ピクシブ百科事典

ホー

ほー

ホーとは、『ウルトラマン80』等に登場した怪獣である。
目次[非表示]

データ

別名硫酸怪獣
身長50m
体重2万トン
出身地異次元


概要

第3話「泣くな初恋怪獣」に登場。

桜ヶ丘中学校1年の少年・中野真一の失恋による悲しみ怒りによってマイナスエネルギーが発生し、翌日、恋人のみどりを奪った柴田の姿を見た事でマイナスエネルギーが高まり、その日のに出現した怪獣
悲しげな鳴き声を上げ、目から出す硫酸でなんでも溶かしてしまう。からはマイナスエネルギー波を吐き、尻尾から毒ガスを放つ。

真一の潜在意識に従って、自分を振ったみどりを殺そうと彼女の自宅の近くに迫る。
ホーを生み出してエネルギーを使い果たした真一は放心状態で、ホーを生み出した時の記憶を失っている。
真一は矢的猛説得で正気を取り戻したため、ホーは真一の心から離れたが、それでもまだ暴れ続けたためウルトラマン80と戦闘。サクシウム光線には耐えたが、続けざまに放たれたバックルビームで倒された。

ウルトラマンメビウス

第41話「思い出の先生」に登場

ドキュメントUGMに記録されている怪獣で、統廃合によってなくなってしまう桜ヶ丘中学校の校舎から発せられたマイナスエネルギーによって誕生した(それを見て校舎の屋上同窓会を開いていた83年卒業組は出席していた真一に「お前またやらかしたな!?」と言っているシーンがある)。

姿形は『80』の時とあまり変わっておらず、硫酸の涙も健在だが、新たに口からマイナスエネルギー波に変わって七色光線を発射する能力を得た。また、実態は存在するはずだが、なぜかガンフェニックスのビーム攻撃をすり抜けてしまう。

そのままウルトラマンメビウスと戦うも、その場に押し倒してまるで駄々をこねるかのように涙を流しながら殴り続けた。
しかしウルトラマン80が現れると、一転して彼が来るのを待ち望んでいたかのような嬉しそうな仕草を見せ、80が発したバックルビームを抵抗することなく受け止めて消えていった。

『ウルトラマンメビウス』41話「思い出の先生」


この事件に対して、GUYSコノミ隊員は、「校舎が自分が壊されることを悲しんでマイナスエネルギーを発生させた」と想像したが、ミライは「校舎が学校で同窓会を行っていた卒業生たちと80を会わせたくて怪獣を出現させたのではないか」と推測していた(おそらく、姿を真似ただけで本質的には違う怪獣の可能性がある)。

なお、80のラスボスとなったためマーゴドン汚名返上することが出来たという隠れた功績がある。

ウルトラ銀河伝説

ウルトラマンベリアルが復活させた怪獣軍団・ベリアル軍団の一員として登場。
怪獣墓場でウルトラ戦士たちと戦ったが、最後はウルトラマンゼロのワイドゼロショットで倒された。

ウルトラゾーン

コントパート「怪しいものじゃないです」とドラマパート「いつも隣にホーがいる」に登場。

ドラマパート

初代同様、失恋の悲しみから生まれた怪獣で、普段は透明な人間サイズで活動する。

自分を生み出した人間についていくが、特に危害は加えない。
悲しみが深いほど姿ははっきり見えるようになり、失恋のショックでホーを生み出したノボルと恋人をルナチクスに殺されたショックで生み出したタマエだけ視認できる。

2人の前に突如現れたルナチクスの爆炎がタマエを飲み込むと、彼女が死んだと思ったノボルの悲しみの力でホーが巨大化しノボルを守る。ルナチクスの火炎放射で劣勢になるが、硫酸の涙をぶつけてダメージを与え、ルナチクスは地底に逃走。
ホーが盾となったため生きていたタマエとノボルは再開するが、ノボルのホーは悲しみが強すぎたため暴走し二人に襲い掛かる。だが、死を覚悟した2人が思いを伝えあい、失恋の悲しみから解放されたため消滅。

その後恋人同士となった2人の前にホーが現れることはなかった。

ウルトラマンオーブ


明日を探せ

第7話「霧の中の明日」に登場。
外見・戦法は『メビウス』に登場した個体とほぼ同じだが、新たに口から虹色の光線を放つ際に周囲の霧(マイナスエネルギーだと思われる)を首から吸い込むという演出が取られている。

予知夢を見る少女・ハルカの夢の中で度々現れ、最初は霧の空間の中にシルエットのみが出現する。
次に見た予知夢では、街を破壊している最中にウルトラマンオーブバーンマイトが現れ、戦闘が始まるところで夢が終わる。
最後の予知夢ではオーブの背後を取り、ついに彼を撃破してしまう

そして8月20日にハルカの予知夢通りつばさぞう公園に突如として出現、街を破壊し始める。
実はホーを出現させたのは『予知夢を見ても運命には逆らえない』という思いから絶望し悲しむハルカのマイナスエネルギーであり、それに呼応するように暴走していたのだった。

夢と同様に出現したオーブとの戦闘になるが、戦闘能力はハルカのマイナスエネルギーを大量に吸収しているためかかなり強化されている上、泣くフリをしてからのだまし討ちなどの狡猾さも駆使し、一方的にオーブを追い詰める。

運命を変えようとするオーブのストビュームダイナマイトを食らって一度は消滅したかに見えたが、周囲の霧が集まり再び実体化。予知夢通りオーブの背後を取るものの、ガイSSP夢野ナオミの言葉で「運命を変える」と決意したハルカの助言でオーブは攻撃を回避。
その心境の変化に呼応するように活動を停止し、周囲の霧も消滅する。
最後はスペシウムゼペリオンにチェンジしたオーブのスペリオン光線を避けることなく喰らい消滅した。

怪獣よりも強い超獣を圧倒し、歴代のラスボスクラスとも互角に渡り合ったオーブのカラータイマーを点滅させるまで追い込んでみせた隠れた強豪である。

関連タグ

ウルトラマン80 ウルトラ怪獣
ウルトラマンメビウス ウルトラ銀河伝説 ウルトラマンオーブ ウルトラゾーン
失恋 同窓会 予知夢

pixivに投稿された作品 pixivで「ホー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23645

コメント