ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

別名青色発泡怪獣
身長60m
体重2万t
出身地超古代文明ミュー帝国

概要

第19話「悪魔はふたたび」に登場。

青色発泡怪獣 アボラス


3億5000年前に存在した超古代文明ミュー帝国において「青い悪魔」と恐れられ、カプセルに液化した状態で封印されていた怪獣。金城哲夫氏のライナーノートによれば「宇宙から来た悪魔」と記されている。 青緑の体色とサイのような一角、大きく裂けた真っ赤な大口が特徴。

持ち前の怪力と、あらゆる物を容易く溶かす発泡性の溶解液「メルトバブル」が主な戦力だが、特筆すべきは驚異の耐久力であり、科特隊の武器が切れる程の猛攻撃を受けながらバニラと戦い、だいぶ消耗していたにも関わらず、スペシウム光線に二発も耐えるという圧倒的なタフネスを見せつけた。

活躍

とある工事現場から偶然発掘され、調査の為に運ばれた鉱物研究所で、試験装置から10万ボルトの電撃を受け、それがトリガーとなって現代に復活。その後、都市部に進出し、先に復活していた怪獣バニラ(偶然発掘されず土砂と一緒に捨てられた先で落雷の直撃を受けたのが原因)と激突。国立競技場をぶっ壊す程の激闘の末、バニラが科特隊の攻撃で怯んだところに得意の溶解泡を吐きつけ、溶解させて殺害してしまう。

直後にウルトラマンと対峙するが、ウルトラマンがスペシウム光線を構えた瞬間に溶解泡を浴びせて発動を阻止し、そのままウルトラマンも溶かしかける。
ウルトラマンは念力で溶解液を即座に弾き飛ばしてスペシウムを放つが、直撃して大爆発したにもかかわらずアボラスは溶解液で反撃。それを避けたウルトラマンはさらにスペシウム光線を放つがそれでもアボラスは死なず、負けじと溶解泡を吐く。

最終的に三発目のスペシウム光線でようやく撃破した。

注意事項

中途半端な数字であるが、「3億5000年」という表記は誤植でもNGでも何でもなく、劇中の実際の台詞である。3億5000万年ではなく3億5000年である。350,000,000年ではなく300,005,000年である。大事なことなので(以下略)

おそらく設定ミスをそのまま気にせず使い続けているものと思われるが、これほどの大昔となれば一万年単位で計算する為、違和感が凄いことになってしまう。

以降の作品での登場

一峰大二版

「怪獣アボラスの巻」に登場。
『パワード』に先駆ける事20年、バニラ、ウルトラマンと三つ巴の戦いを繰り広げたが、最後は八つ裂き光輪でバニラと共に胴体を貫かれて死亡した。
なお、本作のカラーイラストではバニラと色が入れ替わっている。さしずめ「赤色発泡怪獣」といったところか。でも作中で「青い怪獣」って言っている。どっちなんだよ。

ウルトラファイト

冷凍怪獣という設定で登場。

ザ☆ウルトラマン

青色発泡怪獣 アボラス(ザ☆ウルトラ版)


身長60m
体重2万t
第27話「怪獣島浮上 ! ! 」に登場。
バラドン星人により、バニラ、レッドキングアーストロンゴーストロンゴキネズラと共に怪獣墓場から復活させられる。
レッドキングの着ぐるみを改造した体格の良い本家と比べ、首や腕が著しく細い。また肩からは角が生え、体色は緑色になっている。こうした原典との差異は怪獣墓場のエネルギーを受けて突然変異を起こしたものだとされているが、能力の方は原典とほとんど変わり無く、同様に溶解泡の放出能力を備える。
復活して早々バニラにケンカを売って以降、しばらく登場しなかったが、終盤でゴキネズラを加えた三匹でレッドキングと交戦中のジョーニアスに襲いかかり、まとめて返り討ちにされた。

ウルトラマンパワード

アボラス


身長65m
体重3万t
第9話「復活!二大怪獣」(原題「Tails from the Crypts」)に登場。
通称「パワードアボラス」。より古代魚のイメージに近いデザインにアレンジされている。
こちらは溶解泡ではなく青い毒液を吐き出す。

ウルトラ銀河伝説

初代がベリュドラの右腕、『パワード』版が胴体の一部として登場している。
『パワード』の怪獣では唯一の登場である。

ウルトラマンX

スパークドールズから実体化した怪獣として49年振りに映像作品に登場。
今回もバニラとセットで登場し、ロシアでバトルを繰り広げている他、OPでもエックスと戦っている様子が描かれた。
後にXioに撃退されたのか、第1話とOP以外では一切出現せず、スパークドールズも登場しなかった。スーツは2014年の『円谷英二 特撮の軌跡展』の際に制作されたものが使用されているが、令和に至るまで一度も登場していない。今後に期待したいところである。

ウルトラマンSTORY0

漫画本編(TVシリーズの数千年前)よりさらに古代の地球にいた怪獣。
タイムスリップしてきたウルトラセブンと地球人の戦士たちの活躍でジェロニモンの宮殿が崩壊し、それに呼応するようにバニラと共に出現した。
セブンを苦しめるが武器に使われているオリハルコンが弱点である事を見抜かれ、戦士オッズが投げた大斧を頭に刺される。さらに斧を避雷針のようにしてワイドショットのエネルギーを体内に流し込まれ爆死。
その後、セブンへの復讐に燃えるジェロニモンによって再生怪獣軍団の一員として復活し、溶解泡を噴射して暴れ回ったが、ゾフィーの飛び蹴りで溶解泡もろとも頭を吹っ飛ばされてあっけなく死亡した。

酩酊!怪獣酒場

第59話で登場。青色発泡連合の総長で、成人祝いに怪獣酒場に仲間を連れて来店する。
実は律儀に法を守って成人するまで酒を飲んで来なかったようで、無理してまで苦いビールを飲んでいた。
折しもライバルである赤色火焔同盟も来店。ラップでのディスり合いからリアルファイトに発展するが、伝説の不良として名を馳せたゼットンの火球攻撃とお説教を受けて改心した。
なお、他の面々が揃ってカルピスサワーを注文していた際にはみんなも無理していたのかと驚いていた。

2nd第21話ではコンビニエンスストアで研修することになったケムール人、ダークルギエル、うるまの前に青色発泡連合の現メンバーが登場。
迷惑行為を働く彼らに対し、うるまが「北風と太陽作戦」を提案し、暖を取って丁重に帰ってもらうつもりが、周囲に燃え広がる大惨事を招いてしまう。そこへダークルギエルが光線で炎をかき消した為、自分たちのようなワル相手でも命を賭けて助けてくれたルギエルの姿に心打たれて帰っていった。

第25話では旧世代と新世代怪獣の全面戦争を防ぐ「またぐなよ」作戦を実行すべく、バニラ(※)と手を取り合うが、仕事の時間になった為、作戦の実行はイカルス星人を含めたいつもの怪獣酒場メンバーが行う事に…

(※)他にも性格が合わないレッドキングチャンドラー、ヤクザと政治家という対立関係にあるジェロニモンレッドキラーという敵と味方の垣根を超えた同盟が成立していた。

ウルトラマンフェスティバル2018

エンペラ星人の手先であるフック星人に率いられる怪獣軍団の一体。
初代ウルトラマンとタロウを相手に戦い、コスモミラクルスラッシュで倒された。
スーツはおそらくXで使用されたものだと思われる。

余談

モチーフは古代魚で、名前の由来は「青」。当初は「アワラス」という名前が予定されていた。

スーツはレッドキング改造したもので、よく見ると首から下はまんまレッドキングである
頭部を取り換え、色を塗り直すだけでこうも印象が変わるのだから、怪獣とは奥が深い。
その後、頭部を再改造されてレッドキング二代目になっている。

ウルトラマンティガに登場したスタンデル星人アボルバス(青)とレドル(赤)はアボラスとバニラのオマージュである。

「悪魔はふたたび」の準備稿「前世紀からの使者」では、前世紀人に使役される怪獣として、アボラスのみ登場する予定だった。また、アボラスは液体の怪獣で、普段は前世紀人の持つ小瓶に入っているという、後のカプセル怪獣を思わせる設定があった。

関連イラスト

悪魔は再び
怪獣図鑑・アボラス


アボラス
ウルトラ5番目の使い魔 『復活、青い悪魔』



関連タグ

ウルトラマン ウルトラ怪獣
バニラ(怪獣) 青い悪魔
ラゴラス:『マックス』に登場したオマージュキャラ

白い竜と赤い竜:とくに『パワード』版がそうだが、バニラ共々モチーフになった可能性がある。

関連記事

親記事

ウルトラマン うるとらまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アボラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89941

コメント