ピクシブ百科事典

ゼットンアーマー

ぜっとんあーまー

ウルトラマンエックスが身に纏うモンスアーマーの一つ。
目次[非表示]

大地「俺たちが開発した、本当のアーマーの力を見せてやる!」

概要

  • 身長:45m
  • 体重:5万5千t


第8話から登場する新たなモンスアーマー当麻博士Xioに持ち込んだゼットンスパークドールズを解析して開発したサイバー怪獣の一体サイバーゼットンサイバーカードをリードすることで纏う。

メインカラーはで、ゼットンの両腕を模した腕のアーマーには金文字で「Z」と刻まれている。また、胸部にはゼットンの胸部に存在する発光器官を模した部分があり、普段は金色だがエックスが操られていた際には紫色だった。

ゼットンの武器である一兆度の火球や波状光線、敵の攻撃を防ぐバリアー:ゼットンシャッターの展開等、ゼットンのほぼすべての能力を再現することができる。その上、肉弾戦の能力や耐久力もゼットンに比肩するほどにまで大幅なパワーアップを遂げている。

必殺技はゼットントルネードゼットン火炎弾。前者は全身にゼットンシャッターを纏って高速回転し相手に突撃する攻撃、後者は胸から発射する火炎弾である。なお、玩具「DXエクスデバイザー」で発声される必殺技はゼットン火炎弾となっている。

初代ウルトラマン完膚なきまでに倒した怪獣の力故に、モンスアーマーの中ではかなり強力な部類に入る…のだが、後述するように初戦以降は敵を撃破する戦果を全く挙げておらず、かなり不遇な扱いを受けている。何故だ。

戦歴

ゼットンとの戦いのためにXioラボチームと当麻博士により共同開発されたが、当麻博士に変身していたスラン星人クワイラによって装着時にエックスの意識を奪い、意のままに操れる悪性プログラムが仕組まれていた
そのため、一度はゼットンやクワイラと共にウルトラマンマックスを攻撃する事態に陥ったが、大地サイバーエレキングのサイバーカードを利用して、無理やりプロテクトとプログラムを除去したため、エックスの意識を取り戻すことに成功。
その後、ゴモラアーマーすら叩き伏せたゼットンと肉弾戦や至近距離での火球の撃ち合いなどを行い、一進一退の激しい攻防を繰り広げ、最後はゼットントルネードでゼットンシャッターを打ち破ったところへアーマーを解除してザナディウム光線を撃ち込み、見事ゼットンに勝利を収めた。

第11話ではキングジョーに対して使用。ゼットン火炎弾を初使用するが、分離能力で回避されたため通用せず、肉弾戦に持ち込まれるも力及ばず解除されてしまい、二戦目にして早くも初黒星を喫してしまった。

第12話ではデマーガに対して使用。テレポートで翻弄しつつゼットン火炎弾や波状光線で相手を攻撃するという戦法を見せ、かつて苦戦したデマーガを軽々と手玉に取った…が、その後エックスはすぐにアーマーを解除して素での格闘戦に入ってしまい、最後まで使用されなかった。

余談

  • ゼットン絡みでは過去にもウルトラマンメビウスでプロトマケット怪獣のゼットンが暴走を引き起こしている。その結果こちらではゼットンを含め、新規のマケット怪獣の実装は見送られてしまったが、Xでは戦力として引き続き使われている。もっとも、元々技術的にも問題があったらしいあちらとは異なり、こちらは明確に侵略者の策謀が介在していたという背景があるので、ある意味当然なのだろうが。
  • 怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』の最終話では、ビルから飛び降りてシャドウジェネラルに突撃しようとしたアギラの体をゼットンがバリアで覆って威力を増幅させるというシーンがあり、ゼットンアーマーのゼットントルネードを思い出した方も多かったはず。


関連項目

ウルトラマンX ウルトラマンエックス サイバーカード モンスアーマー Xio ウルトラマンマックス ゼットン

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼットンアーマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12493

コメント