ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

石炭紀

せきたんき

古生代の終わりから2番目の紀。約3億5,920万年前から2億9,900万年前まで。

古生代の終わりから2番目の紀。約3億5,920万年前から2億9,900万年前までにあたる地質時代である。


環境と生物相

先代のデボン紀に出現した昆虫両生類が栄えた時代である。この時代の後期には両生類から有羊膜類である爬虫類単弓類が出現した。


リンボクなどの陸上シダ植物が高さ数十メートル級の大規模な森林をつくっていた時代である。当時は大気中の二酸化炭素濃度が極めて高く光合成には有利な環境であったが、木材のリグニンを分解できる菌類が出現しておらず、大型の陸棲植物食動物なども殆どいなかったので、枯れた樹木は十分に分解されないまま堆積し、泥炭から石炭に変わっていった。これにより大気中の二酸化炭素は減少し、酸素濃度は現在の1.5倍近い30%ほどに達した。当時は酸素濃度の高さによって極めて火がつきやすい環境となり、大規模な山火事が頻繁に起こっていたと考えられる(当時の地層からは山火事により生み出されたと思われる炭や煤が多く見つかっている)。


高い酸素濃度、もしくは大型脊椎動物による競争の少なさが原因か、巨大な陸上節足動物が石炭紀の大地を闊歩していた。昆虫の場合はを広がると60cm以上のメガネウラヤスデの場合は体長2.5mで節足動物として史上最大のアースロプレウラが有名である。


二酸化炭素減少による温室効果の減退に伴い、この時代の末期には寒冷化が進み、氷河期が訪れ多くの生物が死滅した。


関連項目

デボン紀← 石炭紀 →ペルム紀

関連記事

親記事

古生代 こせいだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10908

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました