ピクシブ百科事典

シーリザー

しーりざー

シーリザーとは、ウルトラマンティガに登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:60m
  • 体重:5万4千t
  • 別名:ゾンビ怪獣
  • 出身地:静岡沖

概要

第5話「怪獣が出てきた日」に登場。
静岡県北川市の海岸に漂着した悪臭を放つ死体が、焼却処分しようとしたGUTSの撤去作業中に、ガッツウイング2号で上空に吊りさげられた状態から地面に落下したショックで復活したもの。

天然ガスをエネルギー源としており、ガスタンクを求めて行動する。その体はゼリーのように柔らかくガッツウイング1号のミサイルやガスタンクを取り込んでしまう。ゾンビなので生体反応は無いが感覚は存在しており、熱やまぶしさ、乾燥を嫌っているようなそぶりを見せる。

爪にはが仕込まれており、口からは毒ガスを放つ。また細胞には強力な再生能力を持っており高温で完全に燃やさなければ倒すことは出来ない。(1000度程度で十分らしい)

ミサイルを取り込んだ後、ジャマーチャフと高周波ジェネレーターによる攻撃で動きを止め、電磁波の作用で体内に取り込んだミサイルが爆発したが、チャフのほうが焼き払われたため体が乾燥した程度のダメージしか受けず、行動を続行。今度はガッツウイング2号によって頭上に吊り下げられたガスタンクに首を伸ばして噛みつき落っことそうとするが、ウルトラマンティガにワイヤーを切り落とされたため戦闘に突入。
ガスタンクを飲み込みティガをも取り込もうとしたが、吸収したゼペリオン光線が体内のガスタンクに引火し大爆発した。

関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣 ゾンビ

pixivに投稿された作品 pixivで「シーリザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 751

コメント