ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キュリア星人

きゅりあせいじん

キュリア星人とは、『ウルトラマンコスモス』に登場する友好的な宇宙人の名称である。
目次 [非表示]

「君にも守るものがある」

DATA

別名浄化宇宙人
身長175cm〜53m
体重68kg〜4万7千t
出身地キュリア星
演(人間態)角田英介

概要

第46話「奇跡の花」に登場。

300年前に宇宙船の故障で地球に不時着した友好的な宇宙人で、その際に霧隠村の村人たちに助けられ、異星人でもあるにも係らず自分を助けてくれた人々に感銘を受けそれ以来、山野という名の地球人になって開業医をしながらひっそりと暮らしている。

村人たちもキュリア星人の事を信頼しており、下記の暴走に陥ったキュリア星人の身を案じ、ドイガキに掴みかかられた彼を総出で庇っていた。


火傷に強い皮膚「キュリアレザー」、岩に隠れた対象をも透視する視力、衝撃を吸収するバネ状の骨「プロテクトボーン」などの数々の能力を備えているが、彼の最大の特徴は毒素を吸収して中和する『ブリーズパワー』という能力であり、ある日村付近に落下した隕石に付着していたから発芽し、繁殖した宇宙植物アブトシアの撒き散らす花粉から村人たちを護るために長年吸収してきたが、限界に近付き始め暴走状態に陥るようになっていた(その為にこの能力は星人にかなり負荷を与える上に自身の寿命を削る事になる能力だと推測される)。

その為、調査に訪れたムサシと出会った際、彼がウルトラマンコスモスだと知ると、もしも自身が完全に自我を失った際は自分を殺すように頼んだが、彼からは(勿論)拒否される事に…。


その後、毒素の吸い過ぎで中和できなくなり完全に暴走状態に陥り、腕から破壊光線を発射しながら暴れ回るが、最後はエクリプスモードの『コズミューム光線』で体内に蓄積された毒素を全て除去してもらい、暴走状態から解放されると再び山野の姿へと戻り村での生活へと戻っていった。


なお、この回ではドイガキの恋人である吉井が、暴走したキュリア星人を目撃したパニックで記憶喪失になるというアクシデントがあったが、事件解決と共に記憶が戻った。


宇宙植物アブトシア

身長不明
体重不明
出身宇宙

またの名を宇宙のアブトシア』。

霧隠村近くに落下した隕石に付着して地球へと侵入して繁殖し、村の近くので群生している宇宙植物の一種。

地球人には猛毒色の毒花粉を撒き散らすという性質を持っており、更に燃やすともっと有毒な毒を放出するという危険かつ厄介な植物である為、この花粉から村を護るために長い年月の間キュリア星人こと山野医師はこの毒花粉を吸収続けていた為に次第にを蝕まれて暴走する事態を引き起す元凶となってしまった。


最終的にはコスモスエクリプスモードの力より毒素を取り除かれて無害化され、普通の植物へと変貌した。


尚、アプトシアという名前は放送当時には付いておらず、ごく最近付けられた名前である。


余談

46話に村人の役で出演した咲野俊介氏は44話でもギギ・ドクターを演じている。


関連項目

ウルトラマンコスモス コスモス怪獣 ウルトラ怪獣

宇宙人

関連記事

親記事

コスモス怪獣 こすもすかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3709

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました