ピクシブ百科事典

パワードアボラス

ぱわーどあぼらす

パワードアボラスとは、『ウルトラマンパワード』に登場するアボラスの名称。
目次[非表示]

データ

  • 身長:65m
  • 体重:3万t
  • 別名:青色発泡怪獣
  • 出身地:クリアウォーターキャニオンの洞窟

概要

第9話「復活!二大怪獣」に登場。
古代の北アメリカに住んでいた人間から「青い悪魔」と呼ばれて恐れられていた怪獣で、パワードバニラと共に古代人の作った棺の中に封印され、3000年の眠りについていた。
だが棺がある洞窟の中に、事情を知らない大学生が入り込みカメラのフラッシュを焚いたことで封印が解かれ、現代に復活した。
武器は口から吐き出す青い溶解液。驚異的な再生能力を持ち、一度倒しても何回も復活してしまうが、常人には聞き取ることのできない2万3千ヘルツの高周波を浴びせられると再生能力が封じられてしまう。
原典のアボラスと比べると、恐竜クジラのような顔つきになり、体色は群青色、全身に鱗が生えている。

スタジアムで同じく復活したパワードバニラと激しい戦いを繰り広げ、溶解液でバニラを溶かす。
一匹になった隙にW.I.N.R.が後ろから大型ミサイルを発射したことで気を失ったが、すぐに目覚め、復活したバニラと再び戦い始める。
ウルトラマンパワード相手にもバニラと共に追い詰めたが、弱点の超音波をスピーカーで聞かされて再生能力を失い、パワードによってバニラの火炎の盾にされた事に怒り狂い溶解液で反撃したが、メガ・スペシウム光線でバニラと共に爆死した。

関連タグ

ウルトラマンパワード
白い竜とY_Ddraig_Goch…バニラ共々、モデルになった可能性がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「パワードアボラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 791

コメント