ピクシブ百科事典

ウバザメ

うばざめ

ネズミザメ目ウバザメ科の一属一種のサメ
目次[非表示]

概要

学名はCetorhinus maximus、英名はBasking shark。英名の由来は、海外では海面近くに現れる姿が日光浴をしているように見えることから。
網に簡単に引っかかってしまう事から、バカザメという不名誉な別名がある。
海外ではElephant shark(ゾウザメ)と呼ばれることもある。
ジンベエザメに次いで、魚類の中では2番目に大きい種類で最大12m近くになる。

分布

沿岸性また回遊性の種で、熱帯と亜熱帯を除いた太平洋大西洋インド洋など世界中の海に広く分布、世界中のの大陸棚周辺で季節ごとに見られる。しばしば陸の近くでも見られ、囲い込まれた港や内湾の中へ入ってくることもある。
主に表層に生息するが、深海1200mまで潜った記録もある。

生態

遊泳性のサメに多い三日月形の尾鰭と隆起線を持つ。
ジンベエザメと同じく、プランクトン食のサメ。プランクトンの集中している場所に集まるため、しばしば海面近くで見られる。海面近くで大きく口を開けた状態で泳ぎ、海水からプランクトンを鰓耙でこしとって食べる。このとき一回で濾過される海水の量は2000ℓ以上、なんとドラム缶10本分である。
時折、浅瀬近くまで来ることもあるが性質はおとなしく、ダイバーの周りを旋回することさえあり、ウバザメが頻繁に見られる地域は観光ダイビングの目玉としているほど。
なお、餌を濾しとる鰓耙は、冬になると抜け落ち、食べる事が出来なくなる。そのため、ウバザメの持つ巨大な肝臓は、冬の間の栄養を貯めておくためではないかと考えられている。
生殖方法は未受精卵を与える胎生であると考えられており、6匹の胎児を持ってる雌が発見されたことがある。

人との関わり

温厚なサメで、人に危害を加えることはない。しかし、8mを超える巨大なサメであることに違いはなく、凄まじいパワーを持っているので近づく際は注意が必要。
巨大な肝臓や鰭を持つため、肝油やフカヒレなどに利用される。日本では昭和期、三重県突きん棒漁による漁獲は有名。
ただ、漁獲圧にはめっぽう弱く、ワシントン条約で国際的な商取引が規制される付属書Ⅱに記載されている。

余談

死骸は腐敗すると下顎が脱落したりして、生きている時と違う生物のように見えるほど変形することもある。そのような状態で海岸に流れ着くと、体が大きいこともあって海の怪物、首長竜の生き残りなどとしばしば人を騒がせており、シーサーペントなどの海の未確認生物の目撃例はウバザメではないかと言われている。1977年にニュージーランドで発見されたニューネッシーはあまりに腐敗していたため処分されたが、残された髭から腐敗したウバザメの死骸説が出ている。
しかし当時はDNA鑑定技術はまだ確立しておらず、アミノ酸の分析結果による推測でしかないことや、発見者の話によるとサメにはない皮下脂肪や赤い筋肉などの部位があって、逆にサメにあるはずのアンモニア臭がなかったということからこの説に懐疑的な意見も存在する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ウバザメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66491

コメント