ピクシブ百科事典

キングジャイグラス

きんぐじゃいぐらす

巨腕怪獣キングジャイグラスとは、『ジャンボーグA』に登場する怪獣。

グロース星人戦闘隊長アンチゴーネが地球侵略に参加させた怪獣第一号。
アンチスティッカーによって蜥蜴が変化した怪獣。
巨碗怪獣と言う別名の通り巨大な腕が特徴でそれを使ったパンチと口から超高熱火炎や煙幕が武器である。また牙はダイヤモンドよりも硬いらしい。
侵略の手始めに奥多摩ダムを襲撃した際に立花ナオキの兄でありPAT日本支部隊長であった立花信也を殺害した。その後東京湾の工業地帯を襲撃、PATの攻撃をもろともせずに暴れ続けるが、そこに現れたジャンボーグAと戦い、尻尾を切断され、最後はヘッディングキラーで首を切られて爆死した。


後に霊媒怪獣ウータンの生み出した「怪獣墓場」でジャンボーグAを足止めする怪獣の一体として着ぐるみが修復されて再登場、その撮影後ファイヤーマンにて、悪魔ブラックサタンに操られる怪獣、ブラッカーとして黒く塗装されて登場した(青い一本角の追加や首周りの改造も行われている)。

余談


公式設定では「オオトカゲを怪獣化」とされているが、撮影に用いられたトカゲは当時市販されていた「毒トカゲのおもちゃ」であり、そもそも日本に住む種のトカゲではない(好事家の所から逃げ出したか?)。また、どの道オオトカゲだと尻尾の自切は出来ない為、もう少し制作サイドには気を配って欲しかった所。
撮影途中で首の蛇腹の最下段が破損しており、その補修状況で登場シーンの撮影順が把握出来る程である(完品状態の登場シーンも有るが、恐るべき事にその時点での特写スチールは存在が確認出来ていない)。

関連タグ
ジャンボーグA

pixivに投稿された作品 pixivで「キングジャイグラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1171

コメント