ピクシブ百科事典

コンプリートフォーム21

こんぷりーとふぉーむとぅえんてぃわん

「仮面ライダージオウ」に登場する仮面ライダーディケイドの強化フォーム。
目次[非表示]

K-TOUCH!21!

W OOO FOURZE WIZARD GAIM DRIVE GHOST EX-AID BUILD ZI-O ZERO-ONE
FINAL KAMEN RIDE DECADE

「変身!」

COMPLETE 21!

概要

仮面ライダージオウ』のスピンオフ作品である「RIDER TIME 仮面ライダージオウ VS ディケイド 7人のジオウ!」に登場する、新たなアイテム「ケータッチ21」を使用した仮面ライダーディケイド(ネオディケイドライバーver)の強化フォーム。その名の通りコンプリートフォームの進化版である。

変身

ケータッチ21のダブル~ゼロワンのクレストを順に押して最後にFをタッチし、ベルトに装着する事で「KAMENRIDE」の文字と共にディケイドのクレストが発生して無数のカードが出現。
一度散らばったカード群はディケイドの元へと集積して0と1のエフェクトを浮かべながら姿を変えていき、胸部中央のグランドジオウを起点に全身のカードの絵柄が浮かび上がって変身完了となる。

外観

一言で言うのならカードの塊。もはや歩く完全ライダー図鑑どころかカードショップという言葉が相応しいレベル。
誰が呼んだかカード屋士

Kamen rider decade 21 complete


胸部装甲はコンプリートフォームより分厚くなり、ディケイドを除いた平成主役ライダー19人の最強フォームのカードが貼られている。配置は右側面に平成一期、左側面に平成二期、そして胸部中央にグランドジオウとなっている(右半身に一期・左半身に二期という配置自体はグランドジオウと同じであり、こちらは額のジオウと胸のディケイドを入れ替えたものになっている)。
頭頂部は縦に伸び、自身のカードの真上に令和ライダーであるゼロワンの最強フォーム・仮面ライダーゼロツーのライダーカードが配置された。

新たに装備されたマゼンタ色のマントには、ディケイドのライダーズクレストに加えて平成1号2号ライダーFARFFRの合計70枚ものカードが貼り付いている。更には『クウガ』の二号ライダー枠として、小野寺ユウスケが変身するクウガの究極フォームライジングアルティメットのカードまで網羅している。

ベルト部分はコンプリートフォームと同様にバックルを右腰に移動させ、サイドハンドルを展開状態にしてケータッチ21を装着している。

腕や脚の銀色のラインと顔の黒い縦ライン二本もマゼンタ色に変わっており、従来のコンプリートフォームと比較するとマゼンタの割合がかなり増した。

能力

オーマフォームのように掌から衝撃波を放つ事ができるようになっている。
ケータッチ21のパネルをタッチする事で最強フォームの力を発動出来るようだが、こちらは劇中未使用。
他にも、激情態の姿以外では使ってこなかった2号ライダーの装備がある程度は使用可能になっている。

必殺技

  • ディメンションシュート

ファイナルアタックライド ディエンドのカードを装填し発動。ネオディエンドライバーを取り出し複数の初級インベスの姿をしたモンスターを一瞬で撃破した。

  • 強化ディメンションキック21
ファイナルアタックライド ディケイドのカードを装填し発動。前面に並んだ複数のカードを通り抜ける通常版と異なり、円を描くように並んだカードの中心をくぐり抜けるように敵を蹴りつける。しかしオーマジオウには通じず、バリアで相殺されてしまった(因みに、弱体化していたとはいえオーマジオウが初めて防御にバリアを使ったシーンでもある)。
コンプリートフォームのガンバライドオリジナル必殺技「ディケイドアンリミテッド」を彷彿とさせる一撃。

活躍

  • Final chapter 最後のソウゴ

ジオウへと変身したソウゴに続き、突然どこからとも無くケータッチ21を取り出して変身。
ソウゴとスウォルツが変身したアナザーディケイドと共に真実のソウゴが差し向けたモンスター群と戦闘を繰り広げる。
ディメンションシュートでモンスターを一掃した後、ジオウと協力して真実のソウゴに戦いを挑むも、力が衰えているとは言え相手は「全ライダーを統べる、時の王者」
その力には敵わず2人纏めて圧倒されてしまう。
逆転をかけて放った必殺技さえもバリアによって相殺されてしまい、対応出来ないほどの高速移動で接近された後、ゼロ距離で放たれた攻撃を受けて変身解除されてしまった。

※変身者である門矢士は、前日談に当たる『ディケイドVSジオウ』にて腹部を刺された状態でオーマジオウと戦った上に本作でも消滅の兆しを見せており、大分無理を通していた可能性が示唆されている。

シティウォーズ

3月4日のイベントガシャにてまさかの最速登場。同時実装されたディケイド(ネオディケイドライバーVer.)のBC(ブーストチェンジ:特定のフォームにチェンジする機能)であり、本編では使用しなかったライドブッカーを通常攻撃で使用する。
必殺技は「強化ディメンションキック21」。劇中再現技だが、バリアで防がれる事はないのでご安心を。
シティウォーズは同月末にサービス終了する為、当作で最後に実装されたBCのひとつでもある。
期間限定イベント「明日に望む王と時空の監視者」
!長き旅の終焉とレイドバトル」にも登場。
セイバーフォームと共にMr.Xに呼び出されたディケイド激情態と対決した。

余談

歩くライダー図鑑 Ver.20th
仮面ライダーディケイド 20thコンプリートフォーム
Decade


  • 『ジオウ』本編でディケイドが『W』以降のライダーにも変身できる新たな姿で登場した時点で『クウガ』から『ジオウ』までの主役ライダーを網羅した強化フォーム(いわゆるネオコンプリートフォーム)の登場が期待され、上記のような予想イラストも描かれてきたが、今回のコンプリートフォーム21はそれをさらに上回るものとなった。

  • 名前の『21』はアーマーについたライダー(クウガ~ゼロツー)の人数と思われる。他にも21に纏わる共通点として、以下の要素が挙げられる。
    • 21世紀に誕生したライダー。
    • 2009年(平成21年)に誕生したライダー。
    • この形態の旧型であるコンプリートフォームの初登場が21話
    • 2021年に登場する新たなディケイドの形態(RIDER TIMEの最終話配信日及びこのフォームが初登場した日も21日)。
    • タロットのアルカナの世界の数字が21(世界はディケイドを表すワードの1つ)。

  • 10年越しに更新された最強フォームでありながら初陣ではあまり活躍できなかった、という点は奇しくもかつて共に肩を並べて戦い、またカードとしてその身にも貼り付けているライジングアルティメットと同じ轍を踏んでいる。
    • 一応、新技を複数披露したり敵を単独で撃破したりと全く見せ場が無かった訳ではない。
    • そのライジングアルティメットも再登場時には見せ場があった為、21も今後の再登場に期待したいところである。

  • 『ジオウVSディケイド』での初変身シーンをよく見てみると、マントの左下にある威吹鬼のカードのみ出現が遅れてしまっている。

  • 玩具オリジナルだが、セイバーライドウォッチと共にこちらのフォームもライドウォッチとして商品化された。紹介音声は「令和をも取り込んだ大図鑑ライダー」
    • なお、ウォッチの絵柄に頭頂部のゼロツーのカードまで詰め込んだ結果複眼の位置が発光部分からズレてしまっている

  • 公式で情報が公開されるよりも少し前に、門矢士役の井上正大がこのフォームの存在をほのめかしており、動画内ではそのあまりにも突飛過ぎる見た目から「かつてコンプリートフォームの姿を受け入れるのに5年かかったが、このフォームを受け入れるには更に時間がかかりそう」とこぼしていた。

50周年予定


  • 公式発表後、井上氏は生放送及びTwitterにて「あと10年したら五重塔が完成する」とネタにしている。

関連タグ

仮面ライダーディケイド 仮面ライダージオウ
ディケイド ネオディケイド コンプリートフォーム 最強コンプリートフォーム ジャンボフォーメーション
ディケイドアーマーセイバーフォーム:同じく「ジオウVSディケイド」にて登場するジオウの新たな姿。こちらも令和だろうとお構い無しである。

ネプチューンマン:登場初期には、倒した敵(超人)のマスクをマントに貼り付けており、image発表直後にはTwitterで彼を彷彿としたと述べるツイートが散見された。
実際、中にはこんなネタも↓

ガンバライジング タッグトーナメント戦



ウルトラセブン21:同じく21という数字を冠するヒーロー。ただしウルトラセブンとは別人であり、読み方も「ツーワン」である。

ウルティメイトシャイニングゼロ:同期の特撮ヒーロー同時期に手にした新形態。既存の強化フォームの更なる強化版であり、また初登場で白星をあげることができなかったなどの共通点がある。

関連記事

親記事

ネオディケイド ねおでぃけいど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コンプリートフォーム21」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113703

コメント