ピクシブ百科事典

PAT

ぱっと

PATとは円谷プロの特撮作品『ジャンボーグA』に登場する防衛チーム。
目次[非表示]

概要

ジャンボーグAに登場する防衛チーム。怪獣や宇宙人絡みの事件を専門に扱う。
PATとは地球パトロール隊の通称名で、『Pro-tective Attack Team』の略。単純にパトロール隊の略という訳では無い。長い歴史を持っていると言う。
世界各国に支部を持つ国際的な組織で、日本支部埼玉県の秩父山麓にある。ヨーロッパPATが欧州にあったグロース星人の基地を殲滅するなど実力も高いチームである一方、殉職者や異動した隊員が数多く、歴代円谷作品でも上位。


メンバー

  • 立花信也

ナオキの兄。PAT日本支部初代隊長で、キングジャイグラスの攻撃から子供を庇って殉職した。

  • 岸竜蔵
2代目隊長。熱血漢な性格。第12話でデッドファイヤー相手にファイティングスターで特攻を仕掛けて殉職した。

  • 浜田 守
PATチーフで、岸の殉職以後は3代目隊長となる。ヨーロッパ隊長会議へ出発する為に戦線を離脱。以後は本編に登場しなかった。

  • 熊井五郎
小太り気味の隊員。口が少々悪くナオキとしばしば衝突している。浜田の昇格後は彼がチーフを務める。
お祭りなどの楽しい事を好み、人一倍楽しんでいる。意外と小心者な所も。

  • 野村せつ子
紅一点。お節介で口うるさい面を持つが、気遣いを忘れない心優しい人物。
丸顔寄りな為か『あんぱん顔』と揶揄われていたがアンパンマンでは無い。

  • 風間一平
ナオキとはかつて大利根航空の専属パイロットの座を争った新入隊員。
母親に活躍を見せようと功を焦るあまり、大惨事を引き起こしかねない事態を招いた為、責任を取って北海道のレーダー基地に異動となった。

  • 大羽健次
新入隊員で、数ある新入隊員の中でも長い期間在籍していた。軽率な発言が見られる一方で、本来は穏やかな性格である。第42話でナオキ達を助ける為に敵の攻撃から彼らを庇って殉職してしまった。
読みは同じだが宇宙刑事では無い。

  • 村上浩
かつてインベーダーと戦ったSGMのチーフ。第32話で浜田隊長の代理を務め、以後は彼の隊長職を引き継いだ。厳しい性格だが、それは命の恩人である岸隊長への恩に報いる為にあえて隊員達に厳しくあたっていた為であり、以後は隊員達と打ち解けていった。初登場時は野村隊員も同行していたが、彼女はPATに入隊する事はなかった。

  • 安田秀彦
43話から補充隊員として入隊。SGM時代とは違ってメガネは着用していない。
気弱だったSGM時代から一転して、逞しく成長している。その一方で、びっくり箱を作るなどコミカルな面も。

  • 岸京一郎
岸隊長の弟。ヨーロッパPATに在籍しており、休暇の為に日本にやって来た。キックボクシングの使い手。
とある事情からジャンボーグAの2代目操縦者に指名されるが、ヨーロッパに帰国しなければならない事、あくまで自分はPAT隊員として戦いたいという意思から辞退する。
ミラーマンではない。繰り返すがミラーマンでは無い。

メカニック

  • PATガン

メンバーが携帯する小型銃。

  • フライングタイガー
地上パトロール用車両。名称通り飛行が可能。枯葉剤を撒いてマッドフラワーの駆除に一役買った。

  • ファイティングスター
移動基地にもなる大型戦闘機。指揮官機として運用される。
武器はミサイルやレーザー砲など。
ハンターQの配備に伴って一線を退いたが、最終決戦で復帰した。

  • ジェットコンドル
二人乗りの小型戦闘機。ファイティングスターと共に怪獣攻撃に出撃する。
複数配備されている。宇宙空間も航行できる。

  • ハンターQ
二機に分離できる新型戦闘機。宇宙空間も航行可能で終盤の主戦力に採用されている。
ミサイルなどの攻撃武器の他、消火弾なども備える。
SGMのメカジャンボフェニックスの後継機と言う説がある。

  • パット・バモスⅠ世
バモスの赤い方。プロペラを展開して飛行する事が可能。一説ではPATジープが原型とされている。
武器は機体前部から放つ機銃。

  • パット・バモスII世
バモスの青い方。機体側面のフローターで水上を航行することも出来る水陸両用車。

関連タグ

ジャンボーグA 防衛チーム SGM

関連記事

親記事

ジャンボーグA じゃんぼーぐえーす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「PAT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9911

コメント