ピクシブ百科事典

デッパラス

でっぱらす

『ウルトラマンタロウ』に登場した怪獣。強化体の再生デッパラスも後述。
目次[非表示]

データ

別名身長体重出身地
海象怪獣57m(牙は18m)3万t北極東京湾


第10話「牙の十字架は怪獣の墓場だ!」に登場

セイウチが突然変異を起こした怪獣で、突如、東京湾から地下を掘り進んで地上に現れた。
上陸した目的は不明だが、偶然破壊したケチャップ工場のケチャップを気に入って黙々と食べていたので空腹だったのかもしれない。長い牙は厚さ2mの鉄板もぶち抜く。
設定では皮下脂肪豊富な外皮はミサイルも通じないほどの強度であり、角には何千頭ものセイウチを操る力を持つらしい。この他、特筆すべき能力として地底のような暗い環境も見通す視力を持ち、水中を200ノットで、地中を時速300kmで移動できる。熱帯や寒帯など様々な環境にもすぐ適応してしまう恐ろしい生命力を持つ。(出典:「ウルトラマンオフィシャルデータファイル」より)
性格は攻撃されている最中にも昼寝を始めるほど呑気。またガラスに写った自分の姿に興味津々であり、これを追いかけまわして頭部ので突っつく等の行動にでたりとユーモラスな面もある。
しかし、怪獣故の巨体と食欲が理由で処分が決行され、ZATの作戦により倒すことに成功したと思われたが…。

再生デッパラス

海象怪獣 デッパラス(再生)


前述の鏡に反応する習性を利用したZATの「ミラー作戦」で粉々にされたデッパラスが、一晩掛けて再生した姿。しかし、再生前と比べると体の一部が醜く爛れ、顔の右側に鰭のようなものがついていたりと、もはやゾンビのようなユーモラスの欠片もないおぞましい姿となった。再生前の記憶があるのか鏡を学習しており、二度目のミラー作戦には全く反応しなくなった。
新たに火炎放射能力を身に付け、頭部の角はアストロモンスにも耐えたZAT本部の装甲に穴を開けるほどに強化され、口の牙も射出可能となり、タロウの体を貫通する程の威力を見せた。
見た感じは致命傷になりそうだが、なんと何事もなかったかのように戦闘を続行していた。すごいぞタロウ。

劇中の行動

海から地下を掘り進みながら彼方此方に被害を与え、休暇中のZAT隊員が遊んでいたに出現した。
ZATの攻撃を受ける最中に、東光太郎によって鏡に反応する習性が判り、それを利用したミラー作戦で埋め立て地におびき寄せられ、落とし穴に落ちた所を一斉攻撃で粉々にされた。
……ところでそんな大穴をいつの間に掘ったのやら?
 
しかし穴の底でパワーアップして復活、ミラー作戦も通用せずZATの戦闘機部隊を退け、ZAT本部を強襲し角で甚大な被害を与えた(ZAT本部はアストロモンス以来の二度目の空中離脱をする羽目になった)。ウルトラマンタロウとの戦闘では押され気味であったが、牙を発射してタロウを串刺しにするという快挙を見せた。
しかし二本目の牙を投げ返されてダウンした所をストリウム光線で倒され今度こそ絶命。
 
タロウは自身に刺さっていた牙を抜き取ると、焼け跡に残っていた牙めがけて投げつける。
それはさながら十字架、デッパラスの墓標となった……。

ウルトラゾーン

怪獣ことわざにてイラストという形だが久々に再登場。「壁に耳あり、障子にデッパラスあり」ということわざのモチーフになった。
ドラマパートの第15話「東京ジュラ紀」でも名前と鳴き声のみだが再登場。アカンバロの瞳の魔力で出現し、東京で暴れまわった。
野暮なツッコミではあるが、モングラーとデッパラスは明らかに新生代の生き物である為、ジュラ紀とは言えないのではなかろうか…?

ウルトラマンZ

第2話にてモニターの画面に名前だけ登場。南極に休眠中の個体が確認されていたが、ゲネガーグの襲来によって地球各地の休眠中の怪獣達同様、生体反応が活発化したらしい。
何故か初代デッパラスもといモチーフのセイウチとは生息域が逆転しているが、これは後に登場したペギラにも同じことが言える。


関連項目

ウルトラ怪獣 ケチャラー ゾンビ

関連記事

親記事

ウルトラマンタロウ うるとらまんたろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デッパラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6953

コメント