。


余談

「クロストークメイキング 監督&脚本の大いなる陰謀」の坂本監督によるとタルタロスが次元移動と時間移動を行えるため、それに対抗するために作られた形態とのこと。タルタロスとの戦いについては、あの空間はタルタロスにとって有利であり、初めて変身したためその力を使いきれなかったと解説している。この力を使いこなすために今後どうすればいいのかが、新たなゼロの成長に繋がるのではないかと述べた。


結果的に特訓を行うことになったが、特訓の主な目的はタルタロスに動きを読まれないようになることであり、この効果により通常形態でもタルタロスを圧倒するほどの格闘能力を会得している。そのためか、どうせ倒しきれないならわざわざウルティメイトシャイニングになる必要もないのでは?という人もいる。もっとも通常形態やウルティメイトゼロ等では技の威力が足りないと考えれば変身する意味はある。


元々シャイニングウルトラマンゼロがウルティメイトイージスを使う展開はステージショー等では度々見受けられたが、これもソードのみの使用だったりファイナルウルティメイトゼロの使用のみに留まっており、映像作品で披露されたのは『UGF大いなる陰謀』が初となる。

(CG等の都合もあってか)デザインも微妙に変化しており、ショー等で登場した際はシャイニングゼロそのままの素体にイージスを装備している、と言った風貌であったが『UGF大いなる陰謀』では全身が銀色に輝いている。またソードを装着する右腕はシャイニングの装飾が外されている。


OP曲『ZERO_to_INFINITY』には「無限大の力」、「ギリギリだって関係ねぇぜ」、「輝く俺達」とウルティメイトシャイニングゼロを連想させる歌詞が入っている。


間違えやすいが、シャイニングウルティメイトゼロだと必殺技の方になる為ご注意を。登場順(ウルティメイトゼロ→シャイニングウルトラマンゼロ)と覚えておけば間違うことは少なくなるだろう。


関連タグ

ウルトラマンゼロ ウルティメイトゼロ シャイニングウルトラマンゼロ


ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀


ウルトラマンゼロビヨンド(ギャラクシーグリッター)前作で新登場した形態。


ウルトラマンノア:イージスを纏った上に銀ピカになった事で近づいたとも言われる形態。時間移動等ゼロ側にしかない特権もある。


ウルトラマンレジェンド:同じく銀色が目立つウルトラマン。こちらは必殺技を放つ事によりタルタロスを撤退に追い込んでいる。


インフィニティードラゴン:似たような特徴の形態。


コンプリートフォーム21同期の特撮ヒーロー同時期に手にした新形態。既存の強化形態の更なる強化版、強敵に敗北してしまったと言う共通点がある。形態そのものとは関係ないが、無理をして変身していた点も類似(ウルティメイトシャイニングの再登場が確定した為、こちらも再登場を期待されている)。


超サイヤ人ブルー界王拳/超界王拳:異なる2つの形態の重ね掛けと体への負担のリスクから長時間の変身ができないという点で酷似している。

関連記事

親記事

シャイニングウルトラマンゼロ しゃいにんぐうるとらまんぜろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46290

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました